清麗戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清麗戦
棋戦の分類 女流タイトル戦
正式名称 ヒューリック杯清麗戦
開催概要
開催時期 予選:1月 - 7月
タイトル戦:8月 - 9月
初回開催 2019年度
持ち時間 予選:2時間
本戦:3時間
タイトル戦:4時間
番勝負 五番勝負
優勝賞金 700万円
主催 ヒューリック日本将棋連盟
記録
現清麗 里見香奈(第1期)
最多優勝 里見香奈(1期)
テンプレートを表示

ヒューリック杯清麗戦(ヒューリックはいせいれいせん)は、ヒューリック日本将棋連盟が主催する将棋の棋戦女流タイトル戦)。五番勝負の勝者は清麗のタイトル称号を得る[1]2019年度から開催される[1]

概要[編集]

優勝賞金は700万円と従来の最高額であったマイナビ女子オープンリコー杯女流王座戦の500万円を抜いて最高額となり[2]、清麗戦の女流タイトル戦としての序列は単独1位となる[3]。女流タイトル戦の新設は2011年度に創設された女流王座戦以来、8年ぶりである[2]

ヒューリックは2018年度より棋聖戦に特別協賛しているが、本棋戦の創設に伴う記者会見(2018年12月12日)において、ヒューリック会長の西浦三郎は、本棋戦を創設した理由について「タイトル戦は男性棋戦が8つ、女流棋戦が6つ。女流棋戦を活性化させていく必要がある」と述べた[4]

本棋戦の名称について、同じく本棋戦の創設に伴う記者会見において、日本将棋連盟常務理事(女流六段)の清水市代は「清く麗しい、という女性らしい華やかさが現れた棋戦名を選んで頂いた」という旨を述べた[3]

方式[編集]

予選・本戦トーナメントを行い、挑戦者を決定する。清麗と挑戦者が五番勝負を行い、勝者が新たな清麗となる。

本棋戦への参加資格は女流棋士のみにあり、女性奨励会員[注釈 1]やアマチュアには参加資格がない[3]

予選[編集]

清麗保持者以外の全参加者が出場。

予選トーナメントと、その敗者が出場する再挑戦トーナメントがあり、予選トーナメント優勝者と、再挑戦トーナメントを勝ち抜いた3名の計4名が本戦出場となる。合わせて6勝(一部は7勝)すれば予選通過する仕組みになっている。持ち時間は2時間(チェスクロック方式)。[5]

従来、女流棋戦の予選は1敗すれば終わりの勝ち抜きトーナメントが多かったが、本棋戦は1敗してもまだチャンスがあり[2]、日本将棋連盟会長の佐藤康光も「対局機会を増やすまたとないチャンス」と位置づけている[2]

予選トーナメント[編集]

倉敷藤花戦同様に全出場者が少なくとも2回戦から出場。敗者は再挑戦トーナメントに回る。優勝者は本戦出場。

再挑戦トーナメント[編集]

予選トーナメント1-2回戦敗者(第2期は33名)、3回戦敗者(16名)、4回戦敗者(8名)、準々決勝敗者(4名)、準決勝敗者(2名)ごとにそれぞれ分かれてトーナメントを行う。各ブロック優勝者と予選トーナメント決勝敗者の計6名が抽選で3組に分かれ対局し、それぞれの勝者(計3名)が本戦出場となる。

本戦[編集]

予選を勝ち抜いた4人で本戦を行い、優勝者が挑戦者となる。持ち時間は3時間(チェスクロック方式)。

五番勝負[編集]

清麗と挑戦者が五番勝負を行う。持ち時間は4時間(チェスクロック方式)。

過去の方式[編集]

第1期[編集]

予選・本戦トーナメントで清麗を争う。本戦の決勝進出者2名で五番勝負を行い、勝者が第1期清麗となった(里見香奈が第1期清麗)。

予選[編集]

予選は全員が参加するリーグ戦形式[3]、成績が同じ勝敗数同士が対戦して6勝で予選通過、2敗で敗退[2]。第2期よりトーナメント方式に変更されたが、6勝で予選通過、2敗で敗退のシステムは共通していて、組み合わせの決め方も似ている。

総数62名 ⇒ A 32名[30名+不戦2名]/B 30名
1回戦 (A)1勝0敗 : 32名 ⇒ C/D 各16名 (B)0勝1敗 : 30名
D 16名[14名+不戦2名]/敗退 14名
2回戦 (C)2勝0敗 : 16名 ⇒ E/F 各8名 (D)1勝1敗 : 32名
F 16名/敗退 16名
0勝2敗
14名 敗退
3回戦 (E)3勝0敗 : 8名 ⇒ G/H 各4名 (F)2勝1敗 : 24名
H 12名/敗退 12名
1勝2敗
16名 敗退
-
4回戦 (G)4勝0敗 : 4名 ⇒ I/J 各2名 (H)3勝1敗 : 16名
J 8名/敗退 8名
2勝2敗
012名 敗退0
-
5回戦 (I)5勝0敗 : 2名 ⇒ K/L 各1名 (J)4勝1敗 : 10名
L 5名/敗退 5名
3勝2敗
08名 敗退0
-
6回戦
(K)6勝0敗
1名 本戦へ
(L)5勝1敗 : 6名
M 3名/敗退 3名
4勝2敗
05名 敗退0
-
7回戦 -
(M)6勝1敗
3名 本戦へ
5勝2敗
03名 敗退0
-
- 本選出場(6勝) 敗退(2敗)

出場女流棋士62名に1-64の番号が割り与えられ(32、64は空き番)、勝敗とその番号に基づいて各回戦の組み合わせが決められる。

1回戦から5回戦は、若い番号から順にそれぞれグループ分けされる。グループ分けは、1回戦では2名ずつ、2回戦では4名ずつ、3回戦では8名ずつ、4回戦では16名ずつ、5回戦では32名ずつとなる(空き番の32番、64番も1名としてカウント)。各回戦の各グループにおいては全勝同士、1敗の同回戦敗者同士でそれぞれ対局が組まれる。1回戦、2回戦では、対局相手が空き番(32、64)になる者は不戦勝として1勝がカウントされる(1回戦では第1シードとして当時のタイトル保持者である渡部愛(31番)と里見香奈(63番)が該当)。6回戦はグループ分けをせずに同様に対局が組まれる。7回戦は5勝1敗の6名が3組に分かれて対局する(組み合わせ確定方法は不明)。

本戦[編集]

本戦を勝ち抜いた4人が出場。決勝戦は五番勝負として行われるので、本戦進出者が1対1で対局し、勝者が五番勝負に進出[2]。持ち時間は3時間(チェスクロック方式)[1]

五番勝負[編集]

本戦の勝者2人が五番勝負を行い、勝者が第1期清麗となる[2]。持ち時間は4時間(チェスクロック方式)[1]

クイーン清麗[編集]

清麗を通算5期獲得した女流棋士には「クイーン清麗」の称号が与えられる[2]

歴代結果[編集]

  • ”は予選全勝通過者、赤色は番勝負の勝者。
  • 番勝負の勝敗欄の○●は優勝者・前期清麗側から見た勝敗。千は千日手、持は持将棋。千日手局と指し直し局にはアンダーラインを表記。
開催年 清麗戦五番勝負 本戦
決勝進出者 勝敗 決勝進出者 - ベスト4
1 2019 里見香奈 ○○○ 甲斐智美 0-0 頼本 中村真
開催年 清麗 勝敗 挑戦者 挑決敗者 ベスト4
2 2020 里見香奈

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 女流タイトルに在位中の女性奨励会員であっても、本棋戦には出場できない[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 女流新棋戦「ヒューリック杯清麗戦」が誕生” (日本語). 日本将棋連盟 (2018年12月12日). 2018年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 7個目の女流棋戦を新設、過去最高の賞金700万円” (日本語). 日刊スポーツ (2018年12月12日). 2018年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月13日閲覧。
  3. ^ a b c d 女流将棋界に新タイトル戦「清麗戦」誕生 7大タイトル戦に” (日本語). スポーツ報知 (2018年12月12日). 2018年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月13日閲覧。
  4. ^ a b 産経新聞』(東京本社)2018年12月13日付朝刊、14版、24面「社会」。
  5. ^ 第2期ヒューリック杯清麗戦(予選)”. 日本将棋連盟. 2019年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]