西田拓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 西田拓也 四段
名前 西田拓也
生年月日 (1991-08-25) 1991年8月25日(26歳)
プロ入り年月日 2017年4月1日(25歳)
棋士番号 309[1]
出身地 京都府京都市
師匠 森信雄
段位 四段
戦績
一般棋戦優勝回数 1回
2017年10月23日現在

西田 拓也(にしだ たくや、1991年8月25日 - )は、日本将棋連盟所属の将棋棋士。森信雄七段門下。棋士番号は309[1]

略歴[編集]

2003年、第28回小学生将棋名人戦でベスト4。2005年4月に新進棋士奨励会入会[2]

三段リーグには2008年の第44回から参加するも、なかなか四段昇段を決められず苦しんだが、17期目の第60回奨励会三段リーグ戦では開幕から14連勝と絶好調で、2017年2月4日に行われた例会で2位以内を確定し、最終日を待たずに四段昇段を決めた[2]。最終成績は15勝3敗[1]

2017年10月22日、加古川青流戦3番勝負で、前期優勝者の井出隼平四段を2勝1敗で破り優勝した[3]

棋風[編集]

得意戦法は振り飛車穴熊[2]。いきなり1手目7八飛戦法で、相手の意表を突くこともある[4]

人物[編集]

  • 奨励会の頃から、インパクトのある独特の眼鏡で知られる。師匠の森信雄は、「和服姿は若旦那風」との寸評を述べている[5]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2005年4月 奨励会入会
  • 2008年10月 三段リーグ入り
  • 2017年4月1日 四段(第60回奨励会三段リーグ優勝)=プロ入り

主な成績[編集]

棋戦優勝[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 新四段誕生のお知らせ - 日本将棋連盟・2017年3月4日
  2. ^ a b c 新四段誕生のお知らせ - 日本将棋連盟・2017年2月6日
  3. ^ 日本将棋連盟・公式Web「第7期加古川青流戦、西田拓也四段が優勝」(2017年10月23日)
  4. ^ 2017.6.27・第89期 一次予選・対今泉健司
  5. ^ 「森信雄の日々あれこれ日記」(2012-06-01)

外部リンク[編集]