岡崎洋 (棋士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 岡崎洋 六段
名前 岡崎洋
生年月日 (1967-05-04) 1967年5月4日(50歳)
プロ入り年月日 1993年10月1日(26歳)
棋士番号 209
出身地 千葉県
師匠 平野広吉
段位 六段
戦績
2016年3月11日現在

岡崎 洋(おかざき ひろし、1967年5月4日 - )は、将棋棋士棋士番号は209。千葉県出身。平野広吉七段門下。

棋歴[編集]

  • 1級から2級に降級したり、初段で3年停滞するなど苦労し、23歳でようやく三段に昇段する。
  • 三段リーグでも苦戦が続いたが、期間中に26歳の年齢制限を迎える第13回三段リーグ(1993年度上半期)では一転して前半から首位に立ち、後半負けが込んだが2位を死守し、四段昇段を果たした。
  • 第45期(2004年度)王位戦でリーグ入り。深浦康市に勝利するが、リーグ残留失敗。
  • 第64期(2005年度)順位戦C級1組で、出だしから8連勝する。9回戦で昇級を争う渡辺明竜王(当時)との直接対決に敗れ、自力昇級がなくなったが、最終10回戦で渡辺明が窪田義行に敗れたため、再び岡崎に昇級のチャンスが巡ってきていた。しかし岡崎も中田功に敗れたため、惜しくもB級2組への昇級を逃した(昇級者は山崎隆之、渡辺明)。その後65期、67期に降級点を喫し、C級2組へ降級。
  • 第73期(2014年度)順位戦C級2組で、9回戦を終えて8勝1敗の好成績で4位につけ、最終戦で自身が勝利し中村亮介が敗れれば昇級となる状況だった。最終戦で中村は敗れたものの、自身も永瀬拓矢に敗れ、惜しくもC級1組への昇級を逃した(昇級は横山泰明千田翔太村田顕弘)。
  • 翌年の2015年度は、11月まで全棋戦で0勝12敗と不振が続き、順位戦C級2組でも3勝7敗に終わり、前期の活躍で順位3位にもかかわらず2つ目の降級点となる不運な1年となった。

棋風[編集]

  • 居飛車党ではあるが、年に数回はゴキゲン中飛車などの振り飛車も指す。テンポのよい攻めが身上で、自分の方から仕掛けることが多い[1]

人物[編集]

  • 好不調のサイクルが激しいことなどから、「マシーン」という愛称がある[2]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 日本将棋連盟モバイル・定跡探訪(阿久津八段の解説、2016.3)
  2. ^ 「棋士名鑑」(宝島社)、将棋世界付録「現役プロ棋士データブック2016 【上】あ~た行」


関連項目[編集]