伊奈祐介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 伊奈祐介 六段
名前 伊奈祐介
生年月日 (1975-12-18) 1975年12月18日(41歳)
プロ入り年月日 1998年4月1日(22歳)
棋士番号 228
出身地 神奈川県逗子市
師匠 小林健二
段位 六段
戦績
2014年4月3日現在

伊奈 祐介(いな ゆうすけ、1975年12月18日 - )は、将棋棋士小林健二九段門下。棋士番号は228。神奈川県逗子市出身。

棋歴[編集]

1998年4月、四段昇段(プロ入り)。奨励会三段リーグで次点(3位)2回となった者はフリークラスの四段になれるという規定が新設された後、その権利を行使した初のケースである[1]

第12期(1999年度)竜王戦6組で昇級者決定戦決勝に進むも、敗れて5組昇級を逃す。同年(1999年)、第18回(2000年度)全日本プロ将棋トーナメントで、米長邦雄深浦康市佐藤康光らに勝ち、ベスト8進出。

第14期(2001年度)竜王戦6組ランキング戦では、4回戦で渡辺明に勝ち、2001年5月7日の準決勝戦では伊藤能に勝ち、この勝利に伴い「直近30戦以上で勝率6割5分以上」(20勝10敗)の基準を満たし、フリークラスから順位戦C級2組への昇級が決定。フリークラスから順位戦C級2組への昇格は史上初[2]。その後に行われた決勝戦でも松尾歩を破り6組で優勝し、決勝トーナメント出場及び5組昇級を決めた。決勝トーナメントでも2勝(5組優勝の北島忠雄戦及び3組優勝の富岡英作戦)を挙げる。同年度では、第51回NHK杯戦で本戦初出場し南芳一を相手に1勝を挙げるなど、他の棋戦でも活躍した。

第15期(2002年度)竜王戦5組で昇級者決定戦決勝に進むも、渡辺明に敗れる。第17期(2004年度)竜王戦5組でも昇級者決定戦決勝に進むが、またしても昇級を逃す。

第29期(2003年度)棋王戦で本戦初出場。2回戦で米長邦雄を破るが、3回戦で谷川浩司に敗れる。

第64期C級2組順位戦(2005年度)にて、8勝2敗で次点(4位)でC級1組昇級を逃す。このときC級1組へ昇級したのは、安用寺孝功(9勝1敗)、および、阿久津主税橋本崇載(伊奈と同じく8勝2敗)であった。最終の第10回戦で、もしも3名のうち1名でも負けていれば、伊奈が昇級していたところであった。

第20期(2007年度)竜王戦5組で優勝し、ついに4組昇級。決勝トーナメントでも1勝を挙げる。翌年度、第21期(2008年度)竜王戦4組で準優勝し、3組に昇級するとともに連続2回昇級により六段昇段。

第72期C級2組順位戦(2013年度)では最終節を残して7敗目を喫し、3期連続の降級点でフリークラスへの降級が決まってしまった。フリークラスで四段編入した棋士が順位戦経験後再びフリークラスになるのはこれが初めてである。2014年度の第56期王位戦では、予選決勝で豊島将之に勝利し、フリークラスでは3人目[3]となる挑戦者決定リーグ進出を決めた。しかし、リーグでは3連敗で陥落が決まった。

棋風[編集]

  • 居飛車党であり、相手も居飛車の場合は相掛かり矢倉を指すことが多い。
  • 終盤は粘りを見せる場合が多く、自玉が詰みになった状態まで指し続けた事がある[4]

人物[編集]

昇段履歴[編集]

昇段履歴は、将棋の段級 を参照。

  • 1990年 - 6級で奨励会入会
  • 1998年4月1日 - 四段(三段リーグ次点2回) = プロ入り
  • 2004年8月13日 - 五段(勝数規定)
  • 2008年5月22日 - 六段(竜王ランキング戦連続2回昇級)

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 伊奈の後にも、伊藤真吾吉田正和渡辺大夢が次点2回獲得に伴いフリークラスに編入する権利を得て、これを行使した。佐藤天彦は2004年に権利を得たが、放棄して三段リーグにとどまった。
  2. ^ 吉田正和四段、フリークラスからC級2組へ昇級(日本将棋連盟)(伊奈についても記載)
  3. ^ 中原誠吉田正和に次ぐ記録だが、C級2組から降級した棋士としては史上初。
  4. ^ 2015.6.15第87期棋聖戦・一次予選・千日手指し直し局ほか
  5. ^ [2005年度「将棋年鑑」、2007年7月「将棋世界」など]
  6. ^ http://kishi.a.la9.jp/2007/1228.html 予選より

外部リンク[編集]