井出隼平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 井出隼平 四段
名前 井出隼平
生年月日 (1991-05-03) 1991年5月3日(26歳)
プロ入り年月日 2016年4月1日(24歳)
棋士番号 305
出身地 神奈川県横浜市
師匠 田丸昇
段位 四段
戦績
2016年4月1日現在

井出 隼平(いで じゅんぺい、1991年5月3日 - )は、将棋棋士[1]田丸昇門下。棋士番号は305。神奈川県横浜市出身[1]

棋歴[編集]

父から将棋を教わったのをきっかけとして、小学校3年当時から「将棋サロン吉祥寺」(後に荻窪に移転)に通い棋力を上達させた[2]

2003年に将棋サロン吉祥寺の席主から、指導対局に訪れた田丸昇を紹介され、師弟関係を締結[2]。同年9月に6級で奨励会に入会。奨励会入会以降も、将棋サロン吉祥寺に毎日のように通い、主にアマチュアの強豪選手と練習対局を続けた。棋士・奨励会員が有志で結成する研究会には時間的な束縛を苦として所属しなかった[2]。田丸及び席主の理解もあり、順調に昇級・昇段を続け、2009年7月に三段に昇段。 三段リーグには2009年度後期(第46回)より参加。 その間、2011年9月に将棋サロン吉祥寺が閉店し、練習の場所を失った井出はリーグにおける成績が低迷した。 2011年11月に将棋サロンが荻窪に移転[3]して以降は調子を取り戻しコンスタントに勝ったものの、四段昇段に繋がる好成績は修められず、11勝5敗で最終日を迎えた参加7期目(第52回・2012年度後期)の三段リーグでは、井出が連勝し、宮本広志が1敗以上すれば四段昇段の可能性があり、将棋サロンの席主が将棋会館に赴き吉報を待ったにもかかわらず、17回戦で敗れたため昇段には至らなかった。

以降、再び成績不振に陥ったものの、田丸との話し合いの席で「何かを変えてみるといい」とアドバイスを受けてから、当初消極的だった公式戦の記録係を積極的に勤めたり、棋風の幅を広げたりして乗り越えた[2]

そして迎えた参加13期目(第58回・2015年度後期)の三段リーグでは、初戦から3連敗するなど前半戦は4勝5敗と負け越したものの、後半戦で連勝を重ね、10勝6敗で最終日を迎えた。 当期三段リーグは都成竜馬が最終日を待たずに優勝(四段昇段)を決定させて、2位争いが熾烈な状態であった。 11勝5敗が佐々木大地を含む4名(うち1名は井出より前期成績に基づく順位が上位であった)・10勝6敗のうち井出より順位が上位であった参加者が2名いたため、井出が2位になるためには、井出自身が連勝した上で、11勝5敗で井出より順位が上位であった1名が連敗し、他の5名が1敗以上喫することが条件とされ、その確率は0.78%とされていた[2]。しかし最終日の対局結果において上記の条件が全て満たされたため、井出が逆転で2位に繰り上がり四段昇段を決定させた[4]

2016年10月30日、加古川青流戦で石川優太奨励会三段と3番勝負を指し、2勝1敗で優勝した[5]

棋風[編集]

兄弟子の櫛田陽一に仕込まれた[2]角筋を止める四間飛車を得意とする。 その一方、田丸からのアドバイス(上述)を受けて以降、行方尚史居飛車を、窪田義行には振り飛車をそれぞれ教わり、将棋の幅を広げた。

エピソード[編集]

  • 田丸昇門下の奨励会員が棋士となったのは、1987年3月5日に四段となった櫛田陽一以来29年ぶり。
  • 四段昇段を決定させた当日、まさか自身が昇段インタビューを受けるとは思っていなかった井出は、スーツではなく私服で対局に臨んだものの、上述の通りの結果により、私服姿で記念写真に収まった。
  • 奨励会時代の公式戦成績は3勝7敗。女流棋士から2勝(中村真梨花上田初美)、奨励会三段から1勝で対局当時プロ(四段以上)棋士からの勝ち星は挙げていなかった。

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

2009年度後期(第46回)より三段リーグ参加
  • 2016年4月1日 四段(第58回奨励会三段リーグ優勝) = プロ入り

主な成績[編集]

棋戦優勝[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]