富岡英作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 富岡英作 八段
名前 富岡英作
生年月日 (1964-05-19) 1964年5月19日(52歳)
プロ入り年月日 1984年12月18日(20歳)
棋士番号 168
出身地 神奈川県横浜市
師匠 大内延介
段位 八段
戦績
2014年6月5日現在

富岡 英作(とみおか えいさく、1964年5月19日 - )は、将棋棋士棋士番号は168。神奈川県横浜市出身。大内延介九段門下。

棋歴[編集]

プロデビュー後、初参加の順位戦(1985年度、第44期)で10戦全勝し、C級2組から1期抜けする。この年度の勝率は全棋士中1位の0.740であり、将棋大賞の勝率1賞と新人賞を同時受賞する。

第50期(1991年度)B級2組順位戦において8勝2敗で2位の成績を収め、B級1組に昇級。

1990年度から1995年度に渡って、王座戦(第38期-第43期)の本戦トーナメントに6期連続出場。

2002年度、第52回NHK杯戦で、井上慶太米長邦雄羽生善治を破り、ベスト8。

2007年度、第20期竜王ランキング戦2組の準決勝(2007年4月20日)で三浦弘行を破り、1組に初昇級。

棋風[編集]

がっちり駒組みをしてから盤全体で戦う棋風である。

居飛車党であり、矢倉一辺倒と言ってもよいほどの矢倉党である。相手が拒否しない限りは、とにかく矢倉にする。

また、相手が振り飛車の場合は、左美濃、あるいは、師匠譲りの穴熊といった堅い囲いを好んで用いる。

角換わり相腰掛け銀の先後同形に結論付ける富岡流を考案。

人物[編集]

  • プロデビューから順位戦で15連勝していた頃、伊豆大島に住まいを持って、毎月の半分を過ごしていた[1]
  • 1994年、NHK将棋講座で講師を務めた。スポーツマンを思わせる爽やかで歯切れのよい語り口を披露。
  • 一時期、トランプゲームの「大貧民」(大富豪)に凝り、将棋の「次の一手」ならぬ「大貧民・次の一手」という問題まで作成したことがある[2]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照(ただし、四段昇段は旧規定)。

  • 1978年 6級(奨励会入会)
  • 1981年 初段
  • 1984年12月18日 四段 = プロ入り
  • 1986年4月1日 五段(順位戦C級1組昇級)
  • 1988年4月1日 六段(順位戦B級2組昇級)
  • 1992年4月1日 七段(順位戦B級1組昇級)
  • 2002年12月20日 八段(勝数規定)

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

将棋大賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 将棋世界2000年1月号付録
  2. ^ 別冊宝島380「将棋王手飛車読本」(宝島社)66ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]