竹内雄悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 竹内雄悟 五段
名前 竹内雄悟
生年月日 (1987-12-17) 1987年12月17日(35歳)
プロ入り年月日 2013年4月1日(25歳)
棋士番号 292
出身地 広島県広島市
所属 日本将棋連盟(関西)
師匠 森信雄七段
段位 五段
棋士DB 竹内雄悟
2022年2月16日現在
テンプレートを表示

竹内 雄悟(たけうち ゆうご、1987年12月17日 - )は、将棋棋士森信雄七段門下。棋士番号は292。広島市出身・大阪市在住[1]。奨励会二段時代までの名は大悟(だいご)。

棋歴[編集]

幼少期に母方祖父に教わり、将棋を覚えた[1]。本格的に将棋を始めたのは小学3年生のときで、その後は地元の広島将棋センターに通って腕を磨いた[2]広島観音高校在学中に、村山聖九段を偲んで広島で開催されている「怪童戦」を2連覇して注目を集める[2]

2004年9月、高校2年生の時に3級で奨励会に入会。同期入会者の中では2番目に年長であった。奨励会に入会したのは、将棋を全く知らない祖母から「そんなに将棋が好きだったらプロ目指してみないの?」と言われ、学校の勉強も好きではなかったことから「好きな将棋をして生きていけたら最高」と思ったのがきっかけ[2]

好不調の波があり、昇級・昇段に苦労したものの、2008年5月に三段に昇段。第44回(2008年度後期)より三段リーグに参加。ここでも好不調の波があり、第44回及び第49回(2010年度前期)ではあと1勝足りなければ降段点を喫するところだった。その一方で、第47回(2009年度前期)及び第50回(2010年度後期)では、最終局まで昇段争いに加わる活躍を見せる。

第47回では最終日2連勝すれば昇段であったが1戦目に敗れ、船江恒平と同星の13勝5敗も順位差で次点となった。(他同星に斎藤慎太郎宮本広志[3]

第50回では、最終日1戦目で順位上位者が敗れ自身が勝利したため、2戦目で宮本広志が敗れ自身が勝利すれば2度目の次点を得られる所であったが、宮本は敗れたものの自身も敗れ、12勝6敗の同星複数名で次点を逃す[4]

第52回(2012年度後期)は、最終2局を待たずに弟弟子の千田翔太の昇段が内定し、残る1枠を竹内を含む4人が5敗で並び争う混戦。竹内は前期の成績に基づく順位の関係から、自身が連勝し、かつ1名が2連敗、宮本広志と他1名が1敗以上しなければ昇段できない厳しい状況の中、2位で四段昇段を決めた[5]

プロデビュー後[編集]

2013年、初参加となる第72期順位戦では2勝8敗に終わり、初参加期順位戦における最少勝数の記録タイ(他に熊坂学長岡裕也横山友紀)に終わり、降級点を喫した[6]。これとは対照的に、第27期竜王戦6組ランキング戦では好成績を上げる。アマチュア選手・中田功佐藤慎一三枚堂達也を降し、準々決勝に進出。しかしそこで優勝する藤森哲也に敗れ、続く昇級者決定戦でも八代弥に敗れ、1期抜けでの5組昇級には至らなかった[7]

2014年、第86期棋聖戦では一次予選から勝ち上がり、二次予選では谷川浩司北浜健介を下して決勝トーナメント出場を決めた。(なお同トーナメント一回戦で、豊島将之に敗れる。)[8]

2016年、第29期竜王戦6組ランキング戦では田中寅彦星野良生・石川泰[9]を下し準決勝まで勝ち上がり中田功に敗れるも、昇級者決定戦決勝において勝ち上がってきた門倉啓太を破り、5組昇級を果たした。

2018年、第68回NHK杯戦の予選・決勝で桐山清澄に勝ち、本戦トーナメント初出場(1回戦で阿久津主税に敗退)。第4期叡王戦では四段予選を突破し、こちらでも本戦に初出場を果たす(1回戦で広瀬章人に敗退)。同年9月13日、第67期王座戦一次予選で船江恒平を破り、通算100勝達成。これにより五段に昇段した[10]

棋風[編集]

変則的な将棋が特徴で、初手に5筋の歩を突いたり[11](ただし、竹内の場合、ここから先手中飛車にしない事もある)、割り打ち・両取りのリスクの多い飛車角の並ぶ5六飛・6六角型中飛車や、飛車玉の近い居玉四間飛車、地下鉄飛車といった力戦を得意としている。また、受けと粘りにも定評があり、穴熊玉が入玉する終盤など定跡にとらわれない力技を見せる。

人物[編集]

  • 将棋ファンの間では「ユーゴ先生」と改名後の名前で親しまれているが、棋士間の愛称は旧名の竹内大悟を略した「タケダイ」で、雄悟に改名後も、奨励会仲間や森一門、観戦記者などからは旧名の略称で呼ばれ続けている[12]。竹内自身もtwitterで「takedai」を使用している[13]
  • ネット上で「タケダイ詰将棋創作100日チャレンジ」を載せている。
  • おしゃれであり、対局及び記録係の際の服装もノータイ(いわゆるクールビズ)が多いなど、ファッションにこだわりと独自の美学を持っている。
  • 将棋を指す利き手は左であり、対局開始前には、盆と脇息の位置を反対に置き換える事が多い[14]
  • 2014年3月7日に、徳川家康公顕彰四百年記念事業第72期将棋名人戦第0局と題して、静岡県静岡市の「浮月楼」で行われた第72期順位戦最終局一斉対局において、谷川浩司深浦康市戦の記録係を担当した際も、ノータイ姿で対局場に現れたが、谷川に注意を受け、対局開始直前に着用した[15]
  • 2017年11月に結婚[16]。相手の詳細については、公表していない。2018年7月に女児が誕生[17]
  • 蕎麦アレルギーであり、含有食品には「必ず表示を義務づけて欲しい」と主張している[18]。また、眼病も患っており、日常生活や対局にも辛い状況であったことを明かしている[19]
  • 宮本広志の将棋教室で子供教室を開講している[20]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2004年09月00日 : 3級 = 奨励会入会
  • 2005年04月00日 : 2級
  • 2006年04月00日 : 1級
  • 2007年04月00日 : 初段
  • 2007年08月00日 : 二段
  • 2008年05月00日 : 三段(第44回奨励会三段リーグ<2008年度後期>からリーグ参加)
  • 2013年04月01日 : 四段(第52回奨励会三段リーグ成績2位) = プロ入り
  • 2018年09月13日 : 五段(勝数規定/公式戦100勝、通算100勝92敗)[10]

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

順位戦・竜王戦の在籍クラスの年別一覧
開始
年度
(出典)順位戦 (出典)竜王戦
名人 A級 B級 C級 0 竜王 1組 2組 3組 4組 5組 6組
1組 2組 1組 2組
2013 72 C246x 2-8 27 6組 4-2
2014 73 C246* 6-4 28 6組 2-2
2015 74 C218* 4-6 29 6組 5-1
2016 75 C231* 4-6 30 5組 2-2
2017 76 C217* 6-4 31 5組 4-2
2018 77 C234* 6-4 32 5組 2-2
2019 78 C215* 6-4 33 5組 1-2
2020 79 C217* 3-7 34 5組 3-2
2021 80 C240* 5-5 35 5組 1-2
2022 81 C230*x 2-8 36 5組 1-2
2023 82 C248** 37 5組
順位戦、竜王戦の 枠表記 は挑戦者。右欄の数字は勝-敗(番勝負/プレーオフ以外)。
順位戦の右数字はクラス内順位 ( x当期降級点 / *累積降級点 / +降級点消去 )
順位戦の「F編」はフリークラス編入 /「F宣」は宣言によるフリークラス転出。
竜王戦の 太字 はランキング戦優勝、竜王戦の 組(添字) は棋士以外の枠での出場。

年度別成績[編集]

公式棋戦成績
年度 対局数 勝数 負数 勝率 (出典)
2013 28 12 16 0.4285 [1]
2014 39 22 17 0.5641 [2]
2015 36 18 18 0.5000 [3]
2016 39 19 20 0.4871 [4]
2017 31 16 15 0.5161 [5]
2018 47 30 17 0.6382 [6]
2019 36 19 17 0.5277 [7]
2020 31 12 19 0.3870 [8]
(小計) 287 148 139
年度 対局数 勝数 負数 勝率 (出典)
2021 30 15 15 0.5000 [9]
2022 23 4 19 0.1739 [10]
(小計) 53 19 34
通算 340 167 173 0.4911 [11]
2022年度まで

出演[編集]

ウェブテレビ[編集]

  • 「藤井四段に『2度負けた男たち』の証言」(2017年6月14日、AbemaTV)[21][22]

脚注[編集]

  1. ^ a b 竹内雄悟三段が新四段に|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2013年3月9日). 2017年10月31日閲覧。
  2. ^ a b c なぜ十六歳の竹内雄悟はプロ棋士になろうと思ったのか?【叡王戦24棋士 白鳥士郎 特別インタビュー vol.10】 - ニコニコニュースORIGINAL・2018年10月17日
  3. ^ 第47回奨励会三段リーグ戦”. 日本将棋連盟. 2017年10月31日閲覧。
  4. ^ 第50回奨励会三段リーグ戦”. 日本将棋連盟. 2017年10月31日閲覧。
  5. ^ 第52回奨励会三段リーグ戦”. 日本将棋連盟. 2017年10月31日閲覧。
  6. ^ 第72期名人戦・順位戦 C級2組”. 日本将棋連盟. 2017年10月31日閲覧。
  7. ^ 第27期竜王戦 6組ランキング戦”. 日本将棋連盟. 2017年10月31日閲覧。
  8. ^ 第86期棋聖戦決勝トーナメント”. 日本将棋連盟. 2017年10月31日閲覧。
  9. ^ 奨励会員。年齢規定による三段リーグ退会で不戦敗となった。
  10. ^ a b 竹内雄悟四段が五段に昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟」『』。2018年9月14日閲覧。
  11. ^ 第7期加古川青流戦(2017.5.18)など。
  12. ^ twitter@shiinomi66「森一門豆知識」(2013.5.14)『ちだしょーとタケダイ』
  13. ^ 竹内雄悟twitter@takedai292 「将棋棋士の竹内雄悟です!」
  14. ^ 第42期棋王戦予選(対澤田真吾六段)・携帯中継(2016.3.17)
  15. ^ 第72期順位戦最終局ニコニコ生放送ほか
  16. ^ デイリースポーツ「将棋の竹内雄悟四段が結婚」(2017.11.7)ほか
  17. ^ 竹内雄悟 on Twitter」『Twitter』。2018年9月14日閲覧。
  18. ^ Twitter@takedai292(2018年7月24日)
  19. ^ [https://twitter.com/takedai292/status/1524006372035416066 竹内雄悟 @takedai292]
  20. ^ 竹内雄悟 on Twitter」『Twitter』。2018年9月14日閲覧。
  21. ^ 2度負けた棋士すら“ファン”にする藤井聡太四段の魅力 先輩3人が証言”. Abema TIMES (2017年6月14日). 2017年6月14日閲覧。
  22. ^ 将棋・藤井聡太四段、2度負けた棋士3人が座談会「マンガのような強さ」”. Abema TIMES (2017年6月14日). 2017年6月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]