日本プロ麻雀協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一般社団法人日本プロ麻雀協会(にほんプロマージャンきょうかい)は、競技麻雀のプロ団体。2001年土井泰昭(初代代表 現:全日本麻雀協会代表)により創設。

2010年法人化。代表は五十嵐毅(2018年6月現在)。

最高位戦日本プロ麻雀協会RMU麻将連合-μ-と仲がよく、「麻雀スリアロチャンネル」などで交流機会が多い。また、アーケードゲーム・セガネットワーク対戦麻雀MJシリーズに全面協力している他、麻雀に特化したSNSである『はこてんパラダイス』に多くのプロが参加するなど一般ファンとの接点を拡げる活動を積極的に行っている。

公式ルールとして他のプロ団体では認められていない25000点持ち30000点返しによる「オカ」が採用されており、順位点も「30000点-10000点」のためトップを取ることが最も重要視されるルールになっている。また、「役満の複合」が認められていることも大きな特徴になっている。

かつては中国麻雀のルールを採用した大会があった。(現在は休止)

組織[編集]

主な所属選手[編集]

男性 ※代表、雀王経験者以外は五十音順。


女性 ※オータムチャンピオンシップ優勝、女流雀王経験者以外は五十音順。

過去に在籍したプロ

主催タイトル戦[編集]

  • 雀王戦(リーグタイトル戦)
歴代雀王
第1期 土井泰昭
第2期 鈴木達也
第3期 尾崎嘉紀
第4期 鍛冶田良一
第5期 須田良規
第6期 鈴木達也
第7期 小倉孝
第8期 鈴木達也
第9期 鈴木たろう
第10期 鈴木達也
第11期 鈴木たろう
第12期 鈴木たろう
第13期 鈴木たろう
第14期 木原浩一
第15期 角谷ヨウスケ
第16期 金太賢
第17期 金太賢
  • 雀竜位戦(タイトル戦)
歴代雀竜位
第1期 鍛冶田良一
第2期 鍛冶田良一
第3期 小倉孝
第4期 小倉孝
第5期 石野豊
第6期 吉田基成
第7期 福田聡
第8期 大脇貴久
第9期 内海元
第10期 仲林圭
第11期 渋川難波
第12期 斎藤俊
第13期 武中進
第14期 吉田基成
第15期 江崎文郎
第16期 江崎文郎
  • 女流雀王戦(女子限定のリーグタイトル戦)
歴代女流雀王
第1期 手塚紗掬 ※現連盟
第2期 奥村知美
第3期 崎見百合
第4期 眞崎雪菜
第5期 眞崎雪菜
第6期 崎見百合
第7期 朝倉ゆかり
第8期 朝倉ゆかり
第9期 大崎初音
第10期 大崎初音
第11期 冨本智美
第12期 大崎初音
第13期 豊後葵
第14期 佐月麻理子
第15期 朝倉ゆかり
第16期 朝倉ゆかり
  • 新人王戦(入会5年目まで、かつ雀王戦Aリーグ未経験会員によって行われる)
歴代優勝者
第1期 宇野達也
第2期 阿賀寿直
第3期 渡辺順洋
第4期 大脇貴久
第5期 宮崎信一
第6期 小倉孝
第7期 朝倉ゆかり
第8期 濱博彰
第9期 吉田俊介
第10期 逢川恵夢
第11期 小川裕之
第12期 黄河のん
第13期 田村翔梧
第14期 谷口浩平
第15期 高津圭佑
第16期 中月裕子
  • 日本オープン
歴代優勝者 ※所属は獲得当時のもの
第1回 多井隆晴(日本プロ麻雀連盟)
第2回 阿部孝則(日本プロ麻雀連盟)
第3回 藤崎智(日本プロ麻雀連盟)
第4回 中村光一(一般)
第5回 藤崎智(日本プロ麻雀連盟)
第6回 藤崎智(日本プロ麻雀連盟)
第7回 山下健治(RMU)
第8回 村上淳(最高位戦)
第9回 多井隆晴(RMU)
第10回 武中真(最高位戦) ※現協会
第11回 北島路久(RMU)
第12回 坂巻稔永(一般)
第13回 矢島亨
第14回 山口大和(日本プロ麻雀連盟)
第15回 渋川難波
第16回 魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟)
  • オータムチャンピオンシップ(第9回までオータムチャレンジカップ) (一発・裏ドラなしルールで行われる大会)
歴代優勝者
第1回 吉田光太
第2回 佐井孝太郎
第3回 吉田基成
第4回 大浜岳
第5回 大脇貴久
第6回 下井重貴
第7回 仲林圭
第8回 菊地俊介
第9回 綱川隆晃
第10回 鈴木たろう
第11回 蔵美里
第12回 綱川隆晃
第13回 朝倉ゆかり

関連項目[編集]

外部リンク[編集]