この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

中村真梨花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

 中村真梨花 女流三段
名前 中村真梨花
生年月日 (1987-05-20) 1987年5月20日(31歳)
プロ入り年月日 2003年4月1日(15歳)
棋士番号 30
出身地 神奈川県藤沢市
師匠 佐伯昌優九段
段位 女流三段
戦績
2015年5月8日現在

中村 真梨花(なかむら まりか、1987年5月20日 - )は、日本将棋連盟所属の女流棋士神奈川県藤沢市出身。佐伯昌優九段門下。女流棋士番号30。

棋歴

2008年度、第2期マイナビ女子オープンで挑戦者決定戦に進出したが、岩根忍女流初段に敗れてタイトル初挑戦ならず[1]

2009年度、9月24日の第17期大山名人杯倉敷藤花戦の挑戦者決定戦で本田小百合女流二段を破り、タイトル初挑戦を果たした。しかし三番勝負では里見香奈にストレートで敗退。

2012年9月7日、第34期女流王将戦の挑戦者決定戦で中井広恵女流六段を破り、2度目のタイトル挑戦。里見香奈との三番勝負で第一局は勝利したが、第二局・第三局と連敗して1勝2敗となり、タイトル獲得はならなかった。

2013年度、第40期女流名人位戦挑戦者決定リーグで優勝し(7勝1敗)、3度目のタイトル挑戦。しかし五番勝負では里見香奈にストレートで敗退。

2014年度、第41期女流名人戦挑戦者決定リーグで途中まで5勝0敗でトップを走っていたが、骨折の療養のため9月5日から12月31日まで休場を余儀なくされ[2]、休場期間の不戦敗により連続挑戦を逸した。

2018年度、第26期大山名人杯倉敷藤花戦で挑戦者決定戦に進出したが、谷口由紀女流二段に敗れて挑戦権獲得ならず[3]

人物

主な成績

公式戦

非公式戦

昇段履歴

  • 1997年4月 - 女流育成会入会
  • 2003年4月1日 - 女流2級(プロ入り)
  • 2004年4月1日 - 女流1級
  • 2005年4月1日 - 女流初段(年度成績指し分け以上(7勝以上)規定)
  • 2009年2月25日 - 女流二段(勝数規定)
  • 2015年5月4日 - 女流三段(勝数規定)

脚注

  1. ^ “出産控える岩根忍女流二段が挑戦者に--第2期 マイナビ女子オープン” (日本語). マイナビ. (2009年3月9日). オリジナル2018年9月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180929145518/https://news.mynavi.jp/article/20090309-a049/ 2018年9月30日閲覧。 
  2. ^ “休場のお知らせ” (日本語). 日本将棋連盟. (2015年9月30日). オリジナル2018年9月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180930214107/https://www.shogi.or.jp/news/2014/09/post_1085.html 2018年9月30日閲覧。 
  3. ^ “谷口由紀女流二段が里見香奈倉敷藤花への挑戦を決める 大山名人杯倉敷藤花戦” (日本語). 日本将棋連盟. (2018年9月28日). オリジナル2018年9月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180930214525/https://www.shogi.or.jp/match_news/2018/09/post_110.html 2018年9月30日閲覧。 
  4. ^ マリカ攻めは端から 第4期本戦1回戦”. マイナビ出版. 2018年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月30日閲覧。
  5. ^ 女流棋士会役員のお知らせ日本将棋連盟 2017年6月29日

関連項目

外部リンク