この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

竹部さゆり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

 竹部さゆり 女流四段
名前 竹部さゆり
旧姓 木村
生年月日 (1978-06-04) 1978年6月4日(41歳)
プロ入り年月日 1995年10月1日(17歳)
棋士番号 19
出身地 神奈川県逗子市
師匠 伊藤果七段
段位 女流四段
戦績
2019年1月16日現在
テンプレートを表示

竹部 さゆり(たけべ さゆり、旧姓は木村(きむら)、1978年6月4日 - )は、日本将棋連盟所属の女流棋士神奈川県逗子市出身。伊藤果七段門下。女流棋士番号は19。

経歴

  • 小学校3年の時に将棋道場に通い始めた[1]
  • 1993年、中学生名人戦でベスト8に入り奨励会に入会した。同じ頃に、女流の碓井涼子矢内理絵子も奨励会に在籍しており、「奨励会3人娘」と呼ばれていた。
  • 1995年に奨励会を4級で退会し、4月に女流育成会に入会した後、10月に女流2級としてプロデビュー。タイトル挑戦するなど1年半で女流二段にまで昇段した。
  • 1996年の第4期倉敷藤花戦清水市代に挑戦したが、0-2で敗退。
  • 2001年に結婚し、女流棋士としての活動名を「木村さゆり」から「竹部さゆり」に変更。
  • 2002年の第7回鹿島杯で決勝三番勝負に進出したが、石橋幸緒に1-2で敗退。
  • 2007年3月12日から2008年3月31日まで休場した。

昇段履歴

  • 1993年10月 - 奨励会6級入会
  • 1995年4月 - 女流育成会入会
  • 1995年10月1日 - 女流2級
  • 1996年4月1日 - 女流1級
  • 1996年10月19日 - 女流初段
  • 1997年4月1日 - 女流二段
  • 2003年5月20日 - 女流三段
  • 2019年1月16日 - 女流四段(勝数規定 - 女流三段昇段後120勝)[2]

  1. ^ 竹部さゆり. “将棋を始めたきっかけ”. 女流棋士会. 2017年5月13日閲覧。
  2. ^ 竹部さゆり女流三段が北尾まどか女流二段に勝ち1勝0敗に 第1期ヒューリック杯清麗戦予選|棋戦トピックス|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟. 2019年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月16日閲覧。

関連項目

外部サイト