佐々木大地 (棋士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 佐々木大地 四段
名前 佐々木大地
生年月日 (1995-05-30) 1995年5月30日(21歳)
プロ入り年月日 2016年4月1日(20歳)
棋士番号 306
出身地 長崎県対馬市
師匠 深浦康市
段位 四段
戦績
2017年4月2日現在

佐々木 大地(ささき だいち、1995年5月30日 - )は、将棋棋士深浦康市門下。棋士番号は306。長崎県対馬市出身。

棋歴[編集]

  • 3歳のとき、父に教わったことをきっかけに将棋を始める[1]
  • 2004年、対馬市立鶏鳴小学校3年の第3回全国小学生倉敷王将戦・低学年の部で優勝[2][3]
  • 2007年、同小学6年の第32回小学生将棋名人戦近藤誠也に敗れベスト4[4]
  • 2008年9月、6級で奨励会入り。2011年8月に入品し[5]、2013年5月に三段昇段[6]
  • 三段リーグには、2013年度後期の第55回から参加し、11勝7敗を上げる[7]
  • 2014年度前期の第55回は、最終日連勝で他力ながらも昇段の可能性があったが1勝1敗に終わり、13勝5敗が6名となり順位差で増田康宏黒沢怜生が昇段し次点に終わる[8]
  • 2015年度後期の第58回は最終日連勝で他力ながら昇段の可能性があったが、1勝1敗に終わる。14勝4敗の都成竜馬が昇段を決め、続く12勝6敗が4名となったが順位差で最上位の井出隼平が昇段し、大橋貴洸らより順位が上であったことから2つ目の次点を獲得し[9]フリークラス編入の資格を得たことからその権利を行使し、2016年4月にプロ入りした[1]。次点2回でのフリークラス入りは、伊奈祐介伊藤真吾吉田正和渡辺大夢に続く5人目。
  • 2016年度の第2期叡王戦では1枠しかない四段予選を勝ち抜き本選進出。9月7日に行われた本選の公開抽選会において、1回戦で佐藤天彦名人と対戦することが決まり、フリークラスの棋士が名人と公式戦で対戦することになった。
  • 2017年2月17日NHK杯戦予選で勝利し、直近28局で20勝8敗(勝率.714)となり、フリークラスから順位戦C級2組昇級の条件である「良い所取りで連続30局以上の勝率が6割5分以上」を満たすことが確定したため、プロ入りからわずか10ヶ月半でC級2組への昇級が決まった[10]
  • 第67回(2017年度)NHK杯将棋トーナメント予選の決勝で中川大輔八段に勝ち、初の予選参加にもかかわらず、本戦トーナメントに出場が決定。開幕戦となる丸山忠久九段戦は、4月2日に放送され、佐々木が勝利した(対局は2016年度の年度内に収録済み)。

棋風[編集]

  • 居飛車党で、相掛かり・横歩取りを得意とする。力強い攻め将棋[11]

人物[編集]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

2013年度後期(第54回)より三段リーグ参加
  • 2016年4月1日 四段(三段リーグ次点2回でフリークラス編入) = プロ入り

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 新四段誕生のお知らせ 日本将棋連盟 2016年3月7日
  2. ^ 第3回全国小学生倉敷王将戦日本将棋連盟 2004年
  3. ^ 対馬市トピックス対馬市 2004年9月
  4. ^ 第32回小学生将棋名人戦
  5. ^ 関東奨励会初段日本将棋連盟 2011年
  6. ^ 関東奨励会二段日本将棋連盟 2013年
  7. ^ 第54回奨励会三段リーグ戦日本将棋連盟 2013年
  8. ^ 第55回奨励会三段リーグ戦日本将棋連盟 2014年
  9. ^ 第58回奨励会三段リーグ戦日本将棋連盟 2015年
  10. ^ 佐々木大地四段、フリークラスからC級2組へ昇級日本将棋連盟 2017年2月17日
  11. ^ 「プロ棋士カラー名鑑2017」 (扶桑社)など

関連項目[編集]

外部リンク[編集]