フジ (植物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フジ
Wisteria floribunda
Wisteria floribunda
(Longwood Gardens、2005年5月1日)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
階級なし : 真正バラ類I Eurosids I
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: フジ連 Millettieae
: フジ属 Wisteria
: フジ W. floribunda
学名
Wisteria floribunda
(Willd.) DC.[1]
シノニム
  • Kraunhia floribunda (Willd.) Taub.
  • Rehsonia floribunda (Willd.) Stritch
英名
Japanese wisteria
品種
  • シロバナフジ W. f. f. alba
  • アケボノフジ W. f. f. alborosea
藤棚
春日大社の銘木 砂ずりの藤
明治大帝、御感の藤
神奈川県小田原市
Wisteria floribunda

フジ学名: Wisteria floribunda)は、マメ科フジ属つる性落葉木本

一般名称としての藤には、つるが右巻き(上から見て時計回り)と左巻きの二種類がある。右巻きの藤の標準和名は「フジ」または「ノダフジ」、左巻きの藤の標準和名は「ヤマフジ」または「ノフジ」である(牧野富太郎の命名による)。

形態・生態[編集]

に巻きついて登り、樹冠に広がる。直射日光の差す場所を好む、好日性植物である。花序は長くしだれて、20cmから80cmに達する。はうすい紫色で、藤色の色名はこれに由来する。他のマメ科植物同様、夜間は葉をすぼめる。

分布・生育地[編集]

日本固有種[2]で、本州四国九州温帯から暖帯に分布する。

低い山地、平地の林に普通。

人間との関わり[編集]

強い日当たりを好むため、公園や庭園などの日光を遮るもののない場所に木や竹、鉄棒などで藤棚と呼ばれるパーゴラを設置し、木陰を作る場合が多い。天蓋に藤の蔓を這わせ、開花時には隙間から花が垂れ下がるように咲く。変異性に富んでおり、園芸品種が多い。一才藤(いっさいふじ)として鉢植え盆栽用に流通するのは、樹高50cmくらいの一才物のフジ。

大阪市福島区野田はノダフジ(野田藤)と呼ばれる藤の名所で、牧野富太郎による命名のきっかけとなった。同区玉川の春日神社には、野田の藤跡碑がある。

花は天ぷらなどにすることができる。他のつる性植物同様、茎を乾燥させて椅子などの家具に加工されることもある。藤の花や葉を図案化した家紋藤紋」がある。

下り藤

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Wisteria floribunda (Willd.) DC.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年8月28日閲覧。
  2. ^ 樹に咲く花 離弁花2』、94頁。

参考文献[編集]

  • 茂木透写真 『樹に咲く花 離弁花2』 高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、94-95頁。ISBN 4-635-07004-2
  • 林将之 『葉で見わける樹木 増補改訂版』 小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、2010年、251頁。ISBN 978-4-09-208023-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]