神崎健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 神崎健二 八段
名前 神崎健二
生年月日 (1963-12-08) 1963年12月8日(54歳)
プロ入り年月日 1986年11月5日(22歳)
棋士番号 179
出身地 和歌山県和歌山市
師匠 灘蓮照
段位 八段
戦績
2014年5月16日現在

神崎 健二(かんざき けんじ、1963年12月8日 – )は、将棋棋士和歌山県和歌山市出身。灘蓮照九段門下。棋士番号は179。

棋歴[編集]

中学1年生の時にアマチュア名人戦の和歌山県大会に出場して予選敗退。そのときに灘蓮照と出会った縁で、中学2年の終わり頃に灘門下の7級として奨励会に入会する。奨励会時代は地元・和歌山の中学校・高校に通いながら、大阪の関西将棋会館に出向いて記録係を務めた。奨励会在籍の10年間で取った記録は301局にも上る。二段の時に第6回「若駒戦」の決勝(東西決戦)で石川陽生に勝ち優勝。2年後の同棋戦では、羽生善治に敗れて準優勝。奨励会の通常の対局以外に新聞(大阪新聞)に掲載される将棋を指せたことは、励みにも自信にもなったという[1]

同じ関西奨励会には、6歳年下で入会が7年遅い村山聖がいた。神崎と村山が三段の頃に「(関西からの)次の四段は村山」という予想がされたことで奮起し、9連勝の規定で四段昇段[2]。一方、村山も13勝4敗の規定で、神崎と同日付で四段となった[3]

C級2組順位戦では、初参加から3、4期目で2年連続8勝2敗の好成績を収めるが昇級できず、7期目に9勝1敗でC級1組に上がる。この頃から、王位戦で度々リーグ入りするなど、タイトル戦予選の上位でも活躍する。第34期(1993年度)王位戦では、紅組リーグで羽生善治と同点でプレーオフになったが敗退。

1998年度のC級1組順位戦では、勝てば昇級という最終局で負けて8勝2敗となり、B級2組昇級を逸する。このときの昇級者は、9勝1敗の三浦弘行深浦康市であった(深浦が逆転昇級)。

2016年に八段昇段。八段まで全て勝数規定で昇段したのは阿部隆中田宏樹中川大輔日浦市郎泉正樹に続き史上6人目である。また、順位戦B級2組を経験せずに八段昇段したのは屋敷伸之渡辺明、日浦市郎に続き史上4人目である。

棋風[編集]

居飛車党であり、矢倉相掛かり系の採用率が比較的高い。後手番一手損角換わり戦法の流行後は、同戦法を多用している。乱戦や一直線の攻めを好み、相手の攻めを受けずに攻め返す棋風である。大駒や自玉を守る金・銀といった大事な駒に「取り」がかかっている局面であっても、それを見捨てて攻めの手を指すことが非常に多い。

人物・エピソード[編集]

  • 181cmの長身。早口で喋る。
  • 六段当時の2000年に自身の公式サイトを立ち上げており、これに関しては(本人は謙遜しているが)将棋棋士の中では先駆的存在の一人である。サイトアドレスの一部が “k2rokudan” であるが、翌年の七段昇段以降も、そのアドレス名を愛用し続けている。
  • 1996年度下半期のNHK連続テレビ小説ふたりっ子』に出演。監修も務める。また、主人公・香子が四段昇段を決めた一番で指した妙手の解説役としても登場した。
  • 曲がった事が大嫌い。青野照市九段がNHK将棋講座に連載した「将棋よもやま話」で、「タイトル戦前夜祭のイベントで奨励会員がスポンサーに挨拶なしで帰ろうとした時厳しく注意したが、他人の弟子に面と向かって躾するは私と神崎七段ぐらいなもんであろう」と記載されている。
  • 中将棋にも造詣が深く、中将棋の普及活動も積極的に行っている。

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照(ただし、四段昇段は旧制度の規定)。

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

出演[編集]

ドラマ[編集]

  • ふたりっ子(1996-1997年、NHK)-解説者役(将棋演技指導も担当)[4]

脚注[編集]

  1. ^ 「自戦記5」(神崎健二公式サイト)
  2. ^ a b 新進棋士奨励会に三段リーグの制度がない時代であった。
  3. ^ 以上、「将棋世界」2000年1月号付録から一部引用した。
  4. ^ 現役プロ棋士データブック2016 【上】あ~た行(将棋世界2016年1月号別冊付録)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]