藤井猛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 藤井猛 九段
名前 藤井猛
生年月日 1970年9月29日(46歳)
プロ入り年月日 1991年4月1日(20歳)
棋士番号 198
出身地 群馬県沼田市
師匠 西村一義
段位 九段
戦績
タイトル獲得合計 3期
一般棋戦優勝回数 8回
2016年9月28日現在

藤井 猛(ふじい たけし、1970年9月29日 - )は、将棋棋士西村一義九段門下。棋士番号は198。群馬県沼田市出身。日本将棋連盟非常勤理事(2012年6月-)。

戦績[編集]

将棋のルールを覚えたのが小学校4年の頃、将棋の面白さがわかったのが小6 - 中1の頃(本人談[1])という遅さ。奨励会試験で一度落ちたが、研修会から編入し、1986年に奨励会に入会した。入会後5年をかけ1991年に四段に昇段(プロ入り)。いわゆる「羽生世代」の一人であるが、羽生善治佐藤康光森内俊之郷田真隆村山聖といった早熟の棋士達(「チャイルドブランド」と呼ばれた)とは異なり、丸山忠久と共にやや遅れて台頭してきたグループに属する。

1995年12月22日、第54期B級2組順位戦の対井上慶太戦で、対居飛車穴熊の「藤井システム」を初披露し、僅か47手で井上を投了に追い込んだ。

1996年度の第27回新人王戦で優勝。同棋戦では、翌1997年度(第28回)、および、竜王在位時の1999年度(第30回)でも優勝。さらには、1997年に第16回早指し新鋭戦で優勝し、若手棋士参加棋戦で4度の優勝を果たす。1996年は、全棋士参加の大型棋戦である第14回全日本プロトーナメントでも決勝五番勝負に進出したが、屋敷伸之に0-3のストレートで敗れ、優勝はならなかった。

1998年度、第11期竜王戦で4組優勝(決勝の相手は深浦康市)。本戦(決勝トーナメント)では、鈴木大介(3組2位)、南芳一(1組優勝)、屋敷伸之(1組3位)に勝ち、さらに、挑戦者決定三番勝負で羽生善治(1組2位)を相手に1敗の後に2連勝し、タイトル初挑戦谷川浩司竜王との七番勝負で藤井システムを用い、4-0のストレートで破りタイトル初獲得1998年11月18日)。「将棋世界」誌の表紙には「藤井システム、将棋界を席捲」の文字が印字された。また、この年度は、全棋士中1位の43勝を挙げた。

初の防衛戦となる第12期(1999年度)竜王戦では、同じ振り飛車党である鈴木大介を挑戦者に迎えた。鈴木は挑戦権獲得時のインタビューで、全局を振り飛車で戦うとの「全・振り飛車宣言」をしていた。七番勝負で藤井は振り飛車を封印し、全局通して居飛車で戦い、4-1で防衛に成功した[2]。なお、同1999年度は早指し将棋選手権戦で、タイトル戦以外の全棋士参加棋戦での初優勝も果たす(決勝の相手は谷川)。

2000年度、第48期王座戦で羽生に挑戦(竜王戦以外では初めてのタイトル挑戦)。その五番勝負と日程がオーバーラップして、第13期竜王戦七番勝負では羽生の挑戦を受け、「十二番勝負」となった。王座戦は2-3で敗れたものの、「勝っても負けてもフルセットにします」と宣言したとおりの展開となった。竜王戦で羽生をフルセットの末4-3で下し、竜王戦史上初の3連覇を達成(後に渡辺明によって更新される)。お互い自分が保持するタイトルをフルセットで防衛した。羽生の挑戦を退けてタイトルを防衛したのは谷川に続き2人目である。

第59期(2000年度)B級1組順位戦の最後の2局で、藤井と昇級を争っていた郷田真隆が2連敗したのに対し藤井は2連勝し、逆転でA級初昇級。前年のB級1組昇級に続く2連続昇級であり、弟弟子の三浦弘行とコンビでの昇級であった。

2002年(第23回)と2005年(第26回)のJT将棋日本シリーズで優勝。2005年の優勝後のインタビュー(囲碁・将棋ジャーナル)で、「このようなインタビューを受けるのは久しぶり。これからもっと、このようなインタビューを受けられるような活躍をしたい」という旨を語った。

2006年、第24回朝日オープン将棋選手権で羽生に挑戦し、1-3で敗れる[3]

この間、第52期(2002年度)、第56期(2006年度)、第57期(2007年度)の王将戦でリーグ入り。

2010年度、第58期王座戦挑戦者決定戦で深浦康市を下し、羽生王座に挑戦するがストレート負けを喫し、羽生が持つ同一タイトル連覇記録と同一タイトル連続無敗防衛記録の更新を許す。同年度、第23期竜王戦で2組優勝し、1組へ復帰。一方、2011年3月2日、第69期(2010年度)A級順位戦最終戦で高橋道雄に敗れて3勝6敗となり、10年守ったA級の座から陥落。その7回戦、森内俊之と戦った一局で、敗局ではあるが第38回将棋大賞の「名局賞特別賞」を受賞した。

2011年度、第52期王位戦でリーグ入り。4勝1敗で紅組リーグ優勝をしたものの、挑戦者決定戦(2011年6月13日)で白組リーグ優勝の羽生に敗れる。この対局の9日前(6月4日)に放送の「囲碁・将棋フォーカス」で解説役としてゲスト出演していたが、「嫌な相手(羽生)が出てきました」と苦笑しながら語り、司会と聞き手を笑わせていた。第70期順位戦B級1組で3勝9敗となり、B級2組への降級が決まる。

2012年度、第53期王位戦リーグで白組優勝(4-1)し、挑戦者決定戦(2012年5月30日)で紅組リーグ優勝の渡辺明を166手の熱戦の末下し、羽生王位に挑戦するが1-4で敗れた。しかし、その後も第71期順位戦で若手の豊島将之を破る(豊島も9勝1敗で昇級しているが、その豊島に土を付けた唯一の相手)など好調を維持し、最終戦を待たずして、わずか1期でB1級返り咲きの昇級を決めた(結果、9勝1敗でトップ通過。第72期順位戦ではB1級12番手となった)。

2016年度、第24期銀河戦に予選より出場。決勝で「藤井システム」を用いて広瀬章人に勝利。自身11年ぶりとなる一般棋戦優勝を果たす。また、同時に銀河戦最年長優勝者となった。(インタビューにて「視聴者のために藤井システムを選んだ」と語った)。

棋風[編集]

  • 序盤に特徴があり、独創的な将棋で知られている。
  • 終盤、大胆に大駒を切り、露骨に相手玉に喰らい付く棋風から「ガジガジ流」というニックネームがついている。
  • 羽生世代の中でも丸山忠久同様遅れて奨励会に入会したため、何とか同世代に追いつこうと振り飛車特に四間飛車に特化することで勉強範囲を少なくした。
    • 居飛車も全く勉強していないわけではなく、四段プロ入りが決まった三段時に棋書を買いあさり短期間ではあるが勉強している、このとき学んだ知識、感覚が革新的な四間飛車戦法である「藤井システム」に影響している。自玉の囲いを省略して序盤から攻撃的な布陣を敷き、居飛車穴熊や左美濃を、従来の横では無く縦に攻略するこの戦法は、居飛車の感覚であり将棋界の振り飛車戦法に革命をもたらすのみならず、将棋の序盤戦略そのものに大きな影響を与えた。このことが評価され、1996年度将棋大賞の升田幸三賞を受賞した。
    • 振り飛車とくに四間飛車の使い手である自らを鰻屋に喩えて「最近は居飛車党でも四間飛車を指す人がふえましたが、戦法の好き嫌いがないっていうのが、また僕には不思議です。しかも、にわか四間飛車党が結構いい味出すんですよ(笑)。でも、こっちは鰻しか出さない鰻屋だからね。ファミレスの鰻に負けるわけにはいかない。」[4]と語ったことがある。
  • 2007年2月5日の北浜健介との対局で突然「ゴキゲン中飛車」を指し、若手棋士たちを震撼させた。本人は勝又清和のインタビューに「もう鰻屋だけじゃやってけない。これからは多角経営ですよ」[5]とコメントしている。また次に述べる通り、翌年の2008年からは研究会や公式戦で居飛車の矢倉を多く指すようになった。さらにその後、将棋世界2009年9月号の中で「僕はもう(藤井システムからは)引退しました」と、藤井システムを断念したとも取れる発言をしている。ただ同時に「先手藤井システムは立派に生き残っています」と、藤井システムそのものは終わっていないという見解を示している。
  • 2008年の中頃から居飛車の矢倉を指すようになり、周囲を驚かせた。
    • 本人は「私は鰻屋なので、居飛車屋の超高級五つ星レストランが建ち並ぶ銀座の目抜き通りに、やっと屋台の居飛車屋を出店したばかりの状態です。 鰻のことに関しては語れますが、居飛車のことに関しては語れません。」[6]とコメントしている。
    • また、将棋世界2008年12月号の中で「そろそろ、色々指してみようと思ったが、相振り飛車の経験が一番生きやすい戦型が矢倉だった。」と答えている[7]
    • 従来の矢倉とは異なる、脇システム片矢倉(天野矢倉)を組み合わせた独自の駒組み(藤井流早囲いと呼ばれる[8])から先行を目指そうとする積極的な指し回しは、その年度に森内俊之や佐藤康光も対局で採用するなど、早くも他の有力棋士に影響を与えた。2009年3月に「囲碁・将棋ジャーナル」に出演した際には「今年度は新しいことに挑戦できたという点で満足できる1年であった」との旨を語った。
  • 2009年頃からは様々な形の角交換四間飛車を多用し、試行錯誤しつつ失敗を繰り返しながらも戦法として確立させ、2011年・2012年の王位戦での活躍の原動力となった。藤井が結果を残すにつれて、羽生をはじめとした他の棋士も角交換四間飛車を採用することが多くなった。これらの功績が評価され、2012年度将棋大賞にて升田幸三賞を受賞(16年ぶり二度目)。

人物[編集]

  • 「猛」という名前はボクシング元世界チャンピオンの藤猛から来ている。
  • 好きな食べ物はうどん。嫌いな食べ物は納豆梅干し
  • 絵が苦手で、中学生時代の美術の授業で隣席のクラスメートを描く課題に、モデル役の女子学生が泣いてしまった。
  • 「いきなり筋違い角」戦法に対しては90%勝てると発言している[9]
  • 1998年、谷川との竜王戦を戦ったのは、NHK将棋講座で藤井システムの講座の講師を務めた直後のことである。番組中、アシスタントの高橋和からエールを受けた。さらに、当時「囲碁・将棋ジャーナル」に出演した際には、司会者であり藤井と同門(西村門下)の山田久美から、カニの絵が描かれた扇子が贈呈された(谷川はカニが苦手であることから)。
  • 第21期竜王戦では「絶品チーズバーガー[10]」や「かっぱ寿司」などユニークな発言が話題になった。
  • 棋界でも稀有な肩書として八段を名乗ったことが無い九段棋士である。
  • 2012年6月8日、日本将棋連盟非常勤理事に就任。
  • 妻は元・囲碁のインストラクター。藤井は将棋連盟囲碁部に参加していたこともあり、また夫婦でアマチュアペア囲碁棋戦に出場したこともある[11]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。ただし、七段 - 九段の昇段日は、竜王戦の昇段の旧規定によることに注意[12]

主な成績[編集]

獲得タイトル[編集]

  • 竜王 3期(1998年=第11期 - 2000年)
登場回数7、獲得3

一般棋戦優勝[編集]

合計8回

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

将棋大賞[編集]

  • 第24回(1996年度) 升田幸三賞(藤井システム)
  • 第26回(1998年度) 最多対局賞・最多勝利賞・技能賞
  • 第27回(1999年度) 殊勲賞
  • 第28回(2000年度) 技能賞
  • 第38回(2010年度) 名局賞特別賞(第69期A級順位戦7回戦)…対局相手の森内俊之とともに受賞
  • 第40回(2012年度) 升田幸三賞(角交換四間飛車)

その他[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2008年名人戦第1局の解説者としてテレビ出演した際に語った。
  2. ^ 当時鈴木が相振り飛車で高い勝率を誇っていたことも振り飛車を封印した理由の1つであると藤井は雑誌で語っている。
  3. ^ この時控え室で着ていた派手なシャツが話題にのぼる。
  4. ^ 鰻屋本舗(将棋)「藤井語録」
  5. ^ 将棋世界2007年6月号付録「新手・ポカ・妙手選」まえがきより
  6. ^ 藤井九段の居飛車党転向について
  7. ^ もっとも、藤井はプロになりたての頃に少し矢倉を指してはいたが、「居飛車より振り飛車のほうが面白い。矢倉を指せと言われていたら、将棋をやめていたかもしれない。別冊宝島440「将棋これも一局読本」より」とまで語っていたため、この転向は周囲から非常に驚かれることとなった。
  8. ^ 佐藤康光著『佐藤康光の矢倉』日本将棋連盟2011年、木村一基著『木村の矢倉(急戦・森下システム)』マイナビ2012年による
  9. ^ 将棋世界2006年10月号・鈴木宏彦「イメージと読みの将棋観」 テーマ3「いきなり筋違い角で勝てるか?」。(正確には『先手(筋違い角側)勝率1割でしょう』と発言。)
  10. ^ 「これには△6九銀が絶品チーズバーガー。以下▲7九金に△5八銀打」です。(「絶品チーズバーガー」の元ネタ。第21期竜王戦七番勝負第二局)
  11. ^ http://www.pairgo.or.jp/db-j/db3_s5.htm
  12. ^ 仮に2006年以降の新しい規定が適用されていたならば、七段昇段は1998年9月14日(挑戦権獲得)、八段昇段は1998年11月19日(竜王1期獲得)、九段昇段は1999年11月26日(竜王2期獲得)である。
  13. ^ 藤井 猛九段、600勝(将棋栄誉賞)を達成(日本将棋連盟)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]