竹内雄悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 竹内雄悟 五段
名前 竹内雄悟
生年月日 (1987-12-17) 1987年12月17日(30歳)
プロ入り年月日 2013年4月1日(25歳)
棋士番号 292
出身地 広島県広島市
師匠 森信雄七段
段位 五段
戦績
2018年9月15日現在

竹内 雄悟(たけうち ゆうご、1987年12月17日 - )は、将棋棋士森信雄七段門下。棋士番号は292。広島市出身・大阪市在住[1]。奨励会二段時代までの名は大悟(だいご)。

棋歴[編集]

幼少期に母方祖父に教わり、将棋を覚えた[1]

2004年9月に3級で奨励会に入会。当時竹内は広島観音高校の2年生で、同期入会者の中では2番目に年長であった。

好不調の波があり、昇級・昇段に苦労したものの、2008年5月に三段に昇段。第44回(2008年度後期)より三段リーグに参加。ここでも好不調の波があり、第44回及び第49回(2010年度前期)ではあと1勝足りなければ降段点を喫するところだった。その一方で、第47回(2009年度前期)及び第50回(2010年度後期)では、最終局まで昇段争いに加わる活躍を見せる。

第47回では最終日2連勝すれば昇段であったが1戦目に敗れ、船江恒平と同星の13勝5敗も順位差で次点となった。(他同星に斎藤慎太郎宮本広志[2]

第50回では、最終日1戦目で順位上位者が敗れ自身が勝利したため、2戦目で宮本広志が敗れ自身が勝利すれば2度目の次点を得られる所であったが、宮本は敗れたものの自身も敗れ、12勝6敗の同星複数名で次点を逃す[3]

第52回(2012年度後期)は、最終2局を待たずに弟弟子の千田翔太の昇段が内定し、残る1枠を竹内を含む4人が5敗で並び争う混戦。竹内は前期の成績に基づく順位の関係から、自身が連勝し、かつ1名が2連敗、宮本広志と他1名が1敗以上しなければ昇段できない厳しい状況の中、2位で四段昇段を決めた[4]

2013年、初参加となる第72期順位戦では2勝8敗に終わり、初参加期順位戦における最少勝数の記録タイ(他に熊坂学長岡裕也)に終わり、降級点を喫した[5]。これとは対照的に、第27期竜王戦6組ランキング戦では好成績を上げる。アマチュア選手・中田功佐藤慎一三枚堂達也を降し、準々決勝に進出。しかしそこで優勝する藤森哲也に敗れ、続く昇級者決定戦でも八代弥に敗れ、1期抜けでの5組昇級には至らなかった[6]

2014年第86期棋聖戦では一次予選から勝ち上がり、二次予選では谷川浩司北浜健介を下して決勝トーナメント出場を決めた。(なお同トーナメント一回戦で、豊島将之に敗れる。)[7]

2016年第29期竜王戦6組ランキング戦では田中寅星野良生・石川泰を下し準決勝まで勝ち上がり中田功に破れるも、昇級者決定戦決勝において勝ち上がってきた門倉啓太を破り、5組昇級を果たした。

2018年9月13日、第67期王座戦一次予選で船江恒平を破り、通算100勝達成。これにより五段に昇段した[8]

棋風[編集]

変則的な将棋が特徴で、初手に5筋の歩を突いたり[9]、割り打ち・両取りのリスクの多い飛車角の並ぶ5六飛・6六角型中飛車や、飛車玉の近い居玉四間飛車、地下鉄飛車といった力戦を得意としている。また、受けと粘りにも定評があり、穴熊玉が入玉する終盤など定跡にとらわれない力技を見せる。

人物[編集]

  • 将棋ファンの間では「ユーゴ先生」と改名後の名前で親しまれているが、棋士間の愛称は旧名の竹内大悟を略した「タケダイ」で、雄悟に改名後も、奨励会仲間や森一門、観戦記者などからは旧名の略称で呼ばれ続けている[10]。竹内自身もtwitterで「takedai」を使用している[11]
  • おしゃれであり、対局及び記録係の際の服装もノータイ(いわゆるクールビズ)が多いなど、ファッションにこだわりと独自の美学を持っている。
  • 将棋を指す利き手は左であり、対局開始前には、盆と脇息の位置を反対に置き換える事が多い[12]
  • 2014年3月7日に、徳川家康公顕彰四百年記念事業第72期将棋名人戦第0局と題して、静岡県静岡市の「浮月楼」で行われた第72期順位戦最終局一斉対局において、谷川浩司深浦康市戦の記録係を担当した際も、ノータイ姿で対局場に現れたが、谷川に注意を受け、対局開始直前に着用した[13]
  • 2017年11月に結婚[14]。相手の詳細については、公表していない。2018年7月に女児が誕生[15]
  • 蕎麦アレルギーであり、含有食品には「必ず表示を義務づけて欲しい」と主張している[16]
  • 宮本広志の将棋教室で子供教室を開講している[17]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2004年9月 3級 = 奨励会入会
  • 2005年4月 2級
  • 2006年4月 1級
  • 2007年4月 初段
  • 2007年8月 二段
  • 2008年5月 三段
2008年度後期より三段リーグ参加

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

出演[編集]

ウェブテレビ[編集]

  • 「藤井四段に『2度負けた男たち』の証言」(2017年6月14日、AbemaTV)[18][19]

脚注[編集]

  1. ^ a b 竹内雄悟三段が新四段に|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2013年3月9日). 2017年10月31日閲覧。
  2. ^ 第47回奨励会三段リーグ戦”. 日本将棋連盟. 2017年10月31日閲覧。
  3. ^ 第50回奨励会三段リーグ戦”. 日本将棋連盟. 2017年10月31日閲覧。
  4. ^ 第52回奨励会三段リーグ戦”. 日本将棋連盟. 2017年10月31日閲覧。
  5. ^ 第72期名人戦・順位戦 C級2組”. 日本将棋連盟. 2017年10月31日閲覧。
  6. ^ 第27期竜王戦 6組ランキング戦”. 日本将棋連盟. 2017年10月31日閲覧。
  7. ^ 第86期棋聖戦決勝トーナメント”. 日本将棋連盟. 2017年10月31日閲覧。
  8. ^ a b “竹内雄悟四段が五段に昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). https://www.shogi.or.jp/news/2018/09/post_1730.html 2018年9月14日閲覧。 
  9. ^ 第7期加古川青流戦(2017.5.18)など。ただし、竹内の場合、ここから先手中飛車にしない事もある。
  10. ^ twitter@shiinomi66「森一門豆知識」(2013.5.14)『ちだしょーとタケダイ』
  11. ^ 竹内雄悟‏twitter@takedai292 「将棋棋士の竹内雄悟です!」
  12. ^ 第42期棋王戦予選(対澤田真吾六段)・携帯中継(2016.3.17)
  13. ^ 第72期順位戦最終局ニコニコ生放送ほか
  14. ^ デイリースポーツ「将棋の竹内雄悟四段が結婚」(2017.11.7)ほか
  15. ^ “竹内雄悟 on Twitter” (日本語). Twitter. https://twitter.com/takedai292/status/1017045777703505920 2018年9月14日閲覧。 
  16. ^ Twitter@takedai292(2018年7月24日)
  17. ^ “竹内雄悟 on Twitter” (日本語). Twitter. https://twitter.com/takedai292/status/908962129792737280 2018年9月14日閲覧。 
  18. ^ 2度負けた棋士すら“ファン”にする藤井聡太四段の魅力 先輩3人が証言”. Abema TIMES (2017年6月14日). 2017年6月14日閲覧。
  19. ^ 将棋・藤井聡太四段、2度負けた棋士3人が座談会「マンガのような強さ」”. Abema TIMES (2017年6月14日). 2017年6月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]