居飛車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
将棋 > 将棋の戦法 > 居飛車

居飛車(いびしゃ)は、将棋の二大戦法の一つ。序盤において、初形で右翼にある大駒の飛車を定位置(先手は2筋、後手は8筋)のまま据えて戦うこと。この反対は振り飛車で、飛車を左翼へ展開する。

両対局者が共に居飛車を採用する相居飛車と振り飛車を相手にする対振り飛車(対抗型)に大別される。

概要[編集]

飛車を元々の位置に据えたまま戦うという、振り飛車に比べると自然な発想の戦法である。矢倉穴熊など玉将を固く囲いたい(=左端に寄せたい)時は角行が邪魔であることがデメリットとして知られるが、角行と飛車が敵陣の左辺を睨み続けているため、常に主導権争いに参加した状態で玉将を囲えるメリットもある。居飛車穴熊はその点を最大限に活かした戦法である。

位(五段目)が重視されていた昭和初期あたりまでは、2筋(8筋)の位を簡単に制圧できる居飛車は振り飛車より有利とされていた。しかし位が重視されなくなった現在は、むしろ飛車先の歩を突かず、位を取らないで進めることも増えている。

またかつては一目散に美濃囲いに組むだけで戦える振り飛車に比べると、分岐が多く覚えるべき定跡が多いとされ、アマチュアには敬遠され気味であった。しかし21世紀に入って角交換系振り飛車や振り飛車対策としての相振り飛車の登場など、振り飛車も戦術が多様化するようになってからは一概にそうとも言えなくなっている。またプロでは居飛車も振り飛車も区別せず指しこなすオールラウンダータイプが増加している。

相居飛車[編集]

相居飛車は先手も後手も同じ形になりやすいため、相手に出遅れるとたちまち不利に陥りやすい。例えば相手が飛車先の歩兵を進めてきたとき、放っておくと相手だけが飛車先の歩交換を実現して自分が一方的に不利になってしまう。したがって相手の歩交換を阻止するために銀将や角行で受けるか、あるいは自分も歩交換をして均衡を保つため、すぐに飛車先の歩を進めて行くかという2つの選択肢が有力となる。

このように相居飛車は双方が駆け引きをしながら相手の駒組に歩調を合わせて自分の駒組をすることになる。その結果、相居飛車の最序盤で先手・後手が初手から互いに損のない手を指していくと、大半が矢倉・角換わり・相掛かり・横歩取りのいずれか、あるいはそのバリエーションと言える形になる。なおいずれにも分類できない戦型は相居飛車力戦と呼ばれる。

相居飛車四大戦型
戦型名 矢倉戦 角換わり 相掛かり 横歩取り
飛車先 銀将で受けて矢倉囲いを目指す[1] 銀将(角交換前は角行)で受ける 受けずに相互に歩交換を仕掛ける 受けずに相互に歩交換をする
角道 開けたらすぐ銀将などで閉じる[2] 開けて角交換をする しばらく開けない[3] 開けて歩兵を横の飛車で取らせる
最序盤の例
△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
△持ち駒 角
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 角
△持ち駒 歩
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 歩
△持ち駒 歩2
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 歩3

これらの戦型ごとに様々な戦法が開発されている。相居飛車の戦法には、その戦型ならば先手でも後手でも採用可能なものもあれば、先手のみあるいは後手のみの戦法もある[4]

矢倉戦や角換わりでは、銀将金将を縦に並べて相手の飛車先をしっかり受け止める矢倉囲い系統の囲い[5]を左翼に構築し、ここに玉将を囲うことが多い[6]。一方、相掛かりや横歩取りでは、飛車先を受けないために急に戦いが始まることに加えて、飛車先交換を終えて自由になった相手の飛車が縦横無尽に走って様々な場所から攻撃を仕掛けてくるため、玉将を中央付近に置いたまま自陣全体を素早く守れる中住まい系統の囲いが使用されることが多い。

対振り飛車[編集]

振り飛車に対して、居飛車側としては、簡易な囲いのままですぐに攻め込む急戦か、振り飛車側と同等あるいはそれ以上に固い囲いを築いてから攻め込む持久戦かを選択できる。急戦については、振り飛車側の飛車を振る筋に応じて様々な戦法がある。持久戦の場合はどのように攻めるかではなくどのように固く玉将を囲うかに主眼が置かれることになるので、守りの戦法たる囲いの名前がそのまま狭義の戦法の名前となる。

△四間飛車 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲居飛車 なし
急戦の例(斜め棒銀
△向かい飛車 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲居飛車 なし
持久戦の例(穴熊

囲いについては、居飛車側も振り飛車側も飛車と反対側(居飛車は左翼、振り飛車は右翼)に玉将を移動し、相手の飛車が横から攻めてくるため、横からの攻めに強い形の囲いを構築するのが一般的である。居飛車側の囲いは、急戦ならば固くはないが短手数で囲える舟囲い系統の囲い、持久戦ならば手数はかかるが固い穴熊系統の囲いが選択されることが多い。振り飛車側の囲いは、短手数で囲えて固い美濃囲い系統の囲いが主に使われる。この他、居飛車側が美濃囲いを構築する左美濃や振り飛車側が穴熊囲いを構築する振り飛車穴熊などもある。

居飛車の戦法[編集]

相居飛車[編集]

対抗型[編集]

  • 対向かい飛車急戦
    • 棒銀、4六銀(左銀)戦法


居飛車の囲い[編集]

相居飛車[編集]

  • 矢倉・角換わりの囲い
    • 矢倉囲い系統:金矢倉、銀矢倉、総矢倉、片矢倉(天野矢倉・半矢倉)、へこみ矢倉、菱矢倉、流れ矢倉、菊水矢倉(しゃがみ矢倉)、富士見矢倉、土居矢倉、高矢倉、角矢倉、矢倉穴熊、カブト囲い
    • その他:雁木囲い右玉カニ囲い

対抗型[編集]

  • 急戦
    • 舟囲い系統:舟囲い(7九銀型・6八銀型・5七銀左型)、箱入り娘、セメント囲い、二枚囲い、elmo囲い

居飛車党 [編集]

居飛車を主に採用する棋士は「居飛車党」と呼ばれる。

主な居飛車党の棋士[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 矢倉戦という名称は元々両対局者が矢倉囲いを完成させて戦っていたことに由来する。しかし、現在では相手の矢倉囲いを阻止するための戦法が進歩した結果、最序盤が従来の矢倉戦と同様の進行(飛車先を受けるために銀将を上がり角道を止める)であっても実際に両者が矢倉囲いを構築しない(できない)ことが多い。このような場合も一般的には矢倉戦の戦型に含める。また、矢倉囲いは矢倉戦に限って現れるということもなく、例えば角交換をしてから矢倉囲いを構築した場合には角換わりの戦型に分類される。
  2. ^ 先手が5手目に7七銀と上がることで角道を閉じると同時に飛車先も受けることができる(いわゆる矢倉旧24手組)。一時期、5手目にまずは歩兵で角道を閉じておき、飛車先を受ける銀将を後回し(もちろん最終的には受ける)にする駒組(いわゆる矢倉新24手組)が流行した。しかし、居角左美濃急戦戦法が考案されて以降は矢倉新24手組で矢倉囲いに組むことは極めて困難になり、再び矢倉旧24手組が定跡となっている。
  3. ^ 最序盤は閉じたまま進行するが、最終的には角行の活用のために角道を開けるのが普通である。なお、最初から角道を開けた横歩取り模様から横歩を取らずに相掛かりになることもある。
  4. ^ 一例を挙げれば、角換わり早繰り銀戦法は先手でも後手でも使える戦法だが、横歩取り8五飛戦法は後手のみが使える戦法である。
  5. ^ なお、角換わりでは角交換がされているため、通常の矢倉囲いとは異なり右金を二段目にとどめて角行の打ち込みを警戒するカブト矢倉や平矢倉などの形が頻繁に使われる。また、矢倉戦では銀将の代わりに角行で飛車先を受ける雁木囲いが使われることもある。
  6. ^ 左翼で飛車先を受けつつあえて玉将を右翼に配置する右玉が使われることもある。
  7. ^ 超速▲3七銀や丸山ワクチンには急戦・持久戦どちらの変化もある。

参考文献[編集]

  • 塚田泰明監修、横田稔著『序盤戦! 囲いと攻めの形』、高橋書店、1997年
  • 原田泰夫 (監修)、荒木一郎 (プロデュース)、森内俊之ら(編)、2004、『日本将棋用語事典』、東京堂出版 ISBN 4-490-10660-2
  • 上野裕和、2018、『将棋・序盤完全ガイド 振り飛車編(増補改訂版)』、マイナビ出版

関連項目[編集]