高見泰地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「見泰地」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
 見泰地 五段
名前 見泰地
生年月日 (1993-07-12) 1993年7月12日(24歳)
プロ入り年月日 2011年10月1日(18歳)
棋士番号 284
出身地 神奈川県横浜市
師匠 石田和雄
段位 五段
戦績
2014年5月26日現在

見 泰地(たかみ たいち、1993年7月12日 - )は、将棋棋士石田和雄九段門下。棋士番号は284。神奈川県横浜市出身。立教大学文学部卒。[1]

棋歴[編集]

幼稚園時代に、父親に買ってもらったボードゲームセットに将棋が含まれていたことが、将棋を覚えたきっかけである[2]

2005年4月、6級で奨励会に入会。以後順調に昇級・昇段を続け、2010年1月に三段に昇段し、2010年度前期(第47回)より三段リーグに参加。2期目となる2010年度後期(第48回)は自身が連勝し、門倉啓太及び阿部光瑠が揃って連勝しなければ四段昇段が見込める状態で最終日を迎えたが、自身が連敗したため、お預けとなってしまった。

3期目となる2011年度前期(第49回)で、前半9局を8勝1敗でトップ独走の状態から逃げ切り、最終的に13勝5敗・1位の成績を修め、四段昇段(プロ入り)。この間、第1回加古川青流戦に奨励会三段として参加し、2回戦で田中悠一、3回戦で西川和宏(いずれもプロ四段)に勝利し、ベスト8に進出した。(準々決勝では船江恒平四段[3]に敗れる。)

プロ入り以降、2015年度終了現在まで、順位戦における昇級歴は無いものの、竜王戦においては6組に在籍していた2013年度(第26期)ランキング戦を4回戦で敗北後、昇級者決定戦を勝ち抜き5組昇級。続く2014年度(第27期)ではランキング戦を勝ち続け、準決勝の村田顕弘戦(2014年5月23日)に勝利した時点で4組昇級を決定、同時に竜王戦の昇段規定に基づき五段に昇段。当期竜王戦では決勝の菅井竜也戦(2014年5月26日)にも勝ち、初のタイトル棋戦本戦出場を決めた[4]

テレビ棋戦においても、2013年度(第63回)NHK杯の予選を通過し、本戦出場[5]。同棋戦では2016年度(第66回)でも予選を通過し、再度の本戦出場。1回戦でA級八段の稲葉陽に勝ち、棋士人生6年目で初めてA級在位中の棋士からの白星を挙げると同時に、全棋士出場棋戦の本戦において初白星[6]。2013~2014年度(第22期)銀河戦でもブロック内で最多連勝(3連勝)を記録し、決勝トーナメントに出場[7]

棋風[編集]

本人によると、矢倉囲い及び居飛車穴熊を得意とする[2]

人物[編集]

風貌が増田康宏四段によく似ていると言われる事があり[8]、その増田康とは、第47期新人王戦の本戦3回戦で対戦した。 双方向のやりとりが出来るネット中継では、「増田君じゃないですよ」と視聴している将棋ファンにジョークで語る事もある。

昇段履歴[編集]

昇段規定は将棋の段級を参照。

  • 2005年4月(小学6年) 6級 = 奨励会入会
  • 2005年8月( 〃 ) 5級
  • 2005年12月( 〃 ) 4級
  • 2006年6月(中学1年) 3級
  • 2006年11月( 〃 ) 2級
  • 2007年8月(中学2年) 1級
  • 2007年12月( 〃 ) 初段
  • 2008年6月(中学3年) 二段
  • 2010年1月(高校1年) 三段
2010年度前期より三段リーグ参加

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 立教大学在学歴のある棋士は、田中悠一に続き将棋界では2人目である。しかし田中は大学卒業がプロ入りより先だったのに対し、高見はプロ入り後に大学に入学するなど、経歴には大きな相違がある。
  2. ^ a b 日本将棋連盟ホームページ・お知らせ「見三段と藤森三段が新四段に!」より。
  3. ^ 船江は高見を破った後も勝ち続け、最終的に第1回加古川青流戦の優勝者となった。
  4. ^ 本戦では1回戦(2014年7月1日)で当期の6組ランキング戦優勝者で四段昇段同期の藤森哲也に敗北。
  5. ^ 本戦では1回戦で飯島栄治に敗北。
  6. ^ 2回戦で郷田真隆に敗北。
  7. ^ 決勝トーナメントでは1回戦で広瀬章人に敗北。
  8. ^ 第47期新人王戦・棋譜中継など

関連項目[編集]

外部リンク[編集]