王座戦 (将棋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

王座戦(おうざせん)は、日本経済新聞社主催の将棋棋戦。毎年9月頃に王座戦五番勝負が行われ、その勝者はタイトルの1つである王座の保持者となる。1953年に優勝棋戦として創設され(同年、囲碁の王座戦も開始)、1983年(31期)にタイトル戦に格上げされた。

方式[編集]

一次予選・二次予選・挑戦者決定トーナメントの3段階で挑戦者を決定する。王座と挑戦者が王座戦五番勝負を行う。

前期挑戦者決定トーナメントベスト4以上(前期王座が敗れた場合を含む)およびタイトル保持者はシード者となり、予選が免除される。従って、年によりシード者の人数は変動する。

五番勝負を含む全ての対局で、持ち時間は各5時間(1日制)である。

一次予選[編集]

シード者以外の順位戦C級1組以下の棋士(永世称号者を除く)と、女流棋士4名によりトーナメント形式で行われ、6名が二次予選に進出する[1]。なお、シード者以外の順位戦C級1組以下の棋士であっても、前期の戦績によっては二次予選からの出場となる場合がある。

二次予選[編集]

一次予選の勝ち抜き者6名と、シード者以外の棋士によりトーナメント形式で行われる。シード者の人数によるが、挑戦者決定トーナメントへの出場枠は毎年10枠前後(最多で12枠)である。

挑戦者決定トーナメント[編集]

二次予選の勝ち抜き者とシード者の計16名によるトーナメントである。トーナメントの勝者が王座と五番勝負を戦う。 シード者は前年の挑戦者決定トーナメントでベスト4以上が条件。タイトル保持者も優遇される。

王座戦五番勝負[編集]

王座と挑戦者が王座戦五番勝負を戦う。五番勝負は全国各地のホテルや旅館、料亭などで実施される。

女流棋士の一斉対局[編集]

王座戦には、第39期(1990年)から女流棋士の出場枠が設けられている[2]。第54期(2005年)より枠が4名に増え[3]、翌年の第55期からは、女流棋士が関わる対局の緒戦(一次予選1回戦)が同日に行われるようになった。一斉対局ではネット中継や大盤解説会が開催されている。

対局日 結果
55 2006年7月29日 男性4勝 G30.pngG30.pngG30.pngG30.png 女流0勝
56 2007年7月28日 男性4勝 G30.pngG30.pngG30.pngG30.png 女流0勝
57 2008年7月26日 男性4勝 G30.pngG30.pngG30.pngG30.png 女流0勝
58 2009年7月11日 男性3勝 G30.pngG30.pngG30.pngR30.png 女流1勝
59 2010年7月31日 男性4勝 G30.pngG30.pngG30.pngG30.png 女流0勝

出場する女流棋士には女流タイトル保持者などの実力上位者が選抜され、1回戦で対戦する男性棋士はほとんどが若手の四段である。一斉対局になる前は女流棋士が勝ち星を挙げたこともあるが、一斉対局後は3年連続で女流棋士が全敗に終わっていた[4]。2009年に石橋幸緒女流王位が一斉対局で初めて勝利し、2回戦に進出した。

第60期(2011年)から一斉対局では無くなったが、女流枠の4名は変わっていない。女流の勝数は60期1勝、61期0勝、62期0勝、63期2勝、64期2勝。63期は香川愛生が1回戦で森信雄、2回戦で福崎文吾に勝利し、3回戦まで進出した(村田智弘に敗退)。

名誉王座[編集]

永世称号である名誉王座は、王座を連続5期もしくは通算10期以上保持した棋士に与えられる。将棋界で主要な7大タイトル戦の永世称号として「永世」ではなく「名誉」を冠するのは、王座戦だけである(その他の棋戦ではNHK杯テレビ将棋トーナメントでも同じ要領で「名誉NHK杯」と紹介される。これはいずれも囲碁と同一スポンサーの提供による優勝杯をかけたものであるため)。

主催の日本経済新聞社が1996年9月に同称号を制定した際、中原誠はタイトル戦昇格前の優勝回数10回と昇格後の獲得6期を合わせて16期(16回)の実績により名誉王座の資格を与えられた[5]。同年、羽生善治も連続5期達成により資格を得た。

他の永世称号と違い、現役のままでも満60歳に達すると名乗ることができるため、中原は60歳の誕生日である2007年9月2日から名誉王座を名乗っている[5]

歴代五番勝負[編集]

※年は五番勝負が行われた時点。

一般公式棋戦として[編集]

※第1回は1戦のみ。○●は王座(優勝棋戦時代については、勝者)から見た勝敗、千は千日手、持は持将棋網掛けの対局者が勝者。

  • 優勝棋戦
開催年 決勝進出者 勝敗 決勝進出者
1 1953年 大山康晴 丸田祐三
2 1954年 大山康晴 ○●□[6] 升田幸三
3 1955年 大山康晴 ●○○ 灘蓮照
4 1956年 小堀清一 ○●○ 高島一岐代
5 1957年 松田茂行 ●○○ 小堀清一
6 1958年 塚田正夫 ●○○ 二上達也
7 1959年 大山康晴 ○○ 山田道美
8 1960年 丸田祐三 ○●○ 大山康晴
9 1961年 本間爽悦 ○○ 加藤一二三
10 1962年 加藤一二三 ○○ 熊谷達人
11 1963年 灘蓮照 ●○○ 芹沢博文
12 1964年 大山康晴 ○○ 加藤一二三
13 1965年 丸田祐三 ○○ 内藤國雄
14 1966年 大山康晴 ○○ 丸田祐三
15 1967年 山田道美 ○○ 内藤國雄
16 1968年 大山康晴 ○○ 加藤一二三
17 1969年 中原誠 ●○○ 有吉道夫
  • 前年度優勝者とトーナメント勝ち抜き者による三番勝負[7]
開催年 王座 勝敗 挑戦者
18 1970年 中原誠 ○○ 二上達也
19 1971年 中原誠 ○○ 加藤一二三
20 1972年 中原誠 ○○ 内藤國雄
21 1973年 中原誠 ○○ 大野源一
22 1974年 中原誠 ○●○ 大山康晴
23 1975年 中原誠 ●● 桐山清澄
24 1976年 桐山清澄 ●● 中原誠
25 1977年 中原誠 ○○ 大内延介
26 1978年 中原誠 ○○ 大内延介
27 1979年 中原誠 ○○ 大内延介
28 1980年 中原誠 ●● 大山康晴
29 1981年 大山康晴 ○●○ 勝浦修
30 1982年 大山康晴 ●● 内藤國雄

タイトル戦として[編集]

※○●は王座から見た勝敗。色付きが勝者。

開催年 王座 勝敗 挑戦者
31 1983年 内藤國雄 ●○● 中原誠
32 1984年 中原誠 ●●○○○ 森安秀光
33 1985年 中原誠 ●○○○ 谷川浩司
34 1986年 中原誠 ○○○ 桐山清澄
35 1987年 中原誠 ○○●●● 塚田泰明
36 1988年 塚田泰明 ●●● 中原誠
37 1989年 中原誠 ●○●○○ 青野照市
38 1990年 中原誠 ●○●● 谷川浩司
39 1991年 谷川浩司 ●●○○千● 福崎文吾
40 1992年 福崎文吾 ●●● 羽生善治
41 1993年 羽生善治 ○●○○ 谷川浩司
42 1994年 羽生善治 ○○○ 谷川浩司
43 1995年 羽生善治 ○○○ 森雞二
44 1996年 羽生善治 ○○○ 島朗
45 1997年 羽生善治 ○○○ 島朗
46 1998年 羽生善治 ●●○○○ 谷川浩司
47 1999年 羽生善治 ○●○○ 丸山忠久
48 2000年 羽生善治 ●○千●○○ 藤井猛
49 2001年 羽生善治 ○○●○ 久保利明
50 2002年 羽生善治 ○○○ 佐藤康光
開催年 王座 勝敗 挑戦者
51 2003年 羽生善治 ○●●千○○ 渡辺明
52 2004年 羽生善治 ○○●○ 森内俊之
53 2005年 羽生善治 千○○○ 佐藤康光
54 2006年 羽生善治 ○○○ 佐藤康光
55 2007年 羽生善治 ○○○ 久保利明
56 2008年 羽生善治 ○○○ 木村一基
57 2009年 羽生善治 ○○○ 山崎隆之
58 2010年 羽生善治 ○○○ 藤井猛
59 2011年 羽生善治 ●●● 渡辺明
60 2012年 渡辺明 ○●●千● 羽生善治
61 2013年 羽生善治 ●○●千○○ 中村太地
62 2014年 羽生善治 ○○●●○ 豊島将之
63 2015年 羽生善治 ○●●○○ 佐藤天彦
64 2016年 羽生善治 ○○○ 糸谷哲郎

記録[編集]

  • 最年少 羽生善治 22歳
  • 最年長 羽生善治 46歳
  • 最長連覇 羽生善治 19連覇
  • 最多獲得期数 羽生善治 24期

エピソード[編集]

  • 王座戦創設に当たって、日本将棋連盟理事として日本経済新聞社側と交渉に当たった丸田祐三によると、王座戦のアイデアは加藤治郎が出した。また、「王座戦」の名称は、花村元司が名付け親になった[8][9]
  • 羽生が 福崎文吾から王座位を奪取して以降19期タイトルを保持し続けていたため、福崎は長年“名目上の前王座”ということになっていたが、こちらも19期連続という珍記録であったため、福崎自身も「名誉前王座」などと笑い話として披露していた[10]。2011年9月に羽生が失冠したため福崎も「前王座」ではなくなったが、以後も話のネタとして使われることがある。
  • 羽生は2011年に20連覇を逸したものの、翌2012年に挑戦者として奪還に成功したため、同一タイトル戦連続出場記録を現在も更新中である(2016年現在25回)。これまでの記録は大山康晴が名人戦と王将戦で持つ21回。また、2014年には44歳で22期目の王座を獲得し、「人生の半分を王座位で過ごす」棋士となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第56期より6名。第55期以前の一次予選通過枠は5名であった。
  2. ^ これは新人王戦(1981年から)に次いで2番目に早い。
  3. ^ 女流棋士の出場枠4名は、朝日杯将棋オープン戦の6名に次いで多い。
  4. ^ 2006年の対局後、先崎学は「4局とも熱戦で、序中盤の実力は男性棋士に遜色ない」[1]とコメントしており、2007年には藤井猛が「持ち時間5時間の棋戦は女流にはなく、経験の差が出た」[2]と分析している。
  5. ^ a b "中原 誠 永世十段・名誉王座"誕生へ(2007年8月29日、日本将棋連盟)
  6. ^ 第2回第3局は、升田が病気のため不戦局。
  7. ^ 田辺忠幸編 『将棋八大棋戦秘話』 河出書房新社、2006年、ISBN 4-309-26870-6、169頁
  8. ^ 『日本経済新聞』2002年9月13日号 「王座戦半世紀 共に歩む/好勝負重ね囲碁・将棋とも50期迎える」 丸田祐三
  9. ^ 追悼・丸田祐三九段 王座戦半世紀共に歩む 2015/2/18 18:49 - 『日本経済新聞』
  10. ^ 名誉前王座 - 将棋ペンクラブログ・2011年4月14日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]