矢倉規広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 矢倉規広 七段
名前 矢倉規広
生年月日 (1974-09-27) 1974年9月27日(43歳)
プロ入り年月日 1994年10月1日(20歳)
棋士番号 212
出身地 大阪府
師匠 桐山清澄
段位 七段
戦績
2015年7月2日現在

矢倉 規広(やぐら のりひろ、1974年9月27日 - )は、将棋棋士棋士番号は212。桐山清澄九段門下。大阪府出身。

人物[編集]

名字が、将棋の戦法の一つである「矢倉」と同じであるということで、とかく話題となるが、実際は、居飛車振り飛車ともに指す。力戦を得意とする。また、居飛車穴熊対策の一つである矢倉流中飛車は彼の名に由来する(急戦矢倉の一種である矢倉中飛車とは異なる)。

棋歴[編集]

プロ入り以来3期目の参加となる第56期順位戦(1997年度)で8勝2敗の好成績を収めるも、次点で昇級を逃す。同じ8勝2敗でも矢倉よりリーグ表順位が上の岡崎洋深浦康市が昇級した。このときのリーグ表順位は、矢倉が5位、岡崎が2位、深浦が3位であり、僅かな順位の差に泣いた。

1998年度、1999年度の王位戦において、2年連続でリーグ入り。うち、1999年度は白組リーグで藤井猛高橋道雄らを破って3勝2敗としたが、矢倉を含む4名が3勝2敗で並んだ。そして、トーナメント形式で行われた白組プレーオフ1回戦では矢倉は再び高橋を破るが、決勝で屋敷伸之に敗れて挑戦者決定戦に進むことはできなかった。

第22期(2009年度)竜王ランキング戦4組において2回戦で敗退。また、昇級者決定戦(敗者復活)のトーナメントでは4連勝するも、3位決定戦(決勝)で敗退する。竜王戦では通常2度敗れると昇級はできないが、中原誠(1組)の引退による上位クラスの欠員補充のため、4組では追加の昇級者決定戦が組まれ、3位決定戦の敗者2名である矢倉と脇謙二が対決することとなった。矢倉はこのチャンスを物にし、脇に勝利。自己最高の3組へ昇級した。

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]