青嶋未来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 青嶋 未来 五段
名前 青嶋 未来
生年月日 (1995-02-27) 1995年2月27日(22歳)
プロ入り年月日 2015年4月1日(20歳)
棋士番号 300
出身地 静岡県三島市
師匠 安恵照剛
段位 五段
戦績
2016年8月1日現在

青嶋 未来(あおしま みらい、1995年2月27日 - )は、日本将棋連盟所属の棋士安恵照剛門下。棋士番号は300。静岡県三島市出身、東京都港区在住[1]港区立神応小学校麻布中高校[2]

棋歴[編集]

6歳時に父親が購入した本で将棋を覚えた[1]

2003年、小学校3年生の時に第2回全国小学生倉敷王将戦低学年の部で東京代表で出場し、9位となる[3]

2005年、小学校5年生の時に第4回全国小学生倉敷王将戦高学年の部で東京代表で出場し、9位となる[4]。同年9月に、奨励会に6級で入会する。

2007年には3級に昇級後11連敗を喫したが[5]、2010年に奨励会初段に昇段を果たす。初段は半年余りで通過し、二段を1年2か月で突破、2012年第52回三段リーグに参加する。

52回、53回リーグは8勝10敗と負け越したが、54回は11勝7敗の結果で9位に躍進した。55回も11勝5敗の6番手につけ、上位対局の結果次第では最終日に連勝すれば昇段の可能性があったが、1局目に敗れ昇段を逃し5位となる。なお、その期に昇段した増田康宏黒沢怜生はそれぞれ最終日同星の5番手、7番手から連勝で昇段している。

56回リーグでは初日から10連勝し、その後2連敗するも再度連勝を重ね、最終日を残した2月14日に昇段を決める[5]。最終日もきっちりと勝ち、三段リーグ史上最多タイとなる16勝(2敗)を挙げた。

新四段として出場した第74期(2015年度)順位戦ではC級2組で9勝1敗(47人中2位)の好成績を修め、C級2組の1期抜けに成功。これに伴いプロ入りから1年に満たぬ間に五段へ昇段した。

第29期(2016年度)竜王戦6組ランキング戦の準決勝で近藤正和六段に勝ち、5組へ昇級。 さらに決勝でも中田功七段に勝ち、6組優勝者として本戦トーナメントへ出場。 本戦でも1回戦で5組優勝者の黒沢怜生五段、2回戦で4組優勝者の中座真七段、3回戦で1組5位の豊島将之七段を破る活躍を見せた。準々決勝では1組4位の深浦康市九段に敗れた。

プロ3年目となる2017年度は、前年度の成績優秀につき第67回(2017年度)NHK杯将棋トーナメントでシード(予選免除)となり、本戦トーナメントに初出場(前期の第66回NHK杯は予選2回戦で、梶浦宏孝四段に負け)が決まった。

棋風[編集]

振り飛車穴熊を得意としている[6]が、角換わりや横歩取りなど居飛車の将棋も指しこなしており、相手にとっては的が絞りにくい棋風。

人物[編集]

2014年の年末頃から趣味としてチェスを指すようになり、2015年6月に行われた全日本快速選手権では初参加で初優勝[7](チェスの大会への参加自体、同選手権が3回目だったという[8])。翌7月に行われた16th IVL Leagueでは羽生善治との対局が組まれ、将棋よりも先にチェスで羽生と初対決することになった[9]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2005年9月24日 6級 = 奨励会入会
  • 2010年7月 初段
  • 2011年2月 二段
  • 2012年5月 三段
2012年度後期(第52回)より三段リーグ参加

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 新四段誕生のお知らせ日本将棋連盟 2015年2月16日
  2. ^ OBと明記している 麻布将棋部公式twitter 2015年2月15日
  3. ^ 第2回全国小学生倉敷王将戦日本将棋連盟
  4. ^ 第4回全国小学生倉敷王将戦日本将棋連盟
  5. ^ a b 青嶋三段、2連勝し昇段決める!大棋士の条件「10代での四段」実現スポーツ報知 2015年2月15日
  6. ^ 将棋世界 2015年5月号 33P
  7. ^ 青嶋未来四段がチェス全日本快速選手権で優勝。得意の早指し戦で7勝1敗の成績 - 将棋ワンストップ・ニュース 2015年6月14日
  8. ^ https://twitter.com/shinya_kojima/status/610013619263139840
  9. ^ 16th IVL、羽生善治名人vs青嶋未来四段のチェス初対決の結果は・・・。 - 将棋ワンストップ・ニュース 2015年7月18日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]