古賀悠聖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 古賀悠聖 四段
名前 古賀悠聖
生年月日 (2001-01-01) 2001年1月1日(21歳)
プロ入り年月日 2020年10月1日(19歳)
棋士番号 326
出身地 福岡県福岡市
所属 日本将棋連盟(関西)
師匠 中田功八段
段位 四段
棋士DB 古賀悠聖
2020年10月1日現在
テンプレートを表示

古賀 悠聖(こが ゆうせい、2001年1月1日 - )は、日本将棋連盟棋士[1]棋士番号は326。中田功門下。福岡県福岡市出身。

棋歴[編集]

得意戦法は居飛車[1]

3、4歳のときに祖父に将棋を教わる。2011年、小学5年生のときに第10回全国小学生倉敷王将戦の高学年の部で全国優勝[2]。同年9月に奨励会入りした[1]奨励会三段リーグは第62回(2017年度下期)より参加。第65回(2019年度上期)にて13勝5敗の成績でリーグ3位となり、次点を獲得。2020年9月26日に第67回三段リーグで13勝5敗の3位となり[3]、規定の次点2回獲得によるフリークラス編入権を行使し、四段昇段を内定させた[4]

2021年9月8日、第52期新人王戦準決勝で梶浦宏孝七段に勝ち、「良い所取りで、30局以上の勝率が6割5分以上であること」を満たして順位戦フリークラスからC級2組への昇級が決まった[5]

2021年10月11日に行われた第52期新人王戦の決勝三番勝負まで勝ち進んだが、プロ入り同期の伊藤匠に2連敗を喫して準優勝に終わった[6]

2021年が初開催となったSUNTORY 将棋オールスター 東西対抗戦(準公式戦)の関西予選を勝ち上がり、東西各5人で構成される決勝戦へと進出した[7]。12月26日に行われた東西対抗決勝戦では第3局で東の代表・永瀬拓矢王座を下し、西軍の5戦全勝での勝利に貢献した[8]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2011年9月 6級 = 奨励会入会
  • 2017年10月 三段 = 第62回奨励会三段リーグ戦から
  • 2020年10月1日 四段

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 新四段誕生のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 日本将棋連盟 (2020年9月26日). 2020年9月26日閲覧。
  2. ^ 『全国小学生倉敷王将戦』日本将棋連盟https://www.shogi.or.jp/tournament/elementary_school/ 
  3. ^ 第67回奨励会三段リーグ戦”. www.shogi.or.jp. 2020年9月26日閲覧。
  4. ^ https://twitter.com/asahi_shogi/status/1309782735049887744” (日本語). Twitter. 2020年9月26日閲覧。
  5. ^ 古賀悠聖四段、フリークラスからC級2組へ昇級”. 日本将棋連盟. 2021年9月8日閲覧。
  6. ^ 伊藤匠四段 藤井世代が新人王「いずれタイトル戦で戦いたい」” (日本語). スポーツ報知 (2021年10月12日). 2022年1月5日閲覧。
  7. ^ 最激戦区の関西予選Cブロック 新鋭・古賀悠聖四段が最後の1枠ゲット 決勝でも大逆転勝利/将棋オールスター(ABEMA TIMES)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年1月5日閲覧。
  8. ^ 西軍が5連勝で圧倒! SUNTORY 将棋オールスター 東西対抗戦 #将棋情報局” (日本語). book.mynavi.jp. 2022年1月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]