この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

塚田恵梨花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

 塚田恵梨花 女流初段
名前 塚田恵梨花
生年月日 (1998-08-27) 1998年8月27日(21歳)
プロ入り年月日 2014年10月1日(16歳)
棋士番号 51
出身地 東京都杉並区
師匠 塚田泰明九段
段位 女流初段
戦績
2019年4月1日現在
テンプレートを表示

塚田 恵梨花(つかだ えりか、1998年8月27日 - )は、日本将棋連盟所属の女流棋士塚田泰明九段は父であり師匠。高群佐知子女流四段は母。女流棋士番号は51。東京都杉並区出身[1]

棋歴

女流プロになるまで

塚田泰明・高群佐知子 夫妻の長女として出生。母から将棋のルールを教わったが、あまり真剣ではなかった[2]。小学校4年で出場した大会で、同学年(1998年度生まれ)で後に女流棋士となる竹俣紅に負けたことが契機で、将棋に真剣に取り組むようになった[2]

2009年、小学5年で、小学生駒姫名人戦・初級者の部で優勝[3]。翌年の2010年には、同小学校6年で、小学生駒姫名人戦で準優勝[3][4]

中学1年であった2011年11月25日に、関東研修会にD2で入会してプロを目指す。この年、アマ大会では、第2回YAMADAこども将棋大会・中学生の部で準優勝[5]

2年後の2013年7月、第7期マイナビ女子オープンのチャレンジマッチを勝ち抜き、一斉予選への出場権を獲得[6]。8月の一斉予選では、初戦で中村桃子を破って[7]対プロ公式戦初勝利を上げ、本戦に進出するが[8]、10月17日に行われた本戦の1回戦で室谷由紀に敗れる[9][10]。この年、アマ大会では、中学3年で、8月の第2回TOMASCUP小中学生将棋大会・Aクラスで3位[11][12]、同月の第34回全国中学生選抜将棋選手権・女子の部で3位[13]

2014年4月13日、6連勝で研修会C1に昇級し、女流3級の資格を得る。この年、アマ大会では、高校1年で、7月の第38回全国高等学校総合文化祭「いばらき総文2014」将棋部門・女子個人の部で第5位[14]。8月9日の第8期マイナビ女子オープンの一斉予選にはアマとして出場。前期の本戦入りの実績により、チャレンジマッチを免除されて一斉予選にシードされた[15]。8月9日に行われた一斉予選の1回戦では、前期と同じく中村桃子に勝ち、決勝では中倉宏美に勝利し、2年連続での本戦入りを決めた[16][17]

同年9月に女流棋士への資格申請書を提出。本来は女流3級(女流棋士仮会員)としてスタートするところ、女流3級から女流2級への昇級規定『女流1級に相当する成績(マイナビ女子オープンで本戦入り)』をこの時点で満たしていたため、10月1日付で女流2級(正式な女流棋士)となることが決定した。[1]

将棋界において、棋士または女流棋士で、両親がともに将棋のプロ棋士であるのは、塚田恵梨花が唯一の事例[1]

女流プロ入り後

2014年10月1日付で女流2級としてプロ入り。

2017年度、第7期女流王座戦で一次予選を勝ち抜き、6月23日の二次予選で長谷川優貴に勝って本戦出場を果たし、女流1級に昇級した[18]

2018年度にて、「年度指し分け以上(7勝以上)」を満たしたことにより、2019年4月1日付で女流初段に昇段[19]

人物

居飛車党[20]

高校時代は陸上部[20]。女流棋士として、日本将棋連盟(関東)のフットサル部に参加するなど、スポーツ面でも活動[20]

両親も棋士というプロフィールから賢そう、難しそうなどのイメージをもたれることが多いため、「普通の女の子だね」と言われることが嬉しいという[21]

昇段級履歴

  • 2011年12月25日 - 関東研修会C2入会
  • 2014年4月13日 - 関東研修会C1に昇級(女流3級資格)
  • 2014年10月1日 - 女流2級
  • 2017年6月23日 - 女流1級(女流王座戦本戦進出)
  • 2019年4月1日 女流初段(年度指し分け以上(7勝以上))

脚注

注釈

出典

  1. ^ a b c 塚田恵梨花研修会員が10月より女流2級に”. 日本将棋連盟 (2014年9月22日). 2017年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月3日閲覧。
  2. ^ a b 高群佐知子(談)「棋士に聞く本音対談 高群佐知子X山田久美」、『将棋世界』(2013年11月号)、日本将棋連盟、 pp. 110-122
  3. ^ a b 小学生駒姫名人戦”. 日本将棋連盟. 2017年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  4. ^ 「第3回小学生駒姫名人戦」大会結果”. 日本将棋連盟 (2010年8月7日). 2017年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  5. ^ YAMADAこども将棋大会”. 日本将棋連盟. 2017年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月27日閲覧。
  6. ^ 塚田さん、高柳さん通過”. マイナビ女子オープン中継ブログ (2013年7月13日). 2017年3月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  7. ^ 1回戦午後 終局”. マイナビ女子オープン中継ブログ (2013年8月17日). 2017年3月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  8. ^ 予選通過進出者決まる”. マイナビ女子オープン中継ブログ (2013年8月17日). 2017年3月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  9. ^ 室谷女流初段が勝ってベスト8へ”. マイナビ女子オープン中継ブログ (2013年10月17日). 2017年3月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年3月22日閲覧。
  10. ^ 第7期マイナビ女子オープン本戦”. 日本将棋連盟. 2017年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  11. ^ TOMAS CUP 第2回小中学生将棋大会開催報告”. 日本将棋連盟 (2013年8月15日). 2017年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月22日閲覧。
  12. ^ TOMAS CUP 小中学生将棋大会”. 日本将棋連盟. 2015年12月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  13. ^ 第34回全国中学生選抜将棋選手権大会 平成25年8月2~4日/天童市・ほほえみの宿「滝の湯」 女子決勝トーナメント”. 日本将棋連盟. 2017年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月22日閲覧。
  14. ^ いばらき総文2014 将棋部 大会結果報告”. 第38回全国高等学校総合文化祭「いばらき総文2014」公式サイト (2014年7月28日). 2014年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月27日閲覧。
  15. ^ 2014年8月9日 第8期マイナビ女子オープン予選 中村桃子女流初段 対 塚田恵梨花アマ 1手目棋譜コメント”. マイナビ女子オープン中継ブログ (2013年8月17日). 2017年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  16. ^ 一斉予選”. マイナビ女子オープン中継ブログ (2014年8月9日). 2017年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月22日閲覧。
  17. ^ 第8期マイナビ女子オープン<マイナビ> 予選”. 日本将棋連盟. 2017年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  18. ^ 塚田恵梨花女流2級が女流1級に昇級”. 日本将棋連盟 (2017年6月26日). 2017年6月26日閲覧。
  19. ^ 昇段・引退棋士のお知らせ”. 日本将棋連盟 (2019年4月1日). 2019年4月2日閲覧。
  20. ^ a b c 塚田九段の弟子は、攻めっ気100%?藤森四段と娘の塚田女流2級、塚田一門をご紹介!”. 日本将棋連盟公式サイト-将棋コラム(ライター:直江雨続) (2017年1月31日). 2017年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月1日閲覧。
  21. ^ 将棋の女流棋士だって素顔は普通の女の子 塚田恵梨花女流1級「話題は同世代の大学生と同じ」”. Abema TIMES (2017年12月22日). 2017年12月26日閲覧。

関連項目

外部リンク