この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

室田伊緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

 室田伊緒 女流二段
Murota io shogi.jpg
平成29年11月、姫路市で行われた人間将棋にて
名前 室田伊緒
生年月日 (1989-05-24) 1989年5月24日(29歳)
プロ入り年月日 2005年10月1日(16歳)
棋士番号 35
出身地 愛知県春日井市
師匠 杉本昌隆七段
段位 女流二段
戦績
2014年9月11日現在

室田 伊緒(むろた いお、1989年5月24日 - )は、日本将棋連盟関西本部)所属の女流棋士女流棋士番号は35。愛知県春日井市出身。杉本昌隆七段門下。愛知県立春日井南高等学校を経て、愛知淑徳大学を2012年3月に卒業[1]

日本将棋連盟棋士会副会長(2015年6月 - 2017年5月)。

棋歴

  • 将棋を始めたのは11歳のとき。弟の影響を受けて将棋を始めたという。
  • 2004年には第36回女流アマ名人戦に優勝。同年の第42期赤旗名人戦にも出場し、男性トップアマを相手に本戦トーナメント入りし、準々決勝で吉田正和に敗れた。同棋戦の女性の本戦入りは大会史上初。
  • 2004年後期、女流育成会に入会。翌2005年10月、制度上最短となる1年(2期)で育成会を抜け、2005年10月1日付で女流2級としてプロ入り[注釈 1]
  • 第17期女流王位戦で予選を勝ち抜き、本戦リーグ入りを果たす(第17期女流王位戦の予選は2005年度に行われ、本戦リーグ戦は、年度をまたいだ2006年度に行われた)[2]。女流2級から女流1級への昇級規定「女流王位戦でリーグ入り」を満たし、プロ入りから半年後の、2006年4月1日付で女流1級に昇級。
  • 2007年度(2007年4月から2008年3月)に、女流初段への昇段規定「女流1級で指し分け以上(7勝以上)」を満たし[3]、2008年4月1日付で女流初段に昇段[4]
  • 2014年9月10日に、第26期女流王位戦予選で船戸陽子女流二段に勝利し、女流初段昇段後60勝となり、女流二段に昇段[5]

棋風

  • 得意戦法は四間飛車。『将棋世界』2006年8月号から2007年6月号まで、師匠の杉本昌隆七段とともに、「伊緒の振り飛車レッスン」というコーナーを連載していた。

昇級・昇段履歴

  • 2004年10月 - 女流育成会入会
  • 2005年10月1日 - 女流2級
  • 2006年4月1日 - 女流1級
  • 2008年4月1日 - 女流初段
  • 2014年9月10日 - 女流二段

エピソード

  • 2008年4月から9月まで、師匠の杉本昌隆七段が出演したNHK将棋講座『杉本昌隆の振り飛車ナビゲーション』で聞き手を務めた。
  • 同じ日本将棋連盟関西本部所属の女流棋士である里見香奈・井道千尋(井道は2007年度に関東へ移籍)とともに、「キラリっ娘のそよ風日記」というブログを、2006年5月14日から2010年5月15日までの4年間、交代で執筆・公開していた。
  • 2012年2月20日に、2年半の交際期間を経て、囲碁棋士の井山裕太と同年の2月18日に婚約したこと、5月末に入籍予定であることを公表した[6][注釈 2]。同年5月24日の両名の誕生日に結婚した[9]。その後、離婚したことを2016年1月に公表した[9][10]
  • 2012年4月1日-2015年3月31日、愛知県春日井市のかすがい「人・夢創り」文化スポーツ大使を務めた[11][12][13]
  • 2015年6月4日-2017年5月28日、日本将棋連盟棋士会の副会長を務めた[14]
  • 2016年1月22日より、愛知県春日井市広報大使を務めている[15]

注釈

  1. ^ 2006年現在、育成会の2期抜けは島井咲緒里(旧制度)、里見香奈と室田のみ。
  2. ^ 婚約を発表した2012年2月20日の時点で、井山の囲碁棋士としての段位は九段。「十段」と「天元」の二冠を保持。同じく2012年2月20日の時点で、「名人」を2期獲得した実績を有する。井山と室田は、誕生日が同じ「1989年5月24日」である。両名とも大阪を拠点に囲碁棋士・将棋女流棋士として活動していることで(井山は日本棋院関西総本部に所属、室田は日本将棋連盟関西本部に所属)、3年前から交際し[7]、2012年2月20日の婚約発表に至った[8]

出典

  1. ^ 愛知県春日井市公式サイト 『かすがい「人・夢創り」文化スポーツ大使 室田伊緒さん』(Web魚拓)
  2. ^ 日本将棋連盟 『第17期女流王位戦(2006年)予選』
  3. ^ 室田伊緒女流1級 2007年度公式戦成績
  4. ^ 日本将棋連盟 2008年4月1日 『2008年4月1日付昇段(女流棋士)』
  5. ^ 室田伊緒女流初段が女流二段に昇段”. 日本将棋連盟 (2014年9月11日). 2015年5月4日閲覧。
  6. ^ 室田伊緒女流初段が囲碁棋士の井山裕太天元・十段と婚約”. 日本将棋連盟 (2012年2月20日). 2017年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月25日閲覧。
  7. ^ 産経新聞 2012年2月20日 『囲碁の井山十段と将棋の室田女流初段が婚約』(Web魚拓)
  8. ^ 西日本新聞 2012年2月20日 『井山天元と室田女流が婚約 囲碁と将棋のカップル誕生』(Web魚拓)
  9. ^ a b 囲碁・井山裕太六冠、将棋・室田伊緒女流二段と離婚”. 産経新聞(SankeiBiz). 2017年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月25日閲覧。
  10. ^ 【井山7冠どんな人】高校進学せず囲碁に専念「悔いないように」”. スポーツニッポン. 2017年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月25日閲覧。
  11. ^ 日本将棋連盟 2012年4月4日 『室田女流初段が、かすがい「人・夢創り」文化スポーツ大使に』
  12. ^ 2012年3月3日 かすがい「人・夢創り」文化スポーツ大使引継式
  13. ^ 2015年3月19日 かすがい「人・夢創り」文化スポーツ大使引継式
  14. ^ 日本将棋連盟 2015年6月5日 棋士会役員のお知らせ
  15. ^ http://mainichi.jp/articles/20160123/ddl/k23/040/275000c

関連項目

外部サイト