折田翔吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 折田翔吾 四段
名前 折田翔吾
生年月日 (1989-10-28) 1989年10月28日(31歳)
プロ入り年月日 2020年4月1日(30歳)
棋士番号 321
出身地 大阪府大阪市
師匠 森安正幸
段位 四段
戦績
2020年4月2日現在
テンプレートを表示
YouTube
チャンネル
活動期間 2016年 -
ジャンル 将棋
登録者数 4.25万人
総再生回数 24,039,324 回
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年7月21日時点。
テンプレートを表示

折田 翔吾(おりた しょうご、1989年10月28日 - )は、将棋棋士YouTuber森安正幸七段門下[1]棋士番号は321。大阪府大阪市出身。

棋歴[編集]

  • 2004年10月、6級で奨励会入会。
  • 2008年、18歳で初段に昇段、将棋に専念する為、高校を中退。
  • 2010年、二段昇段。
  • 2011年3月、二段昇段から僅か1年で三段昇段。
  • 2016年3月、退会。三段リーグ(49~58回)における通算成績は69勝111敗。
  • 2016年4月26日、YouTubeに将棋実況動画を投稿開始。投稿名は「アゲアゲ将棋実況」。
  • 2016年11月6日、将棋教室を開始。
  • 2017年12月3日、第34期全国アマチュア王将位大会(アマ王将戦)で準優勝、銀河戦への出場権を得る。
  • 2019年2月9日、第27期銀河戦本戦での対プロ棋士6連勝により決勝トーナメント進出決定。アマチュア選手としては、瀬川晶司(現プロ六段)に次ぐ2人目の決勝トーナメント進出だった[2][3][4]
  • 2019年8月30日、プロ棋士との対局に勝って直近の公式戦成績を10勝2敗とし、棋士編入試験の受験資格を獲得[5]
折田翔吾アマ 対プロ公式戦成績
対局日 棋戦 対局相手[注釈 1] 結果
2018/7/29 第12回朝日杯将棋オープン戦 一次予選 都成竜馬 五段
2018/8/30 第27期 銀河戦 本戦トーナメント 神崎健二 八段
2018/8/30 瀬川晶司 五段
2018/10/2 三枚堂達也 六段
2018/10/2 今泉健司 四段
2018/11/14 堀口一史座 七段
2018/11/14 豊川孝弘 七段
2018/12/28 窪田義行 七段
2018/12/28 野月浩貴 八段
2019/6/14 決勝トーナメント 佐藤天彦 名人
2019/ 第28期 銀河戦 予選 脇謙二 八段
2019/ 福崎文吾 九段
2019/8/30 本戦トーナメント 村田智弘 六段
いいところどりで10勝2敗・勝率0.833
2019/8/30 第28期 銀河戦 本戦トーナメント 伊藤真吾 五段
2019/10/24 黒沢怜生 五段

棋士編入試験[編集]

  • 2019年9月19日、日本将棋連盟が編入試験の日程を発表[6]
    • 棋士番号の大きい(プロ入りから日の浅い)5人の棋士を試験官として11月25日から毎月1局行なう。
    • 3勝した時点で合格、4月1日もしくは10月1日付けで四段となりフリークラス編入資格を得る。3敗した時点で不合格となる。
    • 持ち時間は3時間。1局目に振り駒、以下5局まで先後交代。
試験官[注釈 1] 試験日(10時~) 会場 先後 結果
1 黒田尭之 四段 2019年11月25日(月) 関西将棋会館 098手 勝ち
2 出口若武 四段 2019年12月23日(月) 関西将棋会館 142手 負け
3 山本博志 四段 2020年 1月27日(月) 東京・将棋会館 170手 勝ち
4 本田奎 五段 2020年 2月25日(火) 東京・将棋会館 161手 勝ち
プロ棋士編入決定[7][8]
5 池永天志 四段 2020年 3月 9日(月) 関西将棋会館 (実施せず)

プロ入り後[編集]

  • 2020年6月3日、関西将棋会館でプロ入り後初戦となる第92期棋聖戦1次予選が行われる。大橋貴洸六段相手に142手で敗れ、デビュー戦は黒星となった[9]

人物・エピソード[編集]

  • 天野貴元の奨励会三段リーグ、最後の対局相手(結果、折田勝ち)。
  • 第10回詰将棋解答選手権(2013年3月31日)3位。 
  • 居飛車でバランス重視の棋風[10]。将棋実況者としては居飛車のみならず、振り飛車や力戦など多様な戦型を指しこなす。
  • 動画投稿時に使用しているアカウント名から、ネット上ではファンから「アゲアゲさん」と呼ばれている[11]
  • YouTuberの活動の一環として、2016年11月よりネットでの将棋講座を開いている。その為、編入試験の資格を得た時の新聞紙面等での肩書は「将棋講師」となっていた。
  • プロ編入試験の受験料はクラウドファンディングで募ることとした。受験料と諸経費含め目標額は89万円であったが開始直後に目標額達成、4時間弱で倍以上の250万になり[12]、最終的に約520万もの資金を集めることなった[13]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2004年 6級 = 奨励会入会
  • 2008年 初段
  • 2020年4月1日 四段 = プロ入り

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 段位・称号は対局当時。

出典[編集]

  1. ^ 折田アマが棋士編入試験合格!|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2020年2月26日). 2020年4月2日閲覧。
  2. ^ 銀河戦でアマチュア棋士がプロ相手に6人抜き 折田翔吾アマ、木村孝太郎アマに聞く:文春オンライン
  3. ^ 将棋アマチュア、プロ棋士に7連勝 銀河戦で快挙達成:朝日新聞デジタル
  4. ^ プロ編入に挑む | おはよう関西 | NHK大阪放送局ブログ
  5. ^ ユーチューバー折田アマ、棋士編入試験受験を宣言「受けさせていただきたいと思います」(スポーツ報知)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2019年8月30日閲覧。
  6. ^ アマチュアの折田翔吾さん、棋士編入試験受験へ【試験日追加決定】|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2019年10月30日). 2020年4月2日閲覧。
  7. ^ “将棋ユーチューバー”折田翔吾アマがプロ入り!編入試験合格「信じられない」”. www.sponichi.co.jp. スポーツニッポン (2020年2月25日). 2020年2月25日閲覧。
  8. ^ 「アゲアゲ将棋実況」ユーチューバーの折田さん、プロ入り決まる 編入試験で3勝1敗 4月からフリークラス四段”. 毎日新聞. 毎日新聞社 (2020年2月25日). 2020年2月25日閲覧。
  9. ^ 将棋ユーチューバー折田四段黒星デビューも「幸せ」”. 日刊スポーツ (2020年6月3日). 2020年6月3日閲覧。
  10. ^ プロになった将棋ユーチューバー折田翔吾さん「勇気与えられる存在に」” (日本語). 毎日新聞. 毎日新聞社 (2020年2月27日). 2020年3月1日閲覧。
  11. ^ 将棋YouTuber「アゲアゲさん」折田翔吾アマ、悲願のプロ入り決定! 編入試験五番勝負で3勝1敗 史上4人目の快挙” (日本語). AbemaTIMES (2020年2月25日). 2020年2月26日閲覧。
  12. ^ 折田翔吾さん、将棋のプロ編入試験受験料をクラウドファンディングで募り、すぐに250万円以上集まる(松本博文)Yahoo!ニュース(2019/10/16)2020年6月5日閲覧
  13. ^ 将棋のプロ編入試験に挑戦いたします。CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]