将棋の女流棋士一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

将棋の女流棋士一覧(しょうぎのじょりゅうきしいちらん)は、将棋女流棋士(現役・引退)と元女流棋士の一覧である[1]。女流棋士には日本将棋連盟所属の者、日本女子プロ将棋協会(LPSA)所属の者、フリー(無所属)の者がいる[2]

女流棋士一覧[編集]

下表の「(#)」は日本将棋連盟の旧女流棋士番号。「#」はLPSA番号(斜字)と連盟の女流棋士番号[3]。かっこ付き番号は所属時のもの(退会者)。赤色の行は引退者、青色は元女流棋士である。

「戦績」の「Q」はクィーン称号者。「冠」はクィーン称号者以外のタイトル獲得経験者。「挑」はそれらを除くタイトル挑戦経験者。「優」はタイトル戦以外の公式棋戦優勝者。

この表は、項目名のボタンをクリックすればソートができる。

(2017年11月15日現在)

(#)
#
氏名
よみ
段級
年齢
旧姓
師匠
プロ入り(女流2級)
戦績
引退
所属・備考
n001(1) l011 蛸島彰子 たこじま あきこ 女流6六段 71歳 高柳敏夫 1966年(初段) 30 LPSA
n0022 n011 関根紀代子 せきね きよこ 女流6六段 76歳 吉田[4] 関根茂 1974年10月31日(二段) 10 2011年 連盟
n003(3) l022 多田佳子 ただ よしこ (女流4四段) 75歳 堀口弘治 1974年10月(二段) 10 2004年 LPSA・2014年退会
n004(4) l033 山下カズ子 やました かずこ 女流5五段 70歳 松下力 1972年(1級) 30 2012年 LPSA
n005(5) l044 寺下紀子 てらした のりこ 女流4四段 77歳 1974年10月(初段) 10 1985年 LPSA
n006(6) r06- 村山幸子 むらやま さちこ (女流2二段) 1974年10月(初段) 1989年 連盟・2002年退会[5]
n0077 r07- 杉崎里子 すぎさき さとこ 女流4四段 1975年9月(1級) 1984年 連盟・1997年死去[6]
n008(8) r08- 福崎睦美 ふくさき むつみ (女流1初段) 兼田[7] 五十嵐豊一 1975年 1988年 連盟・1988年退会
n009(9) r09- 佐藤寿子 さとう ひさこ (女流-1級) 坂口允彦 1975年 1980年 連盟・1980年退会[8]
n01010 n022 谷川治恵 たにかわ はるえ 女流5五段 63歳 佐瀬勇次 1976年9月(1級) 10 2002年 連盟
n01111 n033 森安多恵子 もりやす たえこ 女流4四段 69歳 高島一岐代 1976年9月(1級) 10 2012年 連盟(関西)
n01212 n044 宇治正子 うじ まさこ (女流3三段) 69歳 高柳敏夫 1978年5月27日 2004年 連盟・2015年退会
n013(13) l055 藤森奈津子 ふじもり なつこ 女流4四段 56歳 中瀬 大内延介 1979年1月 2010年 LPSA
n01414 n055 長沢千和子 ながさわ ちかこ 女流4四段 53歳 松田茂役 1979年8月 20優・挑 連盟
n015(15) l066 神田真由美 かんだ まゆみ 女流2二段 60歳 関根茂 1979年11月 2009年 LPSA
n016(16) r16- 林葉直子 はやしば なおこ (女流5五段) 米長邦雄 1980年 40(Q)[9]・優 1995年 連盟・1995年退会
n017(17) l07(7) 中井広恵 なかい ひろえ 女流6六段 48歳 [10] 佐瀬勇次 1981年4月 40Q・優 フリー
(LPSA・2014年退会)
n01818 n066 山田久美 やまだ くみ 女流4四段 50歳 西村一義 1982年4月20日 10 連盟
n01919 n077 清水市代 しみず いちよ 女流6六段 48歳 高柳敏夫 1985年4月1日 40Q[11]・優 連盟
n02020 n088 高群佐知子 たかむれ さちこ 女流3三段 46歳 [12] 滝誠一郎 1986年3月1日(3級) 連盟
n02121 n099 斎田晴子 さいだ はるこ 女流5五段 50歳 佐伯昌優 1986年4月1日(3級) 30冠・優 連盟
n02222 n1010 石高澄恵 いしたか すみえ 女流2二段 51歳 横山 武者野勝巳 1987年3月1日(3級) 連盟
n023(23) l088 鹿野圭生 かの たまお 女流2二段 56歳 有吉道夫 1987年(3級) 2017年 LPSA(関西)
n02424 n1111 植村真理 うえむら まり 女流3三段 48歳 1988年(3級) 10 2015年 連盟(関西)
n025(25) l1818 船戸陽子 ふなと ようこ 女流2二段 43歳 高柳敏夫 1988年3月17日(3級) LPSA[13]
n026(26) l099 大庭美樹[14] おおば みき 女流1初段 46歳 佐瀬勇次 1990年 LPSA
n02727 n1212 真田彩子 さなだ あやこ 女流2二段 45歳 古河[15] 佐瀬勇次 1991年3月1日 連盟
n02828 n1313 高橋和 たかはし やまと 女流3三段 41歳 [16] 佐伯昌優 1991年3月1日 2005年 連盟
n029(29) r29- 林まゆみ はやし まゆみ (女流3三段) 有吉道夫 1992年4月1日 20 2010年 連盟(関西)2010年退会
n03030 n1414 本田小百合 ほんだ さゆり 女流3三段 39歳 佐瀬勇次 1992年4月1日 10 連盟
n03131 n1515 久津知子 ひさつ ともこ 女流2二段 44歳 勝浦修 1992年10月1日 連盟
n03232 n1616 矢内理絵子 やうち りえこ 女流5五段 37歳 関根茂 1993年4月1日 30冠・優 連盟
n033(33) l1010 石橋幸緒 いしばし さちお (女流4四段) 36歳 清水市代[17] 1993年10月1日 30冠・優 2014年 LPSA・2014年退会
n034(34) l1111 中倉彰子[18] なかくら あきこ 女流2二段 40歳 [19] 堀口弘治 1994年4月1日 2015年 LPSA
n03535 n1717 千葉涼子 ちば りょうこ 女流4四段 37歳 碓井[20] 桜井昇 1994年10月1日 30冠・優 連盟
n03636 n1818 伊藤明日香 いとう あすか 女流1初段 35歳 伊藤果[21] 1995年4月1日 2009年 連盟
n03737 n1919 竹部さゆり たけべ さゆり 女流3三段 39歳 木村 伊藤果 1995年10月1日 10 連盟
n038(38) l1212 中倉宏美[18] なかくら ひろみ 女流2二段 38歳 堀口弘治 1995年10月1日[22] LPSA
n039(39) l1313 島井咲緒里 しまい さおり 女流2二段 37歳 [23] 森雞二 1996年4月1日 LPSA
n04040 n2020 早水千紗 はやみず ちさ 女流3三段 35歳 高柳敏夫 1996年10月1日 連盟
n04141 n2121 甲斐智美 かい ともみ 女流5五段 34歳 中原誠 1997年4月1日 30冠・優 連盟
n042(42) l14(14) 藤田麻衣子 ふじた まいこ (女流-1級) 比江嶋 伊藤果 1997年10月1日 2010年 LPSA・2010年退会
n04343 n2222 安食総子 あじき ふさこ 女流1初段 43歳 青野照市 1998年4月1日 連盟
n044(44) l1515 大庭美夏[14] おおば みか 女流1初段 48歳 佐瀬勇次 1998年4月1日[24] 2006年 LPSA
n04545 n2323 藤田綾 ふじた あや 女流2二段 30歳 西村一義 1998年10月1日 連盟
n046(46) l1616 上川香織 うえかわ かおり 女流2二段 43歳 所司和晴 1999年4月1日 LPSA
n04747 n2424 野田澤彩乃 のださわ あやの 女流-1級 33歳 伊藤果 1999年10月1日 連盟
n04848 n2525 山田朱未 やまだ あけみ 女流2二段 37歳 有吉道夫 2000年4月1日 連盟(関西)
n049(49) n4343 北尾まどか きたお まどか 女流2二段 37歳 西村一義 2000年10月1日 連盟[25]
n05050 n2626 上田初美 うえだ はつみ 女流3三段 29歳 [26] 伊藤果 2001年4月1日 30冠・優 連盟
n05151 n2727 坂東香菜子 ばんどう かなこ 女流1初段 31歳 飯野健二 2001年10月1日 2014年[27] 連盟
n05252 n2828 村田智穂 むらた ちほ 女流2二段 33歳 淡路仁茂 2002年4月1日[28] 連盟(関西)
n05353 n2929 鈴木環那 すずき かんな 女流2二段 30歳 原田泰夫 2002年10月1日 連盟
n05454 n3030 中村真梨花 なかむら まりか 女流3三段 30歳 佐伯昌優 2003年4月1日 10 連盟
n05555 n3131 貞升南 さだます みなみ 女流1初段 31歳 堀口弘治 2003年10月1日 連盟
n05656 n3232 岩根忍 いわね しのぶ 女流3三段 36歳 [29] 小林健二 2004年4月1日(1級[30] 10 連盟
n05757 n3333 里見香奈[31] さとみ かな 女流5五段 25歳 森雞二 2004年10月1日 40Q 連盟(関西)
n05858 n3434 井道千尋 いどう ちひろ 女流2二段 29歳 木村義徳 2005年4月1日 連盟
n05959 n3535 室田伊緒 むろた いお 女流2二段 28歳 杉本昌隆 2005年10月1日 連盟(関西)
n06060 n3636 伊奈川愛菓 いながわ まなか 女流1初段 26歳 所司和晴 2006年10月1日 連盟
n06161 n3737 宮宗紫野 みやそう しの 女流1初段 29歳 熊倉 高橋道雄 2007年4月1日 連盟
n06262 n3838 中村桃子 なかむら ももこ 女流1初段 29歳 高橋道雄 2007年10月1日[32] 連盟
n06363 n3939 山口恵梨子 やまぐち えりこ 女流2二段 26歳 堀口弘治 2008年4月1日 連盟
n06464 n4040 香川愛生 かがわ まなお 女流3三段 24歳 中村修 2008年10月1日 30 連盟
n06565 n4141 渡辺弥生 わたなべ みお 女流1初段 38歳 所司和晴 2009年4月1日 連盟
n06666 n4242 室谷由紀 むろや ゆき 女流2二段 24歳 森信雄 2010年7月17日[33] 連盟
n067- n4444 長谷川優貴 はせがわ ゆうき 女流2二段 22歳 野田敬三 2011年10月1日 10 連盟(関西)
n068- n4545 竹俣紅 たけまた べに 女流1初段 19歳 森内俊之 2012年10月1日 連盟
n069- n4646 北村桂香 きたむら けいか 女流1初段 22歳 小林健二 2013年6月24日 連盟(関西)
n070- n4747 相川春香 あいかわ はるか 女流1初段 23歳 安恵照剛 2013年8月17日 連盟
n071- n4848 飯野愛 いいの あい 女流-1級 31歳 飯野健二[34] 2013年10月1日 連盟
n072- l1919 渡部愛 わたなべ まな 女流2二段 24歳 2013年10月24日[35] LPSA
n073- n4949 山根ことみ やまね ことみ 女流1初段 19歳 野田敬三 2014年5月24日 連盟(関西)
n074- n5050 和田あき わだ あき 女流1初段 20歳 藤倉勇樹 2014年8月9日 連盟(関西)
n075- n5151 塚田恵梨花 つかだ えりか 女流-1級 19歳 塚田泰明[12] 2014年10月1日 連盟
n076- n5252 伊藤沙恵 いとう さえ 女流2二段 24歳 屋敷伸之 2014年10月1日(初段[30] 連盟
n077- n5353 中澤沙耶 なかざわ さや 女流1初段 21歳 杉本昌隆 2015年4月1日 連盟(関西)
n078- n5454 高浜愛子 たかはま あいこ 女流--2級 33歳 山本真也 2016年2月5日[36] 連盟
n079- n5555 山口絵美菜 やまぐち えみな 女流-1級 23歳 森信雄 2016年4月21日 連盟(関西)
n080- n5656 里見咲紀[31] さとみ さき 女流1初段 21歳 森雞二 2016年4月27日[37] 連盟(関西)
n081- n5757 石本さくら いしもと さくら 女流1初段 18歳 森信雄 2016年9月1日 連盟(関西)
n082- n5858 頼本奈菜 よりもと なな 女流--1級 20歳 飯塚祐紀 2017年2月1日 連盟
n083- n5959 カロリーナ・ステチェンスカ すてちぇんすか かろりーな 女流--1級 26歳 片上大輔 2017年2月20日 連盟
n084- l2020 堀彩乃 ほり あやの 女流--2級 24歳 森雞二 2017年3月13日 LPSA

脚注[編集]

  1. ^ 将棋の棋士と女流棋士はスポーツ選手などと異なり、引退しても棋士・女流棋士であることに変わりはない。元女流棋士とは、引退して所属団体を退会し、女流棋士の身分を放棄した者のことを指す。
  2. ^ LPSAは連盟に所属していた女流棋士の一部が退会し独立したもので、2007年に発足した。
  3. ^ LPSA番号はLPSAが発足した2007年から、連盟の新しい女流棋士番号は連盟が公益社団法人に移行した2011年より使用されている。
  4. ^ 夫は将棋棋士で師匠の関根茂
  5. ^ 女流棋士の引退と団体退会が別なのは物故以外で初
  6. ^ 女流棋士初の物故者
  7. ^ 夫は将棋棋士の福崎文吾
  8. ^ 女流棋士制度初の引退及び退会者及び最短現役者及び唯一の未勝利者
  9. ^ 引退後に連盟を退会して女流棋士の資格を失ったため、クィーン王将の称号も失った。
  10. ^ 夫は将棋棋士の植山悦行
  11. ^ 2000年に「クィーン四冠」(当時の女流全4タイトルでクイーン称号を獲得)を達成。
  12. ^ a b 高群佐知子の夫は将棋棋士の塚田泰明、塚田恵梨花はこの2人の娘で師匠は父の塚田。史上初の父母子すべてプロ棋士
  13. ^ 2008年7月1日に日本将棋連盟から移籍(LPSA発足時よりも後に移籍した初のケース)。
  14. ^ a b 大庭美夏と大庭美樹は姉妹
  15. ^ 夫は将棋棋士の真田圭一
  16. ^ 夫は作家の大崎善生
  17. ^ 異例の女流師匠
  18. ^ a b 中倉彰子と中倉宏美は姉妹
  19. ^ 夫は将棋棋士の中座真
  20. ^ 夫は将棋棋士の千葉幸生
  21. ^ 将棋棋士の伊藤果は実父であり師匠
  22. ^ 史上初の姉妹女流棋士
  23. ^ 夫は将棋棋士の横山泰明
  24. ^ 史上2例目の姉妹女流棋士
  25. ^ LPSAからの初の退会者。連盟→退会(2007年)→LPSA(番号17)→退会(2009年)→フリー→連盟客員(2010年)→連盟(2011年)。北尾はフリーと連盟客員の経験を持つ唯一の女流棋士である。
  26. ^ 夫は将棋棋士の及川拓馬
  27. ^ 育成会を経て女流棋士となり、引退まで昇級がないのは初
  28. ^ 史上初の兄妹棋士(兄は村田智弘)。
  29. ^ 夫はNHKアナウンサーの泉浩司
  30. ^ a b 奨励会2級以上から女流へ編入される権利を行使したもの。
  31. ^ a b 里見香奈と里見咲紀は姉妹
  32. ^ 史上2例目の兄妹棋士(兄は中村亮介)。
  33. ^ 女流育成会制度の廃止後、研修会と女流3級を経る新制度によって女流棋士となった初のケース。
  34. ^ 将棋棋士の飯野健二は実父であり師匠
  35. ^ 特例により女流3級となり、その後所定の成績をあげ女流棋士となった。詳細は渡部愛#プロ認定問題および日本女子プロ将棋協会#問題を参照。
  36. ^ 女流2級昇級最高齢記録。
  37. ^ 史上3例目の姉妹女流棋士

関連項目[編集]

外部リンク[編集]