村田顕弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 村田顕弘 六段
名前 村田顕弘
生年月日 (1986-07-14) 1986年7月14日(31歳)
プロ入り年月日 2007年10月1日(21歳)
棋士番号 267
出身地 富山県魚津市
師匠 中田章道
段位 六段
戦績
2017年11月9日現在

村田 顕弘(むらた あきひろ、1986年7月14日 - )は、将棋棋士中田章道門下。棋士番号は267。兵庫県尼崎市生まれ、富山県魚津市育ち。

棋歴[編集]

1998年小学6年で富山県出身の中田章道を師匠として、関西奨励会試験を受けたが不合格。しかし、翌1999年中学校1年で6級として奨励会入り。2001年に初段に昇段し、2004年前期から三段リーグで戦う。

2007年、中田の妻が四段入りを期待しながら6月に没したことに発奮し、同年秋にその弔いとなる四段昇段を果たした[1][2]。第41回三段リーグ(2007年度前期)での成績は15勝3敗(1位)。21歳でのプロ入りである。

初参加の第34期(2008年度)棋王戦の予選を勝ち上がり、本戦出場。同じく初参加の第67期(2008年度)C級2組順位戦では8勝2敗の好成績を挙げ、新四段4名の中で唯一の勝ち越し。また、2009年10月16日竜王戦6組3位決定戦において、新人王戦優勝で波に乗る強敵・広瀬章人を破り、7連勝で5組へ昇級。デビューから6割台の年度勝率を連発し、糸谷哲郎豊島将之稲葉陽とともに「関西若手四天王」[3][4]と呼ばれるようになる。

第4回朝日杯将棋オープン戦(2010年 - 2011年)で予選突破。本戦1回戦で久保利明を破る。また、第59期(2011年度)王座戦で本戦進出(ベスト16)。

五段昇段は2012年3月6日付け。第70期C級2組順位戦10回戦(最終局)の阪口悟五段との対局に勝利して四段昇段後公式戦で通算100勝に到達したことに伴うもの。

第73期(2014年度)C級2組順位戦では、最終戦前の時点で中村亮介岡崎洋に次ぎ5位につけていたが、最終戦で中村との直接対決を制し、岡崎も敗れたため、3位となりC級1組へ昇級。

2017年11月7日、棋聖戦の1次予選で今泉健司に勝利し、昇段の「勝ち星規定」を満たし六段に昇段[5]

人物[編集]

  • 同じく将棋棋士の村田智弘と名前が似ているが、血縁関係はない。
  • 生まれは尼崎市で、幼少時に魚津市に転居。奨励会入会当初は、魚津市から関西将棋会館まで通っていたが、高校1年時に再度尼崎市に転居。
  • 師匠の中田同様、詰将棋作りを特技とし、専門誌「詰将棋パラダイス」への入選歴もある。また、詰将棋を解く方の「詰将棋解答選手権」にも何度か出場している。
  • 趣味は競艇。オフの日は、毎日のようにボートレースの中継を見ているという。ボート関連番組に出演する事もある[6]

棋風[編集]

居飛車振り飛車両方の戦型を指しこなすオールラウンダータイプの棋士。

不祥事[編集]

  • 2017年2月7日の第75期順位戦9回戦(対高橋道雄戦)では、夕食休憩の際に食料品購入のため外出し、対局中の外出を禁止する対局規定[7]に違反したとして、厳重注意と対局料50%相当の罰金処分を言い渡された。同様の行為により、金沢孝史も処分を受けた[8]

昇段履歴[編集]

  • 1999年9月 6級 = 奨励会入会
  • 2003年10月 三段 … 2004年度前期から三段リーグ参加
  • 2007年10月1日 四段 = プロ入り(2007年度前期奨励会三段リーグで1位 = 15勝3敗)
  • 2012年3月6日 五段 = 勝数規定(四段昇段後公式戦通算100勝)
  • 2017年11月7日 六段 = 勝数規定(五段昇段後公式戦120勝)

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 産経新聞 2007年10月22日
  2. ^ 日本将棋連盟ホームページ・お知らせ「村田顕弘・及川拓馬 新四段誕生のお知らせ
  3. ^ 2010年2月13日放送の「囲碁・将棋ジャーナル
  4. ^ 「羽生世代がもたらした、速さと若さの時代」(倉沢鉄也)WEBRONZA+社会・メディア - WEBマガジン - 朝日新聞社(Astand)
  5. ^ 「村田五段(魚津出身)六段に プロ将棋120勝目」(北日本新聞)2017.11.8
  6. ^ 「日本全国47都道府県応援プロジェクト」
  7. ^ 2016年10月に発生した将棋ソフト不正使用冤罪問題を受けて、日本将棋連盟の公式戦対局規定に同年12月より新たに設けられた。
  8. ^ 棋士2人が外出禁止規定違反、将棋連盟から厳重注意と罰金処分 2017年2月10日 スポーツ報知

関連項目[編集]

外部リンク[編集]