この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

大山名人杯倉敷藤花戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

倉敷藤花戦
棋戦の分類 女流タイトル戦
正式名称 大山名人杯倉敷藤花戦
開催概要
開催時期 本選:3月 - 9月
タイトル戦:11月
初回開催 1993年度
持ち時間 2時間
番勝負 三番勝負
主催 倉敷市
倉敷市文化振興財団(アルスくらしき)
山陽新聞社
公式サイト 倉敷藤花戦:日本将棋連盟
記録
現倉敷藤花 里見香奈(第26期)
永世資格者 清水市代/里見香奈
最多優勝 清水市代(10期)
最長連覇 清水市代(7連覇)
テンプレートを表示

大山名人杯倉敷藤花戦(おおやまめいじんはい くらしきとうかせん)は、倉敷市・倉敷市文化振興財団(アルスくらしき)・山陽新聞社が主催する[1]将棋女流タイトル戦。毎年11月前後にかけて挑戦手合制の三番勝負が行われ、その勝者は倉敷藤花のタイトル保持者となる。

概要

倉敷市出身の大山康晴十五世名人の功績をたたえ[2]倉敷市芸文館(大山名人記念館が併設)の開館に合わせて本棋戦をメイン事業の位置付けで1993年に創設された[3]

当初は女流王座戦などが棋戦名の候補であったが、女流棋士会から既存の男性タイトル戦名および「女流~戦」を避けてほしいという要望があり、最終的に「大山名人杯倉敷藤花戦」に決定した[4]。「藤花」の名は、倉敷市の花がの花であることにちなむ。

大山との関係が深く、倉敷市以外でも、例年トーナメントのうちの1対局(公式戦)が、大山将棋記念館がある青森県おいらせ町(旧・百石町)で、同町で毎年8月に開催される将棋祭りのイベントとして開催される。

地方自治体が主催になっている唯一のタイトル戦であり、その一方で新聞棋戦の位置づけで、女流棋戦では珍しく全ての対局が山陽新聞に一年を通して掲載されている[3]

方式

挑戦者決定方法

倉敷藤花を除く現役の全女流棋士および主催者推薦の研修会に所属していない[要出典]アマチュア選手2名[注釈 1]が参加するトーナメントを行い、倉敷藤花への挑戦者を決定する。前期のベスト4以上は準決勝まで対局しないようにシードされ、2回戦からの出場となる。予選がなく、全ての参加者が1回戦か2回戦から登場するフラットな方式のトーナメントである。

持ち時間は各2時間(チェスクロック使用)。

倉敷藤花戦三番勝負

倉敷藤花と挑戦者決定トーナメント勝者が三番勝負を戦い、その勝者が新たな倉敷藤花となる。

持ち時間は各2時間(チェスクロック使用)。例年、三番勝負の第2局と第3局は11月下旬に倉敷市の倉敷市芸文館で行われる(第2局の午後はホールでの公開対局)。

クイーン倉敷藤花

倉敷藤花を通算5期獲得した女流棋士には「クイーン倉敷藤花」の称号が与えられる。

歴代三番勝負

年は三番勝負が行われた時点。第1期はトーナメント戦の決勝で一番勝負。○●は倉敷藤花から見た勝敗

年度 決勝進出者 勝敗 決勝進出者 ベスト4 備考
1 1993 林葉直子 斎田晴子
[注釈 2]
中井 清水
年度 倉敷藤花 勝敗 挑戦者 決勝敗者 ベスト4 備考
2 1994 林葉直子 ●● 清水市代 斎田 中井 古河
3 1995 清水市代 ○●○ 斎田晴子 蛸島 高群 山田久
4 1996 清水市代 ○○ 木村さゆり 高群 斎田 石橋
5 1997 清水市代 ○●○ 中井広恵 斎田 長沢 高群
6 1998 清水市代 ○●○ 碓井涼子 中井 木村 矢内 清水、クイーン倉敷藤花獲得
7 1999 清水市代 ○○ 矢内理絵子 中井 石橋 高橋
8 2000 清水市代 ○○ 矢内理絵子 蛸島 高橋 中井
9 2001 清水市代 ●○● 中井広恵 蛸島 碓井 高橋
10 2002 中井広恵 ○○ 矢内理絵子 石橋 山田久 早水
11 2003 中井広恵 ○○ 石橋幸緒 斎田 山田久 清水
12 2004 中井広恵 ●○● 清水市代 高群 矢内 千葉
13 2005 清水市代 ○○ 矢内理絵子 中井 高群 石橋
14 2006 清水市代 ●○● 斎田晴子 矢内 中村真 石橋
15 2007 斎田晴子 ○●● 清水市代 里見香 矢内 甲斐
16 2008 清水市代 ●● 里見香奈 甲斐 矢内 中村真
17 2009 里見香奈 ○○ 中村真梨花 本田 清水 矢内
18 2010 里見香奈 ●○○ 岩根忍 甲斐 中井 上田
19 2011 里見香奈 ○○ 清水市代 室谷 石橋 上田
20 2012 里見香奈 ○○ 矢内理絵子 中井 中村真 本田 里見香、クイーン倉敷藤花獲得
21 2013 里見香奈 ○●● 甲斐智美 香川 上田 中井
22 2014 甲斐智美 ○●○ 山田久美 貞升 本田 村田
23 2015 甲斐智美 ●● 里見香奈 本田 室谷 貞升
24 2016 里見香奈 ●○○ 室谷由紀 上田 中井 伊藤沙
25 2017 里見香奈 ○○ 伊藤沙恵 甲斐 岩根 中井
26 2018 里見香奈 ○○ 谷口由紀 中村真 石本 伊奈川
27 2019 里見香奈 伊藤沙恵 加藤結 上田 谷口

脚注

注釈

  1. ^ 第20期までは現役の女流棋士のみが出場であったが、女流棋士認定問題で揺れていた21期(2013年度)からはアマチュア枠として主催者推薦という形が設けられた。渡部愛はアマ扱いであったが肩書はLPSAプロとして出場(21期トーナメント表)。以降は2名のアマチュアが主催者推薦枠で出場している。
  2. ^ 斎田の第1期の決勝敗退は、日本将棋連盟の公式記録上、タイトル登場回数には含まれていない。

出典

  1. ^ 「第19期大山名人杯倉敷藤花戦三番勝負第1局- 『砂の器』 の郷で」 『将棋世界』 2012年1月号、28頁。
  2. ^ 倉敷市長 伊東香織. “倉敷藤花戦中継Blog: 歓迎会(1)”. 日本将棋連盟. 2018年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月24日閲覧。
  3. ^ a b 『女流棋士の本』p148-149
  4. ^ 『近代将棋』1999年6月号 p104

外部リンク