YAMADA女流チャレンジ杯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

YAMADA女流チャレンジ杯(やまだじょりゅうチャレンジはい)は、日本将棋連盟が主催、ヤマダ電機が特別協賛する将棋の女流棋戦。2015年に新設され、2017年の第3回までは「女子将棋YAMADAチャレンジ杯」の名称で開催された。

方式[編集]

女流二段以下(女流3級を含む)でプロ入り15年以下の女流棋士(タイトル戦未出場)、アマチュア選抜1名によるトーナメント[1]

持ち時間は20分(チェスクロック使用)、切れたら一手30秒。

第3回以降、1回戦から準々決勝までの対局はまとめて1日で行う。準決勝及び決勝は8月に群馬県高崎市の「ヤマダ電機LABI1高崎」にて公開対局で開催される。

優勝者は翌年の正月に同じ会場で開催される「上州将棋祭り」にて「YAMADAこどもチャレンジ杯」(2017年より並行開催される子供向けの大会)の優勝者と席上対局を行う。

過去の方式[編集]

第1回[編集]

若手女流棋士15名(2015年4月1日時点で女流2級以上女流初段以下の女流棋士のうち、新しい順に15名)とアマチュア選抜選手1名によるトーナメント[2]

まず16名を8組に分けて予選対局を行い、勝者が本戦に出場。本戦は8月に「ヤマダ電機LABI1高崎」にて公開対局で開催され、1日で8名によるトーナメントの1回戦から決勝まで全ての対局を行った。持ち時間は予選が30分で本戦が10分(共にチェスクロック使用、切れたら一手30秒)。

第2回[編集]

女流初段以下(女流3級含む)の女流棋士とアマチュア選抜選手1名によるトーナメント[3]

持ち時間は20分(チェスクロック使用)で切れたら一手30秒。準決勝及び決勝が8月に「ヤマダ電機LABI1高崎」にて公開対局で開催された。

優勝者は翌年の正月に同じ会場で開催される「上州将棋祭り」にて上州YAMADAチャレンジ杯の優勝者と「上州YAMADAチャレンジ杯ドリームファイナル」と称したエキシビジョンマッチを行った。

歴代結果[編集]

結果[編集]

ベスト4以上の結果は以下の通り。称号、段位は対局当時のもの。

対局日 優勝 準優勝 ベスト4
1 2015年8月23日 渡部愛女流初段 竹俣紅女流1級 中村桃子女流初段 室谷由紀女流初段
2 2016年8月28日 渡部愛女流初段 貞升南女流初段 中澤沙耶女流初段 大庭美樹女流初段
3 2017年8月27日 石本さくら女流初段 鈴木環那女流二段 井道千尋女流二段[注釈 1] 山根ことみ女流初段
4 2018年8月19日 中澤沙耶女流初段 石本さくら女流初段 山根ことみ女流初段 加藤圭女流2級

脚注[編集]

  1. ^ 「上州YAMADAチャレンジ杯」「女子将棋YAMADAチャレンジ杯」「YAMADAこどもチャレンジ杯」開催のお知らせ”. 日本将棋連盟 (2017年4月28日). 2017年4月30日閲覧。
  2. ^ 女流新棋戦 「第1回女子将棋YAMADAチャレンジ杯」 開催のお知らせ”. 日本将棋連盟 (2015年4月25日). 2017年4月30日閲覧。
  3. ^ 新棋戦「上州YAMADAチャレンジ杯」開催のお知らせ”. 日本将棋連盟 (2016年4月16日). 2017年4月30日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ ただし特に休場等の発表はなかったが不戦のため準決勝の対鈴木戦は行われなかった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]