女流育成会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

女流育成会(じょりゅういくせいかい)は、かつて存在していた将棋女流棋士育成を目的とした日本将棋連盟の機関。1984年から数回の制度変更を経て2009年3月まで運営。その後はその役割は研修会に移行した。

概要[編集]

1974年の女流棋士制度発足以降、アマチュア棋戦で活躍するなどある程度の棋力が認められ、プロ棋士の推薦があれば女流プロになれた。しかしより充実した女流棋界を確立させるために、成績優秀な女流棋士の育成が不可欠となり、理事会などで男性の奨励会と同じように、ある程度の棋力を担保するための女流棋士育成機関を設けることが急務となった結果、1984年4月に女流育成会が創設された[1]

第1回の女流育成会には女流アマ名人戦優勝者の清水市代高群佐知子などの9名の女性が登録[1]

しかし2000年以降は入会者の減少により会員は10人前後で推移。また女性アマチュア同士で戦って昇級者を決めるシステムでは結果的にプロとの実力差の隔たりを埋める事が出来ず、2009年時点で育成会出身者の若手の多くがタイトル戦線に絡めないなど女流プロとしての水準を保つのが難しくなっていた。そのため日本将棋連盟理事会は、経費負担軽減と女流棋士の棋力一定化のため、2008年度末をもって女流育成会を廃止し、女流のレベルアップを目的として女流棋士志望者を男女混合の研修会に移行し、2009年4月からその成績によって女流棋士資格を与える仕組みに変更した[2]

システム[編集]

入会資格者は29歳までの女性。師匠1名(正会員の棋士、もしくは女流初段以上または在籍10年以上の女流棋士)が必要。

女流育成会のシステムは数年おきに大幅に変更されているが、基本的には奨励会の三段リーグなどと同様に育成会員同士でリーグ戦を行い、成績最上位のものが昇級する。同率のものが複数出たときは、前期の成績によって決定されている順位によって昇級者を定める。いずれも途中からの参加は不可。

1984年度から1989年度まで[編集]

  • 春に始まる年1回のリーグ戦で、それぞれの対局者が3回ずつ対局する方式。
  • 1984年の最初期は育成会上位者と成績下位者で入れ替え戦を実施。育成会優秀者が勝利した場合、正式に女流2級になれる。
  • 1989年度までは原則として上位2名が女流3級(仮会員)として翌期の女流名人戦Bリーグ、女流王将戦Bリーグに編入でき、年度の通算で指し分け以上で女流2級になれる。
  • 女流3級になった後に、上記2つのリーグの通算で指し分け以下の場合は育成会に降格。また女流2級になった後でも降級点を3回取ると育成会に降格。この時に育成会行きを拒否すると現役引退になる[注釈 1]

1990年度から1991年度まで[編集]

  • 基本的にはこれまでの制度を踏襲するが、仮会員制度である女流3級を廃止し、女流2級として即正式な女流棋士となる。

1992年度前期から1996年度前期まで[編集]

  • 春秋の年2回のリーグ戦で、各対局者と2回ずつ対局する方式に変更。
  • 各リーグの上位1名が女流2級として正式な女流棋士となる。

1996年度後期から2003年度前期まで[編集]

  • 女流育成会会員はA級・B級に分けられ、新規会員はまずB級よりスタートし、勝ち星により順位をつける。
  • B級1位になるとA級に昇級。さらにA級1位になると女流2級として女流棋士になれる。ただし、制度開始後数年は昇級者が2名のときや降級者(A級からB級に落ちる)が発生するなどしている。
  • 18局を超えない範囲で総当たりのリーグ戦が組まれる。7名以下のときは同一相手と3局、8名以上10名以下のときは2局、11名以上のときは1局ずつ対戦するようになっている[注釈 2]

2003年度後期から2008年度後期まで[編集]

  • 女流育成会会員全員による総当たり戦で対局を行い、勝ち星により順位をつける方式に変更。参加者が10名以下のときは2局ずつ行うのは、A級・B級に分かれていたときと同じ。
  • 1位に昇級点をつけ、昇級点2個を獲得すると女流2級として女流棋士になる。
  • 新規女流棋士が誕生した場合は、昇級点を持たない者の中で成績上位のもの1名(昇級点を持たない者が10名以上いる場合には2名)に新たに昇級点をつける。ただし勝率6割未満の者は除かれる。
  • 30歳を迎えると新たな期には参加できない。ただしその者が昇級点を持っており、勝ち越しを続けた場合には6期3年まで延長が認められる。
  • 2003年度前期までの段階でA級に所属していたものには昇級点1を開始時点で付与している。

育成会出身者[編集]

育成会から女流デビューした者[編集]

1986年から1989年までは女流2級ではなく女流3級(仮会員)としてデビュー、その後既定の成績を上げて正式な女流棋士となった。

No 女流棋士 女流2級昇級日 入会日 備考
1 清水市代 1985年04月01日 1984年4月 入れ替え戦により女流2級[注釈 3]
2 高群佐知子 1986年03月01日[注釈 4] 1984年4月 1987年4月1日女流初段。
3 斎田晴子 1986年04月01日[注釈 4] 1985年4月 1987年4月1日女流1級。
4 横山澄恵 1987年03月01日[注釈 4] 1985年4月 1度の降格を経て、1989年3月1日女流1級。
5 鹿野圭生 1987年03月01日[注釈 4] 1984年4月 1度の降格を経て、1989年3月1日女流1級。
6 植村真理 1988年03月[注釈 4] 1987年3月 1989年3月1日女流1級。
7 船戸陽子 1988年03月17日[注釈 4] 1986年4月 1度の降格を経て、1990年3月女流1級。
8 大庭美樹 1990年04月01日 1984年4月 これより仮会員制度(3級)廃止
9 古河彩子 1991年03月01日 1987年3月
10 高橋和 1991年03月01日 1988年4月
11 林まゆみ 1992年04月01日 1991年4月 これより年2回のリーグ。
12 本田小百合 1992年04月01日 1990年4月
13 久津知子 1992年10月01日 1990年4月
14 矢内理絵子 1993年04月01日 1990年4月
15 石橋幸緒 1993年10月01日 1993年4月 1期抜け。
16 中倉彰子 1994年04月01日 1992年10月
17 碓井涼子 1994年10月01日 1994年4月 奨励会在籍中に入会[注釈 5]。1期抜け。
18 伊藤明日香 1995年04月01日 1993年4月
19 木村さゆり 1995年10月01日 1995年4月 奨励会退会後に入会。
20 中倉宏美 1995年10月01日 1991年4月
21 島井咲緒里 1996年04月01日 1995年4月 2期抜け。
22 早水千紗 1996年10月01日 1996年4月 1期抜け。
23 甲斐智美 1997年04月01日 1995年10月
24 比江嶋麻衣子 1997年10月01日 1996年4月
25 安食総子 1998年04月01日 1992年4月 これよりA・B級クラス導入。
26 大庭美夏 1998年04月01日 1984年4月 在籍14年は最長。
27 藤田綾 1998年10月01日 1997年4月
28 上川香織 1999年04月01日 1997年4月
29 野田澤彩乃 1999年10月01日 1997年10月
30 山田朱未 2000年04月01日 1997年10月
31 北尾まどか 2000年10月01日 1997年10月
32 上田初美 2001年04月01日 1995年10月 7歳での入会は史上最年少。
33 坂東香菜子 2001年10月01日 1997年10月
34 村田智穂 2002年04月01日 2000年4月
35 鈴木環那 2002年10月01日 1997年10月
36 中村真梨花 2003年04月01日 1998年4月
37 貞升南 2003年10月01日 2000年4月
38 里見香奈 2004年10月01日 2003年10月 2期抜け。これより育成会員全員による総当たり制。
39 井道千尋 2005年04月01日 2003年4月
40 室田伊緒 2005年10月01日 2004年10月 2期抜け。
41 伊奈川愛菓 2006年10月01日 2003年10月
42 熊倉紫野 2007年04月01日 2002年10月
43 中村桃子 2007年10月01日 1997年10月
44 山口恵梨子 2008年04月01日 2003年4月
45 香川愛生 2008年10月01日 2007年4月
46 渡辺弥生 2009年04月01日 2006年4月 育成会から昇級した最後の女流棋士。

育成会から研修会を経て女流デビューした者[編集]

No 女流棋士 女流2級昇段 入会日 備考
1 室谷由紀 2010年07月17日 2008年10月 2009年4月、研修会D1に編入。2009年10月1日女流3級。
2 相川春香 2013年08月17日 2006年4月 2009年4月、研修会D2に編入。2011年10月1日女流3級。
3 飯野愛 2013年10月01日 2006年4月 2009年4月、研修会D2に編入。
4 高浜愛子 2016年02月15日 2003年10月 2009年4月、研修会D1に編入。2014年4月1日女流3級。
5 堀彩乃 2017年03月13日 2008年4月 2009年4月、研修会E1に編入。2016年8月15日女流3級。育成会出身者としては最後

その他[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 『近代将棋』 蛸島彰子と女流棋界の歩み 1999年1月号
  2. ^ 女流プロ昇格、厚い壁 将棋連盟新制度、1年余で1人だけ
  3. ^ 『将棋世界』伊藤果「詰将棋サロン解説」1997年1月号

注釈[編集]

  1. ^ リーグ下位成績者2名には降級点がつけられていた。この制度により、女流棋士制度創設時に女流棋士になった村山幸子が1989年、女流育成会行きを拒否し引退した。
  2. ^ 近代将棋2007年12月号、135ページで2007年度後期のリーグ戦参加者が10名となったため「規定により先後で2回ずつ当たる18回戦のリーグとなった」と記されている。
  3. ^ 初年度のリーグで成績優秀者だった清水市代が女流棋戦で成績下位だった寺下紀子との入れ替え戦で勝利して女流2級としてデビュー。一方寺下は女流育成会行きを拒否し引退した。
  4. ^ a b c d e f 女流3級
  5. ^ 矢内理絵子甲斐智美は育成会卒業後に女流棋士になってから奨励会に入会。また木村さゆりは奨励会退会後に育成会に入会していたため、奨励会と女流育成会に同時に入会していたのは碓井だけである。

参考文献[編集]

  • 蛸島彰子と女流棋界の歩み 『近代将棋』1999年1月号
  • 特集、女流棋界 『将棋世界』1988年5月号

外部リンク[編集]