服部慎一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 服部慎一郎 四段
名前 服部慎一郎
生年月日 (1999-08-02) 1999年8月2日(22歳)
プロ入り年月日 2020年4月1日(20歳)
棋士番号 322
出身地 富山県富山市
所属 日本将棋連盟(関西)
師匠 中田章道七段
段位 四段
棋士データベース 服部慎一郎
2020年4月2日現在
テンプレートを表示

服部 慎一郎(はっとり しんいちろう、1999年8月2日 - )は、日本将棋連盟所属の棋士中田章道七段門下。棋士番号は322。 富山県富山市出身[1]

棋歴[編集]

小学生3年生の夏、担任の先生にJTこども大会の案内をもらい、その大会で負けてくやしかったので強くなろうと思って将棋を始める。

2019年、奨励会三段時代に出場した第9期加古川青流戦では決勝まで駒を進め、池永天志四段に敗れたものの準優勝の結果を残した。

三段リーグでは初参加となる2017年第62回奨励会三段リーグで14勝4敗の好成績をあげるも、順位差から次点に留まり1期抜けとはならなかった(14勝をあげながら昇段とならなかったのは2006年第39回の豊島将之伊藤真吾(2度目)以来5人目、6例目)。しかしその後も11勝、10勝、12勝とコンスタントに成績を残し続け、2019年第66回奨励会三段リーグで再び14勝4敗を記録。今度は順位差によって同じく14勝4敗だった西山朋佳をかわして2020年4月1日付での四段昇段プロ入りを決めた[1][2]。同期昇段は谷合廣紀、同日付でのプロ入りに編入試験合格者である折田翔吾がいる。

2020年度、初参加の第79期順位戦C級2組では8勝2敗と健闘。勝敗数では3位タイであったものの、順位の差から昇級次々点に留まり、三段リーグに続き初参加ゆえの順位の低さが響く形となった。

2021年、第10期の中止を挟んで2年ぶりの開催となった第11期加古川青流戦では、第9期決勝敗退後に残した「また来年、四段になってこの舞台に戻ってきたい」[3]の言葉通り、四段となって再び決勝まで進出した。

人物・棋風[編集]

  • 定石にとらわれない力戦の将棋を好む。
  • 同様の棋風で知られる山崎隆之には奨励会の頃から多くの練習将棋を指すなど目をかけられており、服部自身もプロ入りに際して対局したい棋士に山崎の名前を挙げている。
  • 「第4回ABEMAトーナメント」では糸谷哲郎からのドラフト指名を受け、山崎とともにチーム糸谷「FREESTYLE」の一員となった。
  • 苗字にひっかけた「忍者」の異名で呼ばれることがあり、自身もTwitterでは「忍者服部」のアカウント名を用いている。
  • 趣味はランニング。

昇段履歴[編集]

  • 2013年4月 6級 = 奨励会入会
  • 2017年10月 三段 = 第62回奨励会三段リーグ戦から
  • 2020年4月1日 四段[1][2]

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 新四段誕生のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟 (2020年3月7日). 2020年6月9日閲覧。
  2. ^ a b 昇段・引退棋士のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟 (2020年4月1日). 2020年6月9日閲覧。
  3. ^ 池永四段が初V 将棋の加古川青流戦、愛称「てんてん」:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年9月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]