木下浩一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 木下浩一 七段
名前 木下浩一
生年月日 (1967-08-29) 1967年8月29日(49歳)
プロ入り年月日 1988年4月1日(20歳)
棋士番号 187
出身地 長野県
師匠 松田茂役
段位 七段
戦績
2017年4月1日現在

木下 浩一(きのした こういち、1967年8月29日 - )は、将棋棋士松田茂役九段門下。棋士番号は187。長野県出身。

棋歴[編集]

1982年、第3回全国中学生選抜将棋選手権大会で優勝。同年12月奨励会に6級で入会し、師匠の松田のもとで内弟子生活を送る。

奨励会三段に昇段したとき、ちょうど現行制度の第1回三段リーグが始まった。第2回リーグの昇段者争いは接戦となり、木下は10勝5敗の成績ながら1位の成績を取って、プロ入りを果たす。

第4期(1991年度)竜王戦6組の初戦でアマチュアの天野高志に敗れるが、敗者復活の昇級者決定戦を勝ち進み、最後に郷田真隆[1]に勝利して、5組に昇級した。

26歳のとき、東京から郷里の長野に居を移し、対局のたびに東京に出向く生活を始める[2]

第12期(1999年度)竜王戦5組で優勝(4組昇級)。藤井猛竜王への挑戦権を争う本戦トーナメントでは、初戦の佐藤紳哉に勝利し、2回戦で井上慶太に敗れた。

順位戦では2008年度まで21年間C級2組で指した後、フリークラス宣言をおこなった。

棋風[編集]

居飛車矢倉相掛かり角換わり玉頭位取り、そして、振り飛車四間飛車三間飛車向かい飛車中飛車相振り飛車のどれも指すオールラウンドプレーヤーである。

昇段履歴[編集]

昇段規定は将棋の段級 を参照。

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

  • 順位戦: フリークラス(宣言、2009年度から) = 引退までフリークラス
  • 竜王戦: 将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 郷田は翌年(2002年)3度タイトル戦の挑戦者となり、王位のタイトルを獲得する。
  2. ^ 将棋世界」2000年1月号付録

関連項目[編集]

外部リンク[編集]