有森浩三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 有森 浩三 七段
名前 有森 浩三
生年月日 (1963-02-13) 1963年2月13日(54歳)
プロ入り年月日 1983年3月9日(20歳)
棋士番号 158
出身地 岡山県岡山市
師匠 有吉道夫
段位 七段
戦績
2014年6月17日現在

有森 浩三(ありもり こうぞう、1963年2月13日 - )は、将棋棋士有吉道夫九段門下。棋士番号は158。岡山県岡山市出身。

経歴[編集]

1977年第2回中学生名人戦において優勝。同年に5級で奨励会に入会。

1983年3月9日、規定の成績を上げプロ四段に昇段。

同年度(第41期)より順位戦に参加。1992年度(第51期)にC級1組に昇級、1994年度(第53期)にB級2組に昇級。

健康上の理由により、1996年2月2日の第67期棋聖戦三次予選を不戦敗し、以後1996年度末まで全公式戦を休場。療養に専念するために、2004年1月6日の第17期竜王戦ランキング戦を不戦敗し、2006年度末まで再度全公式戦を休場。順位戦においてフリークラス宣言をし、2007年4月23日の第79期棋聖戦一次予選より復帰した。

戦績[編集]

  • 1980年、奨励会棋戦の第3回「若駒戦」で優勝。
  • 第34期(1984年度)王将戦にて、予選を勝ち上がり挑戦者決定リーグ戦に進出。当時二冠(十段王座)だった中原誠に加え、森けい二桐山清澄に勝利するが、3勝3敗同士の残留決定戦で森の返り討ちを食らい陥落。
  • 第24期(1985年度)十段戦にて、予選を勝ち上がり当時最難関と言われた十段リーグ(挑戦者決定リーグ戦)に参戦。谷川浩司・師匠有吉道夫(2勝)・桐山清澄を撃破し残留。翌第25期でも、谷川浩司(2勝)・福崎文吾高橋道雄らを破るも、残留には至らなかった。
  • 第46期(1987年度)順位戦では、自身はC級2組で6勝4敗・53人中17位と昇級争いには絡めなかったものの、その期にプロ入りから僅か1年でC級1組昇進を決めた村山聖に唯一の黒星を与えた。
  • 第52期(1993年度)C級1組順位戦では、力戦中飛車で昇級候補の丸山忠久を破った。その結果、昇級争いは井上慶太が10勝(全勝)、有森と丸山が9勝1敗で並んだ。有森は10位、丸山は11位だったため、順位一枚の差で有森が昇級を果たした。

棋風[編集]

得意戦法は振り飛車矢倉など。振り飛車党の力戦派で、独特の大局観と受けが強烈な異能派棋士である。

人物[編集]

  • 身長178cm・体重75kgと、棋界では良い体格の持ち主である。
  • 趣味は読書

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]