西川和宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 西川和宏 六段
名前 西川和宏
生年月日 (1986-04-02) 1986年4月2日(30歳)
プロ入り年月日 2008年10月1日(22歳)
棋士番号 272
出身地 兵庫県神戸市
師匠 西川慶二
段位 六段
戦績
2014年11月13日現在

西川 和宏(にしかわ かずひろ、1986年4月2日 - )は、将棋棋士棋士番号272。兵庫県神戸市出身。父親でもある西川慶二門下。

棋歴[編集]

  • 奨励会三段リーグには第40回(2006年度後期)から参加。第43回(2008年前期)の三段リーグで14勝4敗の成績(2位)を収めてプロ入りを決め[1]、通算6例目の親子プロ棋士、戦後初の現役親子プロ棋士となった。
  • 初参加した第68期順位戦で最終日に中村亮介に敗れ、4勝6敗の成績で降級点が付いてしまった[2]
  • 第63回NHK杯テレビ将棋トーナメントでは谷川浩司豊島将之ら強豪に勝ち抜き自身初のベスト4入りを果たした。

人物・エピソード[編集]

  • 将棋世界の企画で、鈴木大介香落ちで敗れ、さらに角落ちでも敗れた。非公式戦でタイトル挑戦・A級経験者と新四段の対局とはいえ、プロ同士の角落ちで下手側が敗れるのはプロの対局が平手中心になって以降まれにみる珍事として注目された。
  • 父であり師匠でもある西川慶二が「囲碁・将棋チャンネル」の「将棋まるごと90分」に出演した際、和宏のインタビュー動画や少年時代の写真も公開された。
  • 初の本戦出場を果たした第60回NHK杯の一回戦で、西川、対局相手の戸辺誠、読み上げ係の藤田綾、記録係の荒木宣貴と、対局場の4人全員が同学年という極めて珍しい状況になった[3]
  • 2010年6月22日、1日に1,2回戦の2局が行われる棋聖戦1次予選にて、1回戦で有森浩三持将棋指し直し、2回戦で福崎文吾千日手指し直しとなり、いずれも指し直し局に勝利した。1日に4局指したわけではあるが、公式記録上は持将棋局と指し直し局をあわせて1局、千日手局と指し直し局をあわせて1局と数える。

昇段履歴[編集]

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本将棋連盟ホームページ・お知らせ「佐藤慎一三段、西川和宏三段が新四段に!
  2. ^ 順位戦C級2組で、4勝6敗で降級点は史上初
  3. ^ 戸辺は1986年8月5日、藤田は1987年3月24日、荒木は1986年5月5日生まれ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]