小林裕士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 小林裕士 七段
名前 小林裕士
生年月日 (1976-09-29) 1976年9月29日(41歳)
プロ入り年月日 1997年4月1日(20歳)
棋士番号 223
出身地 京都府
師匠 田中魁秀
段位 七段
戦績
2014年3月8日現在

小林 裕士(こばやし ひろし、1976年9月29日 - )は、将棋棋士田中魁秀九段門下。棋士番号は223。京都府出身。

棋歴[編集]

1997年4月、プロデビュー。初参加の第11期(1998年度)竜王戦6組で準優勝(優勝は北島忠雄)し、5組へ昇級。さらに、第12期も5組3位決定戦で勝ち、4組へ連続昇級[1]

2000年度、第59期C級2組順位戦で8勝2敗の成績を収め、44人中3位でC級1組に昇級(五段昇段)。

第74期(2003年度)棋聖戦で、島朗三浦弘行を破り、ベスト8進出。

2006年度、第14期銀河戦で準優勝。トーナメント出場者を決めるブロック戦では中村修(8回戦)・堀口一史座(9回戦)・鈴木大介(10回戦)らを破り、11回戦で羽生善治に敗れるまで6連勝して、本戦トーナメントに進出。ここでも森下卓(1回戦)、川上猛(2回戦)、丸山忠久(準決勝)を破って決勝進出、再び羽生善治との決戦となったが敗れた。

同じく2006年度、第47期王位戦でリーグ進出。深浦康市に勝利するが、2勝3敗でリーグ残留はならず。

竜王戦では前述の連続昇級以降長らく4組に留まっていたが、第23期(2010年度)に4組で準優勝(優勝は村山慈明)し初の3組昇級を決めた。さらに、第24期も3組3位決定戦で勝ち、2組へ連続昇級。竜王戦の昇段規定により、段位は七段となった。2組在位2年目で迎えた第26期では木村一基(1回戦)、畠山鎮(2回戦)、松尾歩(準決勝)、豊島将之(決勝)を破り、竜王戦出場16年目で初めてランキング戦優勝・本戦出場[2]・1組昇級を達成した。本戦では初戦(1組3位の対羽生善治戦)で敗退した。

棋風[編集]

勢いのある攻めを好む居飛車党であり、NHK杯戦銀河戦など早指しの棋戦で実力を発揮する。しかし、谷川浩司は2005年10月28日の第23回朝日オープン将棋選手権観戦記において、その勢いと感覚に任せた指し口が裏目に出かねない旨を批判気味に指摘していた[要出典]

人物[編集]

  • 身長が185cm前後、体重は90kg前後[3]と、棋界屈指の大柄な体格の持ち主であり、テニス野球を趣味とする[3]。また、競馬麻雀を好み、愛読しているのは阿佐田哲也の作品ということで、ギャンブル好きの側面もある[3]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 当時は竜王戦連続2回昇級に伴う昇段の規定がまだなかったため、四段のままとなった。
  2. ^ 竜王戦2組は、準優勝以上2名が本戦入りとなるため、小林の本戦出場は準決勝の対松尾戦に勝利した時点で確定していた。
  3. ^ a b c 平成10年版「将棋年鑑」(日本将棋連盟

関連項目[編集]

外部リンク[編集]