安食総子

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 安食総子 女流初段
名前 安食総子
生年月日 (1974-05-02) 1974年5月2日(48歳)
プロ入り年月日 1998年4月1日(23歳)
女流棋士番号 22
出身地 東京都武蔵野市
所属 日本将棋連盟(関東)
師匠 青野照市九段
段位 女流初段
女流棋士DB 安食総子
2015年2月12日現在
テンプレートを表示

安食 総子(あじき ふさこ、1974年5月2日 - )は、将棋女流棋士東京都武蔵野市出身。青野照市九段門下。女流棋士番号22。棋戦に参加するほかに、棋戦中継の聞き手としてテレビ等のメディアにも出演。女流棋士引退規定により「2022年4月1日付引退者(引退日未定)」に該当することが日本将棋連盟より公表される[1]。参加中の棋戦(白玲戦・女流順位戦、当該棋戦の参加年限は未定)終了後に引退予定。

人物

  • ニックネームは「あじあじ」「あじじ」「あじー」。
  • 父は将棋好きでアマ四段の腕前。金属鉱業事業団(現在の石油天然ガス・金属鉱物資源機構)に勤めておりブラジルリオデジャネイロへ赴任。1982年、大山康晴十五世名人がブラジル訪問した際には案内役を務めた。ブラジル赴任には当時小学1年生だった安食も同行。小学4年生まで同地で過ごす。「海外でいろいろ経験して、あまり動じなくなった」と語っている[2]
  • 得意戦法は四間飛車。目標にしている斎田晴子の影響を強く受けている。
  • 日本将棋ネットワークで定期的に指導対局を行っており、かつては将棋倶楽部24ハンゲームなどインターネット将棋サイトでも行ったことがある。
  • 2009年度までNHK杯将棋トーナメントでは読み上げ係を務めた。
  • 2008年1月、6年越しの交際を経て、将棋のアマチュア強豪選手、細川大市郎と結婚することを発表し、同年3月に挙式[3]
  • 趣味は動物園巡り。特にパンダが好き[4]

略歴

テレビ

関連項目

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 昇段・引退・休場棋士のお知らせ”. 日本将棋連盟 (2022年4月1日). 2022年6月8日閲覧。
  2. ^ ブラジル編(8) 女流棋士・安食総子:中日新聞Web” (日本語). 中日新聞Web. 2021年5月16日閲覧。
  3. ^ 週刊将棋』(2008年1月9日号、毎日コミュニケーションズ
  4. ^ 動物園めぐりが趣味の安食総子女流初段、近況を語る (2020年10月24日)” (日本語). エキサイトニュース. 2021年5月16日閲覧。

外部リンク