高野智史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 高野智史 四段
名前 高野智史
生年月日 (1993-10-27) 1993年10月27日(23歳)
プロ入り年月日 2015年10月1日(21歳)
棋士番号 302
出身地 埼玉県富士見市
師匠 木村一基
段位 四段
戦績

高野 智史(たかの さとし、1993年10月27日 - )は、日本将棋連盟所属の棋士木村一基八段門下。棋士番号は302。埼玉県富士見市出身[1][2]

棋歴[編集]

5歳の頃に父親に将棋を教わったことをきっかけに、将棋を覚える[1]。 次第に熱中し、NHK杯テレビ将棋トーナメントを毎週録画するようになり、いつしかクラスメートと将棋を指しても物足りなさを感じるほどに棋力は上達し、近所の将棋教室に通うようになって、さらに上達した[2]

2007年4月に、6級で奨励会に入会、15歳で初段、16歳で二段に昇段するまではすこぶる順調だったものの、そこで足踏みをし、3度も初段降段の危機に瀕し、結局三段昇段に3年8ヶ月を費やした。 奨励会最後の関門である三段リーグには、2013年度後期(第54回)より参加。当初2期はコンスタントに白星を重ねて勝ち越したものの、四段昇段につながる成績(2位以上)を修められなかった。参加3期目(第56回・2014年度後期)でも、他力ながら昇段の可能性を残していた状態で迎えた最終日に連勝できず、4位に留まってしまった。しかし順位2位で迎えた翌第57回では4勝3敗の前半戦から連勝を重ね、成績首位で迎えた最終局でも1勝1敗となり、逃げ切りの形で優勝を決め、四段に昇段した[3]

奨励会三段として出場した第5期(2015年度)加古川青流戦では、当時既にプロ四段となっていた石井健太郎に勝利した。

2017年6月20日、第30期(2017年度)竜王戦6組昇級者決定戦にて、加藤一二三に勝利した。加藤は前年の順位戦にて累積3度の降級点を取り、規定により引退が決まっていた。そのため最後の参加棋戦であったことから、加藤に引導を渡す形となった[4]

人物[編集]

  • 木村一基にとっては、四段昇段した初めての弟子である。
  • 上述の通り、中央大学法学部在学中。同期に学部は異なるものの、アマ強豪で元奨励会1級の吉本悠太[5]がいる。
  • 趣味はお笑い番組の鑑賞。特に笑点における、三遊亭円楽のブラックなネタを好んでいる[6]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2007年4月 6級 = 奨励会入会
  • 2009年2月 初段
  • 2010年1月 二段
  • 2013年9月 三段
2013年度後期(第54回)より三段リーグ参加
  • 2015年10月1日 四段(第57回奨励会三段リーグ優勝) = プロ入り

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]