この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

大山名人杯倉敷藤花戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
倉敷藤花戦
棋戦の分類 女流タイトル戦
正式名称 大山名人杯倉敷藤花戦
開催概要
開催時期 予選:3月 - 9月
タイトル戦:11月
初回開催 1993年度
持ち時間 2時間
番勝負 三番勝負
主催 倉敷市
倉敷市文化振興財団
山陽新聞社
公式サイト 倉敷藤花戦:日本将棋連盟
記録
前期倉敷藤花 里見香奈(第25期)
永世資格者 清水市代/里見香奈
最多優勝 清水市代(10期)
最長連覇 清水市代(7連覇)

大山名人杯倉敷藤花戦(おおやまめいじんはい くらしきとうかせん)は、倉敷市・倉敷市文化振興財団・山陽新聞社が主催する[1]女流棋士による将棋棋戦(タイトル戦)。毎年11月前後にかけて挑戦手合制の三番勝負が行われ、その勝者は倉敷藤花のタイトル保持者となる。1993年度、創設。

倉敷市出身の大山康晴十五世名人の功績をたたえ、倉敷市芸文館の開館に合わせて創設された。「藤花」の名は、倉敷市の花がの花であることにちなむ。

方式

挑戦者決定方法

倉敷藤花を除く全女流棋士およびアマチュア選手2名(第21期より)が参加するトーナメントを行い、倉敷藤花への挑戦者を決定する。前期のベスト4以上は準決勝まで対局しないようにシードされ、2回戦からの出場となる。予選がなく、全ての参加者が1回戦か2回戦から登場するフラットな方式のトーナメントである。

持ち時間は各2時間(チェスクロック使用)。例年、トーナメントのうちの1対局が、青森県おいらせ町で行われている。おいらせ町(旧・百石町)には大山将棋記念館があり、大山との関係が深い。同町で毎年8月に開催される将棋祭りのイベントとして開催される。

倉敷藤花戦三番勝負

倉敷藤花と挑戦者決定トーナメント勝者が三番勝負を戦い、その勝者が新たな倉敷藤花となる。

持ち時間は各2時間(チェスクロック使用)。例年、三番勝負の第2局と第3局は11月下旬に倉敷市で行われる(第2局の午後は公開対局)。

クィーン倉敷藤花

倉敷藤花を通算5期獲得した女流棋士には「クィーン倉敷藤花」の永世称号が与えられる。2012年11月現在、クィーン倉敷藤花の資格を持つ女流棋士は清水市代里見香奈の2名。

歴代三番勝負

年は三番勝負が行われた時点。第1期はトーナメント戦の決勝で一番勝負。斎田の第1期の決勝敗退は、日本将棋連盟の公式記録上、タイトル登場回数には含まれていない。

開催年 決勝進出者 勝敗 決勝進出者
1 1993年 林葉直子 斎田晴子
開催年 倉敷藤花 勝敗 挑戦者
2 1994年 林葉直子 ●● 清水市代
3 1995年 清水市代 ○●○ 斎田晴子
4 1996年 清水市代 ○○ 木村さゆり
5 1997年 清水市代 ○●○ 中井広恵
6 1998年 清水市代 ○●○ 碓井涼子
7 1999年 清水市代 ○○ 矢内理絵子
8 2000年 清水市代 ○○ 矢内理絵子
9 2001年 清水市代 ●○● 中井広恵
10 2002年 中井広恵 ○○ 矢内理絵子
11 2003年 中井広恵 ○○ 石橋幸緒
12 2004年 中井広恵 ●○● 清水市代
13 2005年 清水市代 ○○ 矢内理絵子
14 2006年 清水市代 ●○● 斎田晴子
15 2007年 斎田晴子 ○●● 清水市代
16 2008年 清水市代 ●● 里見香奈
17 2009年 里見香奈 ○○ 中村真梨花
18 2010年 里見香奈 ●○○ 岩根忍
19 2011年 里見香奈 ○○ 清水市代
20 2012年 里見香奈 ○○ 矢内理絵子
21 2013年 里見香奈 ○●● 甲斐智美
22 2014年 甲斐智美 ○●○ 山田久美
23 2015年 甲斐智美 ●● 里見香奈
24 2016年 里見香奈 ●○○ 室谷由紀
25 2017年 里見香奈 ○○ 伊藤沙恵

脚注

  1. ^ 「第19期大山名人杯倉敷藤花戦三番勝負第1局- 『砂の器』 の郷で」 『将棋世界』 2012年1月号、28頁。

外部リンク