高野秀行 (棋士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「野秀行」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
 高野秀行 六段
名前 高野秀行
生年月日 (1972-06-15) 1972年6月15日(44歳)
プロ入り年月日 1998年4月1日(25歳)
棋士番号 226
出身地 神奈川県横浜市
師匠 中原誠
段位 六段
戦績
2014年4月3日現在

野 秀行(たかの ひでゆき、1972年6月15日 - )は、将棋棋士中原誠十六世名人門下。棋士番号は226。神奈川県横浜市出身。

棋歴[編集]

7、8歳の頃、父から教わり将棋を始める[1]。その後、日本将棋連盟相模原支部長の内田昭吉の自宅教室で、鈴木大介北浜健介勝又清和佐藤紳哉らとともに腕を磨く[2]。1983年、11歳の頃、4歳上の勝又が中学生名人戦で優勝して奨励会入りしたのを機に、プロを志す[2]

1984年12月、中原誠(当時十段王座)の弟子となり関東奨励会に6級で入会。同期には深浦康市瀬川晶司ら。

プロ入りまでの道は平坦ではなく、入会から6か月後の1985年6月に7級に降級。1986年3月にやっと6級復帰。2級から1級、初段から二段には、それぞれ1年9か月かかる。一方で、5級から4級には2か月、二段から三段には4か月というラッシュがあった。

三段リーグでは、初参加から9期目の第22回三段リーグで、前半を5勝4敗で折り返した後に粘り13勝5敗・1位の成績を収め、四段昇段が決定。入会から13年にしてプロ入りを果たす(1998年4月1日付)。

2000年、第50回NHK杯戦の予選を3連勝で通過。本戦1回戦で井上慶太を破る。

第16期(2003年度)竜王戦6組で優勝し、本戦進出、5組初昇級。2003年度の勝率は0.6944(25勝11敗)で全棋士中9位であった。

第30期(2004年度)棋王戦で本戦進出。予選決勝では渡辺明(この年に初の竜王位)に勝った。同年、第17期竜王戦5組昇級者決定戦(敗者復活戦)で、勝てば4組初昇級という一番で宮田敦史に敗れる。

2005年、第24回朝日オープン将棋選手権で本戦進出。1回戦で師匠の中原に敗れる。

2005年に行われた瀬川晶司プロ編入試験の試験官(対局者)を当初発表されていた熊坂学四段(段位は当時)に代わり務める。交代について野は、「不手際で、せっかく進めてきたイベントに支障が出るのを防ぎたかった」と語っている[3]2005年11月6日、瀬川は野に勝ち、プロ入りを決めた。

2007年、第57回NHK杯戦で本戦出場。

第66期(2007年度)順位戦C級2組で8勝2敗・3位の成績を挙げ、プロ入りから10年でC級1組へ初昇級。過去にも8勝2敗が2度あったが上がれず、三度目の正直となった。

第34期(2008年度)棋王戦で本戦進出。本戦2回戦で高橋道雄を破る。

2011年2月22日、五段昇段後120勝により六段昇段(通算220勝192敗)。

人物[編集]

  • 「秀行」という名前は、囲碁が好きな父親が、囲碁棋士藤沢秀行名誉棋聖にあやかってつけた[2]
  • 竜王戦などで観戦記の執筆を担当することがある。
  • 1999年8月に行われた若手棋士指導対局会「グローイング・アップ'99」の発起人の一人でありリーダー格[2]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

主な成績[編集]

  • 第16期(2003年度)竜王戦6組優勝

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成10年版「将棋年鑑」(日本将棋連盟
  2. ^ a b c d 将棋世界」(日本将棋連盟)2000年1月号付録
  3. ^ 「将棋世界」2007年10月号『感想戦後の感想』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]