大橋貴洸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 大橋貴洸 四段
名前 大橋貴洸
生年月日 (1992-09-22) 1992年9月22日(24歳)
プロ入り年月日 2016年10月1日(24歳)
棋士番号 308
出身地 和歌山県新宮市
師匠 所司和晴
段位 四段
戦績
2017年1月30日現在

大橋 貴洸(おおはし たかひろ、1992年9月22日 - )は、将棋棋士所司和晴門下。棋士番号は308[1]

棋歴[編集]

  • 和歌山県新宮市生まれ、幼稚園入園前に東京に転居。小学4年生で父と共に将棋を覚える。八王子将棋クラブに通い1年少々でアマチュア五段になると研修会入り[2][3]。研修会生時はアマ大会で活躍した[4][5]
  • 2006年9月、所司和晴門下で研修会A2からの編入で奨励会に入会。2008年3月に入品と順調に昇級を果たすも、初段から三段昇段まで2年を要す。
  • 三段リーグには、2010年下期の第48回から参加[6]。入会時は関東奨励会所属であったが、2012年に関西奨励会に移籍している[3]
  • 参加以降中位に留まるも、2013年の第54回では、13勝5敗を上げ星野良生宮本広志梶浦宏孝と並ぶも順位差で次点となる[7]
  • 2014年、第55回は順位1位の好順位で臨み最終日連勝で昇段もあったが連敗し、昇段を逃す[8]
  • 2015年、関西奨励会トーナメントで準優勝[9]
  • 同年の新人王戦決勝に進出。奨励会三段2人目の優勝及び次点獲得が掛かっていたが、菅井竜也に1勝の後連敗し2勝1敗で敗れ準優勝に終わる[10]
  • 2015年の第58回も最終日連勝で昇段か次点も1敗し、12勝6敗が4人となるが順位差で井出隼平が昇段、佐々木大地が次点となり次々点に終わる[11]
  • 2016年の第59回は前回次点の佐々木大地がフリークラス入りしたため、2度目の順位1位で臨み、最終日1敗したが順位差で2位で四段昇段を決める[12]

棋風[編集]

横歩取りを得意とする。

人物[編集]

  • モスグリーンの背広が「勝負服」だと言う[13]

昇段履歴[編集]

  • 2016年10月1日 四段(第59回奨励会三段リーグ準優勝) = プロ入り

出典[編集]

  1. ^ 新四段誕生のお知らせ 藤井聡太(史上最年少四段)・大橋貴洸日本将棋連盟 2016年9月3日
  2. ^ 盤上の風景 15 将棋 大橋貴洸三段 緑の勝負服でプロ目指す毎日新聞関西版 2016年2月8日
  3. ^ a b 将棋世界 2015年12月号 第46期 新人王戦決勝三番勝負 第1局 110P-116P
  4. ^ 第30回デイリースポーツ杯争奪青少年将棋大会日本将棋連盟 関西総本部 2005年5月3日
  5. ^ 第8回中学生将棋王将戦日本将棋連盟 関西総本部 2005年8月14日
  6. ^ 第48回奨励会三段リーグ戦日本将棋連盟
  7. ^ 第54回奨励会三段リーグ戦日本将棋連盟
  8. ^ 第55回奨励会三段リーグ戦日本将棋連盟
  9. ^ (株)KeYコーポレーション杯 奨励会トーナメント日本将棋連盟 関西総本部 2015年4月
  10. ^ 第46期新人王戦日本将棋連盟
  11. ^ 第58回奨励会三段リーグ戦日本将棋連盟
  12. ^ 第59回奨励会三段リーグ戦日本将棋連盟
  13. ^ 毎日新聞のニュースサイト「盤上の風景」(毎日新聞2016年2月8日 地方版より)

外部リンク[編集]