大橋貴洸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 大橋貴洸 四段
名前 大橋貴洸
生年月日 (1992-09-22) 1992年9月22日(25歳)
プロ入り年月日 2016年10月1日(24歳)
棋士番号 308
出身地 和歌山県新宮市
師匠 所司和晴七段
段位 四段
戦績
2018年5月17日現在

大橋 貴洸(おおはし たかひろ、1992年9月22日 - )は、将棋棋士所司和晴七段門下。棋士番号は308[1]関西本部所属[2][3]

棋歴[編集]

プロ入りまで[編集]

和歌山県新宮市で生まれ、幼稚園入園前に東京に転居した。小学4年生の時に父と共に将棋を覚える。八王子将棋クラブに通い、1年少々でアマ五段になり、研修会に入会[4][5]。研修会在籍中はアマ大会で活躍した[6][7]

2006年9月、研修会A2からの編入で奨励会に入会。

三段リーグには、第48回(2010年下期)から参加[8]。入会時は関東奨励会所属であったが、2012年に関西奨励会に移籍している[4]

三段リーグに初参加以来、昇段争いに絡めていなかったが、第54回(2013年下期)では星野良生宮本広志梶浦宏孝と並ぶ13勝5敗の好成績を挙げたが、順位差で次点(1回目)[9]。第55回(2014年上期)は順位1位で臨み、最終日まで昇段の目があったが、最終日に連敗して11勝7敗で終わる[10]

2015年、関西奨励会トーナメントで準優勝[11]。同年の新人王戦で決勝三番勝負に進出し(対 菅井達也)に進出し、奨励会三段2人目の優勝及び次点獲得(2回目の次点獲得により、フリークラスでの四段昇段の権利を得る)が懸かっていたが、1-2で敗退し準優勝に終わる[12]

第58回(2015年下期)では、14勝4敗の都成竜馬が1位となり、井出隼平・佐々木大地・大橋と他1名が12勝6敗で並んだが、順位の差により井出が2位で昇段、佐々木が次点(2回目の次点獲得によりフリークラスで四段昇段)[13]

第59回(2016年上期)は前回次点の佐々木大地がフリークラス入りしたため、2度目の順位1位で臨み、藤井聡太が13勝5敗、大橋を含めて5名が12勝6敗で並ぶ混戦となったが、順位1位の大橋が2位で昇段を決めた[1][14]

プロ入り後[編集]

2016年10月1日付で四段昇段。

第68回(2018年度)NHK杯戦で、予選を勝ち抜いて本戦へ初出場。

第31期竜王戦(2018年度)6組ランキング戦・準決勝で上村亘に勝ち、5組昇級を決めた。

棋風[編集]

人物[編集]

  • プロ入り前の奨励会員時代から、対局時に着るスーツにこだわりを持つ。奨励会三段であった2016年2月時点の報道では、グリーンのスーツが「勝負服」であった[5]
  • 2016年10月にプロ入りしてからは、対局時の独特のスーツが話題を呼んでいる[15]
  • 目立つ出で立ちに反し、非常におとなしい性格[16]。字が上手で「青の絆」など、他棋士と異なる独特の揮毫をする[17]

昇段履歴[編集]

  • 2016年10月1日 四段(第59回奨励会三段リーグ準優勝) = プロ入り

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c 新四段誕生のお知らせ *藤井聡太(史上最年少四段)・大橋貴洸”. 日本将棋連盟 (2016年9月3日). 2017年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月14日閲覧。
  2. ^ 関西本部所属棋士” (日本語). 関西将棋会館. 2018年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月18日閲覧。
  3. ^ 「プロ棋士カラー名鑑 2018」(扶桑社)。
  4. ^ a b 将棋世界 2015年12月号 第46期 新人王戦決勝三番勝負 第1局 110P-116P
  5. ^ a b “盤上の風景:/15 将棋 大橋貴洸三段 緑の勝負服でプロ目指す /和歌山” (日本語). 毎日新聞. (2016年2月8日). オリジナル2018年5月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180517145056/https://mainichi.jp/articles/20160208/ddl/k30/040/285000c 2018年5月17日閲覧。 
  6. ^ 第30回デイリースポーツ杯争奪青少年将棋大会日本将棋連盟 関西総本部 2005年5月3日
  7. ^ 第8回中学生将棋王将戦日本将棋連盟 関西総本部 2005年8月14日
  8. ^ 第48回奨励会三段リーグ戦日本将棋連盟
  9. ^ 第54回奨励会三段リーグ戦日本将棋連盟
  10. ^ 第55回奨励会三段リーグ戦日本将棋連盟
  11. ^ (株)KeYコーポレーション杯 奨励会トーナメント日本将棋連盟 関西総本部 2015年4月
  12. ^ 第46期新人王戦日本将棋連盟
  13. ^ 第58回奨励会三段リーグ戦日本将棋連盟
  14. ^ 第59回奨励会三段リーグ戦日本将棋連盟
  15. ^ “藤井四段に完勝で2勝目!同期・大橋貴洸四段「対局が偶然多いので…」” (日本語). スポーツ報知. (2018年1月6日). オリジナル2018年5月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180517145618/http://www.hochi.co.jp/topics/20180106-OHT1T50260.html 2018年5月17日閲覧。 
  16. ^ 「プロ棋士完全名鑑2018」(コスミック社)
  17. ^ “棋士も驚く近距離の熱戦、女性ファン続々 団体戦詳報” (日本語). 朝日新聞. (2018年4月2日). オリジナル2018年5月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180505112909/https://www.asahi.com/articles/ASL3Z5S9BL3ZPTFC019.html 2018年5月5日閲覧。 

外部リンク[編集]