日浦市郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 日浦市郎 八段
名前 日浦市郎
生年月日 (1966-03-04) 1966年3月4日(51歳)
プロ入り年月日 1984年4月4日(18歳)
棋士番号 164
出身地 北海道日高郡新ひだか町
師匠 安恵照剛
段位 八段
戦績
一般棋戦優勝回数 1
2014年6月5日現在

日浦 市郎(ひうら いちろう、1966年3月4日 - )は、将棋棋士安恵照剛八段門下。棋士番号は164。北海道静内郡静内町(現在の日高郡新ひだか町の一部)出身。

棋歴[編集]

1976年、小学5年で第1回小学生将棋名人戦で準優勝。1980年11月、中学3年時に6級で奨励会に入会。

1984年、18歳で四段昇段( = プロデビュー)。昇段日が4月4日であったため、1984年度(第43期)の順位戦参加に僅かに間に合わなかった。

一時期羽生善治に対して勝率が高かったことから、「羽生キラー[1]あるいは「マングース[2]ハブ天敵の意)と呼ばれていた。第20期(1989年度)新人王戦においては、準々決勝で羽生に勝利(この時点で、羽生に3連勝)。そして、中川大輔との決勝三番勝負を2-0で制し、棋戦初優勝を果たす。

順位戦では第47期(1988年度)にC級1組昇級を決めるなど、デビュー以来、初参加の第44期(1985年度)から第61期(2002年度C級1組順位戦)まで18年間、負け越しがなく、第62期に4勝6敗で初めて負け越した。その間、8勝2敗が4度もあったが、昇級に寄与したのは1回だけであった。

竜王戦では、第4期(1991年度)竜王戦3組で準優勝し、2組初昇級を決めるとともに本戦トーナメントにも初進出(初戦敗退)。第7期(1994年度)に残留に失敗したものの、次の第8期(1995年度)に3組優勝をして2組への即復帰を決め、本戦では5組優勝の行方尚史(前期に新四段で挑戦者決定三番勝負進出)を相手に1勝を挙げる。続く第9期(1996年度)には2組準優勝で本戦進出するとともに、初の1組昇級を果たす(本戦は初戦敗退)。以降、5期連続で1組に在籍。

第62期(1993年度)棋聖戦で本戦出場。第39期(1998年度)王位戦でリーグ入り。第11期(2003年度)銀河戦では決勝トーナメント1回戦で阿部隆に勝ち、ベスト8入り。

プロ入り後、五段昇段から八段昇段(2010年4月16日)までを全て勝数規定で昇段したが、これは阿部隆中田宏樹、中川大輔に続いて史上4人目。また、八段昇段の時点で順位戦の自己最高位がC級1組であったのは、屋敷伸之渡辺明に続き史上3人目。但し2人は順位戦の昇級よりタイトル獲得等での昇段が早かったために起こったことであり、日浦の場合は(新人王戦での優勝はあるものの)タイトル戦登場の経験もなく26年間C級に留まって年21勝ものペースで勝ち星を積み重ねた、非常に珍しいケースである。そして、2012年10月10日・第54期王位戦予選(佐藤紳哉戦)に勝利し、順位戦においてB級2組以上に在籍歴がない棋士としては史上初めて公式戦通算600勝(将棋栄誉賞[3]を達成した。

棋風[編集]

居飛車党で、矢倉の将棋が多い。いったん開戦すると攻め合いが止まらない棋風である。 その一方で、序中盤で攻めが見込めなくなる、形勢が大差になるなど不利な局面になると、早々と見切りを付け短手数で投了する傾向もある。

エピソード[編集]

  • 若手時代は文筆を得意とし、「将棋世界」や「週刊将棋」等に、ユーモラスな文章やパロディ文等を発表した。
  • 公的な対局の際には殆どの棋士がスーツを着用して臨むが、日浦はクールビズで臨むことが多い。

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照(ただし、四段昇段は旧規定)。

  • 1980年11月 6級 = 奨励会入会
  • 1982年 初段
  • 1984年4月4日 四段 = プロ入り
  • 1988年6月22日 五段(勝数規定)
  • 1993年1月27日 六段(勝数規定)
  • 1999年10月5日 七段(勝数規定)
  • 2010年4月16日 八段(勝数規定)[4]

主な成績[編集]

棋戦優勝[編集]

優勝合計 1回

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

珍記録
  • 順位戦C級1組在籍 連続25期(第48期 - ) …継続中

著書[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]