井田明宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 井田明宏 四段
名前 井田明宏
生年月日 (1996-12-06) 1996年12月6日(25歳)
プロ入り年月日 2021年4月1日(24歳)
棋士番号 327
出身地 京都府京都市
所属 日本将棋連盟(関西)
師匠 小林健二九段
段位 四段
棋士DB 井田明宏
2021年4月1日現在
テンプレートを表示

井田 明宏(いだ あきひろ、1996年12月6日 - )は、日本将棋連盟棋士[1]小林健二九段門下。棋士番号は327。京都府京都市出身。

棋歴[編集]

将棋と出会ったのは、父の転勤で山口県周南市にいた小学1年の夏休みの時。「新聞の将棋欄で興味を持ち、父にルールを教わった」と語っている[2]。小学4年で「プロ棋士になりたい」と思い、研修会に入会。小学5年から、師匠となる小林健二の教室で腕を磨く[2]。その後、「奨励会試験や4級の時に苦労した」[2]が、2020年度下半期の第68回三段リーグで1位となり、24歳で四段昇段を果たす(同時昇段は高田明浩)。

プロ入り後[編集]

デビューの2021年度は、第11期加古川青流戦で決勝に進出。服部慎一郎を相手に1勝2敗で敗退し、惜しくも準優勝に終わった[3]

棋風[編集]

得意戦法は雁木。三段の頃から始めた。「最初は上手く指しこなせなかったが、現在は一番自信のある戦法。雁木とは病める時も健やかなる時も共に生きていきたい!笑」と言うほどの愛情を持っている[4]

人物・エピソード[編集]

  • 生まれは山口県だが、住んでいた期間が長いのは僅差で京都府。そのため、「出身地を聞かれた際はいつも悩んでいたが、出身地とは子供の頃に長く過ごした土地の事らしいので、今は京都と答えている」とのこと[4]
  • 前述の小林健二の教室には、冨田誠也古森悠太らがおり、「1学年上の強い人がいたのが強くなる原動力になった」と振り返っている[2]
  • 藤井聡太が初タイトルである棋聖を獲得した時の記録係を務めていた。プロ入り時のインタビューでは、「トップレベルの将棋を見ることは大きな糧。藤井先生が棋聖になられた将棋で記録を取ったのが印象に残っている。早く戦える場所に行かないといけないと思った」との抱負を語っている[5]
  • 三段リーグには8期4年間在籍したが、最後の半年間は中々寝付けず、全身に現れたじんましんにも悩まされた。しかし、四段に昇段してプロ入りを果たした後、1週間もしない内に完治した[6]。また、四段に昇段した日の事は「間違いなく、これまでの人生で一番いい日」と表現している[4]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2010年9月 6級 = 奨励会入会
  • 2017年4月 三段 = 第61回奨励会三段リーグ戦から
  • 2021年4月1日 四段

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

出典[編集]

  1. ^ 新四段誕生のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2021年3月6日). 2021年4月1日閲覧。
  2. ^ a b c d “棋士デビュー後も好調 将棋の井田明宏四段”. 朝日新聞デジタル. (2021年8月22日). https://www.asahi.com/articles/ASP8N3RZPP7ZPTFC001.html 2022年3月5日閲覧。 
  3. ^ 服部慎一郎四段VS井田明宏四段 第11期加古川青流戦三番勝負第2局・第3局 服部慎一郎四段の優勝” (日本語). 日本将棋連盟 将棋ニュース. 2022年3月5日閲覧。
  4. ^ a b c 最初の一歩|井田明宏四段” (日本語). 関西将棋会館公式note. 2022年3月5日閲覧。
  5. ^ 藤井聡太“棋聖”誕生の瞬間に立ち会い、「早く戦える場所に行かないと」” (日本語). 文春オンライン. 2022年3月5日閲覧。
  6. ^ 62 将棋 井田明宏四段(24)=大阪市在住 温故知新で難関突破/大阪” (日本語). 毎日新聞デジタル. 2022年3月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]