女流王座戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
女流王座戦
棋戦の分類 女流タイトル戦
正式名称 リコー杯女流王座戦
開催概要
開催時期 予選:4月 - 9月
タイトル戦:10月 - 12月
初回開催 2011年度
持ち時間 1次予選:40分
2次予選・本戦・タイトル戦:3時間
番勝負 五番勝負
優勝賞金 500万円
主催 リコー
協賛 日本経済新聞社
公式サイト リコー杯女流王座戦中継サイト
記録
現女流王座 里見香奈(第8期)
永世資格者 該当者なし
最多優勝 加藤桃子/里見香奈(4期)
最長連覇 里見香奈(3連覇)
テンプレートを表示

リコー杯女流王座戦(リコーはいじょりゅうおうざせん)は、リコーが主催・日本経済新聞社が特別協力する[1]将棋女流タイトル戦。2011年創設。10月頃から挑戦手合制の五番勝負が行われ、勝者には女流王座の称号が与えられる。優勝賞金は女流棋戦ではヒューリック杯清麗戦に次ぐ500万円(マイナビ女子オープンと同額)、準優勝賞金は150万円である。

概要[編集]

女流将棋界のさらなる発展と将棋の普及活動を目標に、OA機器メーカーのリコー日本将棋連盟が合意し創設された6番目の女流タイトル戦である。本棋戦は、マイナビ女子オープンと同様に女性アマチュア選手の出場を可能としているが、将棋関係者から有段者と認められたアマチュアのみ出場可能なマイナビ女子オープンとは異なり、申し込みを行えば[2]誰でも出場できる[3]完全オープン大会という点で画期的な公式女流棋戦である。

将棋のグローバル化を図るため将棋界初の海外出場枠を設けている(後述)。

優勝賞金はマイナビ女子オープンと同額であり、かつては日本将棋連盟公式サイトの棋戦情報ページおよびサイドバーでは、両棋戦を上下に並べず、左右に並べていたが[4]、2016年9月の公式サイトリニューアル[5]に伴い、サイドバーではマイナビ女子オープンの下に並べるようになった[6]

第4期の西山朋佳-久津知子戦で、棋譜入力にタブレット端末が初めて使用された。

方式[編集]

アマチュア予選、1次予選、2次予選、本戦トーナメントを行い、女流王座への挑戦者を決定する。女流王座と挑戦者が五番勝負を戦い、その勝者が新女流王座となる。

アマチュア予選は東日本と西日本の2ヶ所に分けて開催し、それぞれ1日で1次予選出場者を決定する。また、1次予選も同様に1日で2次予選出場者を決定する。

アマチュア予選[編集]

女性奨励会員以外の女性アマチュア選手が参加する。アマ東日本予選大会(東京)とアマ西日本予選大会(大阪)の2回行われる。同日開催でなく時差開催のため、最初の大会で敗退した場合もう一方の大会の参加も可能である。ただし、各大会とも定員は64名であり、申し込み多数の場合は抽選となる。

午前は2勝通過、2敗敗退の予選。午後は決勝トーナメントを行い、1次予選出場者を決定する。なお、両大会とも予選内容は同一であるが、1次予選出場者の人数は大会ごとに異なる場合もある(第1期は東京5名、大阪3名)。

持ち時間は各20分[7]チェスクロック使用)で、切れたら1手30秒未満。

1次予選[編集]

シード者以外のエントリーした女流棋士、女性奨励会員、海外出場枠選手およびアマチュア予選通過者が参加するトーナメント。マイナビ女子オープンの予選と同様に一斉対局で行われる。

持ち時間は各40分(チェスクロック使用)で、切れたら1手1分未満。

2次予選[編集]

前期ベスト8進出者(タイトルホルダーは除く、最大4名(第1期は成績選抜で8名))および1次予選通過者が参加。各組の2名が対戦し、勝者が本戦に進出する。シード人数が不定のため出場枠は毎年変動する。

持ち時間は各3時間(チェスクロック使用)で、切れたら1手1分未満。

本戦トーナメント[編集]

予選を勝ち抜いた者と本戦シード者の計16名のトーナメントにより、女流王座への挑戦者が決定される。シード権は前期ベスト4進出者およびタイトルホルダー(第1期はタイトルホルダーのみ)。

持ち時間は各3時間。

五番勝負[編集]

女流王座と挑戦者が五番勝負を戦い、その勝者が新たな女流王座となる。ただし第1期は本戦トーナメント決勝が五番勝負で行われ、その勝者が初代女流王座となった。第4期は、タイトル保持者である里見が体調不良による休場のためタイトルを返上し、本戦トーナメントの決勝進出者2名による五番勝負となる[8]。 持ち時間は各3時間。1日制。

クイーン王座[編集]

女流王座を通算5期獲得した場合にはクイーン王座称号が与えられる[9]

歴代五番勝負[編集]

※第1期、第4期は後述理由による決勝五番勝負の成績。網掛けの対局者が勝者。○●は女流王座から見た勝敗、持は持将棋

年度 決勝進出者 勝敗 決勝進出者 ベスト4
1 2011 加藤桃子 ○●○●○ 清水市代 中村真 伊藤沙
女流王座 勝敗 挑戦者 決勝敗者 ベスト4
2 2012 加藤桃子 ○○○ 本田小百合 里見香 中村真 清水
3 2013 加藤桃子 ○●●● 里見香奈 本田 伊藤沙 渡辺
決勝進出者 勝敗 決勝進出者 ベスト4
4 2014 加藤桃子 ○○○ 西山朋佳 中村真 伊藤沙
女流王座 勝敗 挑戦者 決勝敗者 ベスト4
5 2015 加藤桃子 ○●持○●○ 伊藤沙恵 甲斐 里見香 西山
6 2016 加藤桃子 ●●● 里見香奈 西山 伊藤沙 香川
7 2017 里見香奈 ●●○○○ 加藤桃子 香川 室田 西山
8 2018 里見香奈 ○○○ 清水市代 伊藤沙 岩根 加藤桃
9 2019 里見香奈 西山朋佳 伊藤沙 加藤桃 岩根

シード[編集]

第1期シードについては女流タイトル保持者2名が本戦トーナメントからのシードとされた。

  • 甲斐智美(女王・女流王位)、里見香奈(女流名人・女流王将・倉敷藤花)

また下記8名が二次予選からのシードとなった。

  • 清水市代、中井広恵、斎田晴子、矢内理絵子、石橋幸緒、上田初美、岩根忍、中村真梨花

第2期以降は基本的には前期の番勝負敗退者、挑戦者決定戦敗退者およびベスト4が本戦シード、ベスト8が二次予選からの出場となる。

第5期について前期休場して番勝負を辞退した里見が復帰したために、本戦シードとなった。

アマチュア参加者[編集]

第1期アマチュア予選[編集]

初の完全女流オープン戦ということもあり第1期アマチュア予選参加者の中には、後に女流プロになる研修会員やアマチュア強豪の他にも、元女流棋士の林葉直子藤田麻衣子や現役を退いていた大庭美夏など多彩な顔ぶれが参加した。

西日本大会では中七海(のちに関西奨励会に入会し、2018年6月現在は初段)、長谷川優貴石本さくら、東日本大会では室谷早紀、中澤沙耶、小山田友希、飯田梨絵、飯野愛が一次予選に進出[10][11]し、そのうち、室谷早紀、中澤、小山田が二次予選にも進出した[12]

海外出場枠[編集]

一次予選には、将棋界の公式戦としては男女を通じて初となる「海外出場枠」が設けられている。

なお、第2期・第3期以外はいずれも1回戦で敗退している。

エピソード[編集]

  • 第1期は奨励会会員の加藤桃子奨励会2級・伊藤沙恵奨励会2級[21](級位は一次予選開始当時。本戦トーナメント参加中に両者とも奨励会1級に昇級)が、二人とも本戦トーナメントに進出。準決勝で両者の直接対決となった。結果、加藤が勝利し、決勝五番勝負に進出、清水市代との五番勝負を制して初代女流王座となった。初めて女流棋士の資格を持たない女性が女流タイトルを獲得した
  • 第2期は本田小百合が女流棋士となって20年目にして初めてタイトル挑戦権を得た。第1局は女流棋戦としては珍しい海外対局が2012年10月に中国上海市で行われる予定だったが、折からの中国での反日活動の激化により、東京・将棋会館での対局に変更された[22]
  • 2013年度は5月にマイナビ女子オープンで5冠同時制覇を果たした里見香奈であったが、その後女流王位・女流王将・倉敷藤花と立て続けにタイトルを失冠。一方で第3期では本戦トーナメントには勝ち上がり五番勝負に進出。五番勝負では加藤桃子をストレートで破り、初の女流王座を獲得し、これで女流6タイトル全てを獲得した初の女流棋士となった。
  • 第3期女流王座の里見香奈は体調不良のため、2014年3月1日から8月31日まで休場。復帰後に第4期五番勝負に出場予定であったが、体調が回復しないことから12月31日まで延長を申請し、日本将棋連盟役員会で受理された。これにより女流王座返上が決定し、スポンサーと日本将棋連盟の協議の結果、9月1日に予定されていた挑戦者決定戦の対局者、加藤桃子女王と西山朋佳奨励会初段により、女流王座決定戦五番勝負が行われることとなった[8]。女流棋士資格を持たない女性奨励会員同士での女流タイトル戦は初。
  • 第5期は本戦トーナメント準決勝で伊藤沙恵が里見香奈に勝利し、里見の女流最多連勝記録が21連勝でストップ。その後、伊藤は挑戦者決定戦でも甲斐智美に勝利しタイトル初挑戦。1勝1敗で迎えた第3局では284手の長期戦の末、女流棋戦の番勝負としては初の持将棋が成立した[23]。その後、年明けに2016年1月6日の第6局まで行われ、加藤桃子が防衛した。
  • 初代女流王座の加藤桃子は、タイトルホルダーおよび挑戦者として1期から7期まで連続して五番勝負に出続けていたが、2018年8月29日の第8期での本戦トーナメント準決勝で伊藤沙恵に敗れ、1期からの番勝負連続出場記録は7期で途切れた。
  • 第8期は、清水市代が49歳8か月で里見香奈に挑戦。3連敗に終わったが、女流タイトル戦登場の最年長記録となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 「第1期リコー杯女流王座戦五番勝負第1局-衝撃!16歳奨励会員が先勝」 - 『将棋世界』、2012年1月号、24頁。
  2. ^ 他の棋戦と異なり、女流棋士についてもエントリー制となっており、「女流王座戦だけ出場しない」という選択も可能である。 女流王座戦とは(2018年9月21日閲覧)。
  3. ^ 引退した女流棋士がアマチュア予選から出場することも可能である。米長邦雄の家→「まじめな私」の女性棋界(2011.4.10)記事
  4. ^ 棋戦情報”. 日本将棋連盟. 2016年8月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月5日閲覧。
  5. ^ 公式Webサイト、リニューアルにあたってのご挨拶”. 日本将棋連盟 (2016年9月12日). 2017年4月5日閲覧。
  6. ^ 日本将棋連盟主催棋戦一覧”. 日本将棋連盟. 2017年4月5日閲覧。
  7. ^ 第1期のみ各15分。
  8. ^ a b 「里見女流二冠、休場延長のお知らせ」「第4期リコー杯女流王座戦決勝五番勝負対局者決定およびスケジュールについて」 - 日本将棋連盟、2014年8月29日
  9. ^ 第6期リコー杯女流王座戦五番勝負 対局者およびスケジュールについて”. 日本将棋連盟 (2016年9月1日). 2017年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
  10. ^ 西日本大会表彰式
  11. ^ 東日本大会表彰式
  12. ^ 一次予選通過者
  13. ^ 「第一期リコー杯女流王座戦に将棋界初の海外出場枠として張天天さんが出場」 - 日本将棋連盟、2011年5月23日
  14. ^ 「第2期リコー杯女流王座戦1次予選海外招待選手にカロリーナ・ステチェンスカさんが出場」 - 日本将棋連盟、2012年4月26日
  15. ^ 「第3期リコー杯女流王座戦1次予選海外招待選手にカロリーナ・ステチェンスカさんが出場」 - 日本将棋連盟、2013年5月2日
  16. ^ 「第4期リコー杯女流王座戦一次予選海外招待選手に、中国の黄晟佳(こうせいか)さんが出場」 - 日本将棋連盟、2015年5月8日
  17. ^ 「第5期リコー杯女流王座戦一次予選が5月30日(土)に開幕」 - 日本将棋連盟、2015年5月8日
  18. ^ 「第6期リコー杯女流王座戦一次予選海外招待選手に、ウクライナのヴィクトリヤ・リャスニャンスカさんが出場」 - 日本将棋連盟、2016年5月19日
  19. ^ 「第7期リコー杯女流王座戦一次予選海外招待選手に、ウクライナのヴィクトリヤ・リャスニャンスカさんが出場」 - 日本将棋連盟、2017年5月7日
  20. ^ 「第8期リコー杯女流王座戦一次予選海外招待選手に、ベラルーシのタチアナ・ミリュコワさんが出場」 - 日本将棋連盟、2018年5月1日
  21. ^ 伊藤沙恵は、2004年の小学生将棋名人戦佐々木勇気菅井竜也に次いで3位。
  22. ^ 「第2期 リコー杯女流王座戦五番勝負、第一局の開催地・日程変更について」 - 日本将棋連盟、2012年9月27日
  23. ^ 持将棋成立。後日指し直しへ

外部リンク[編集]