村山慈明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 村山慈明 七段
名前 村山慈明
生年月日 (1984-05-09) 1984年5月9日(32歳)
プロ入り年月日 2003年10月1日(19歳)
棋士番号 249
出身地 東京都日野市
師匠 桜井昇
段位 七段
戦績
一般棋戦優勝回数 2回
2016年4月1日現在

村山 慈明(むらやま やすあき、1984年5月9日 - )は、将棋棋士桜井昇八段門下。棋士番号は249。東京都日野市出身。

棋歴[編集]

1995年、日野市立日野第三小学校5年時に小学生将棋名人戦で優勝し、奨励会に入る。

2001年後期から参加した三段リーグを2年・4期で抜け、2003年秋にプロデビュー。それから間もなく頭角を現す。2004年度、第23回朝日オープン将棋選手権で予選を勝ち抜き本戦出場。さらに、同年度に行われた第53期(2005年度)王座戦の予選では、松尾歩橋本崇載阿久津主税島朗らを相手に6連勝して本戦出場にあと一歩と迫るが、予選決勝(二次予選決勝)で先崎学に敗れる。

第19期(2006年度)竜王戦6組で準優勝し、5組へ昇級。

2007年度、第38期新人王戦棋戦初優勝。さらには第66期順位戦C級2組(在位4期目)で、1敗の後の9連勝で1位となり、C級1組に昇級。この年度は全棋士中で1位の勝率(36勝10敗、0.783)も挙げ、将棋大賞で勝率1位賞と新人賞を同時受賞。

第23期(2010年度)竜王戦で4組優勝し、初めて決勝トーナメントに進出(初戦敗退)。

2011年度、第52期王位戦でリーグ入り。佐藤康光三浦弘行に勝つなど第4回戦まで無敗で単独トップに立ったが、最終の第5回戦で羽生善治(1敗)に負けて並ばれる。プレーオフでも羽生に敗れ挑戦者決定戦進出を逃したものの、陥落しやすいリーグとして知られる王位リーグでの残留は果たした。翌第53期は2勝3敗で陥落。翌第54期は予選からの再出発となったものの、そこを再び勝ち抜き3年連続でリーグ入りを果たした(最終局で佐々木慎に1勝を挙げたのみで陥落)。

第71期順位戦C級1組(在位5期目)で、8回戦(金井恒太戦)以外をすべて勝利し、稲葉陽に次ぐ2位でB級2組に昇級。続く第72期順位戦B級2組でも佐藤天彦に次いで2位となり、B級1組に昇級、規定により七段に昇段した。

2015年には将棋電王戦FINALの第4局でponanzaと対局。自ら参加に立候補したが[1]相横歩取りの末に分の悪い変化に持ち込まれて敗れた[2]

2015年度のNHK杯テレビ将棋トーナメントでは、1回戦で初出場となる八代弥、2回戦で菅井竜也を下し、3回戦で前年度優勝の森内俊之を相手に勝利。準々決勝で豊島将之、準決勝で広瀬章人と、ともに自身より若いタイトル挑戦経験がある二人を倒し、決勝で、八代とともに今季初出場の千田翔太を下し、初優勝を達成。

2017年2月11日、2016年度の第10回朝日杯本戦トーナメントで決勝進出。八代弥との対局は、終盤にもつれ形勢不明の展開になったが、惜しくも敗れ準優勝[3]

棋風[編集]

居飛車党。序盤戦の深い研究で知られ、同じ名字の村山聖が存命で新鋭の頃に「終盤は村山に聞け」と呼ばれたことにあやかり、「序盤は村山に聞け」(あるいは「終盤は聖に聞け、序盤は慈明に聞け」とも)と呼ばれる[1]。電王戦での二つ名も漢字違いの「序盤は村山に訊け」であった。

人物[編集]

棋界では渡辺明戸辺誠と共に『酷評三羽烏』と言われ、歯に衣着せぬ物言いで知られる。ちなみに、村山は雛鳥らしい。

仲間内では有職読みで“じめい”と呼ばれている[1]。ニコ生中継で「聞き手・じめこ女流7級」と名乗ったこともある[4]

2016年度には、NHK将棋講座で「知って得する序盤術」と題して、講師を半年間にわたり担当[5]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

主な成績[編集]

棋戦優勝[編集]

優勝合計2回
竜王戦組別優勝
  • 第23期(2010年)4組優勝

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

将棋大賞[編集]

  • 第35回(2007年)勝率1位賞、新人賞
  • 第41回(2013年)勝率1位賞

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 杉本吏 (2015年4月1日). “将棋電王戦FINAL 第4局――「次元の違う強さ」「もはや怪物」 Ponanza VS. 村山慈明七段の見どころは”. ねとらぼ (ITmedia). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1504/01/news051.html 2015年6月18日閲覧。 
  2. ^ 鈴岡圭 (2015年4月11日). “定跡とは何か「将棋電王戦FINAL」第4局 - 村山七段の研究不発、ponanzaが示した可能性”. マイナビニュース. http://news.mynavi.jp/articles/2015/04/11/denoufinal/ 2015年6月18日閲覧。 
  3. ^ 朝日新聞DIGITAL・ニュース「八代弥五段、歴代最年少で優勝 朝日杯将棋オープン戦」(村瀬信也 2017年2月11日17時59分)ほか
  4. ^ 第74期(2015年度)A級順位戦最終回ニコニコ生中継(2016.2.27)
  5. ^ NHK出版「2016年度将棋講座テキスト」4月号ほか
  6. ^ 村山慈明五段が六段に昇段”. 日本将棋連盟 (2012年5月18日). 2015年6月18日閲覧。
  7. ^ 村山慈明六段が七段に昇段”. 日本将棋連盟 (2014年3月14日). 2015年6月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]