持ち駒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

持ち駒(もちごま)とは、将棋で相手から取った駒を自分の手に持っていつでも使えるルール、もしくはその駒のことをいう。手駒(てごま)とも。

概要[編集]

将棋において相手ののある位置に自分の駒を動かしたときに、相手の駒をから取り除き、自分のものとなった駒のことである。持ち駒は、自分の手番のときに、ルールで禁じられていない盤上の任意の位置に配置する(「打つ」)ことができる。 また、まだ相手の駒だがいつでも取って持ち駒として利用できる駒を質駒(しちごま)という。

転じて、ある状況において自分が行使することができる行動や、利用できる人材、提示することができる事物の選択肢のことを「手駒」や「持ち駒」と呼ぶことがある。

日本の本将棋における持ち駒のルール[編集]

  • 自分の駒を相手の駒のある位置に動かすことにより、相手の駒を盤上から取り除いて自分の持ち駒にする。
  • 持ち駒は盤の脇の駒台に乗せる。駒台がないときは、盤の脇の相手から見やすいところに置いておく。握って隠すなどの隠し駒をしてはいけない。
  • 自分の手番のとき、任意の持ち駒を盤上の任意の位置に打つことができる。ただし、自分や相手の駒のある位置は除く。
  • 持ち駒は成っていない状態で打つ。たとえ成った状態の駒を取ったとしても、あるいは敵陣に駒を打つとしても、成り駒の状態で打つことはできない。

以下のルールは、二世名人であった2代大橋宗古が成文化したものである[1]

  • 行き所のない位置(一段目の桂馬香車歩兵および二段目の桂馬)には持ち駒を打つことができない。
  • 持ち駒の歩兵を打って相手の玉将を詰めるのは禁じ手である(打ち歩詰め)。ただし、盤上の歩兵を動かして玉将を詰めるのは認められている(突き歩詰め)。
  • 既に自分の歩兵が配置されている列には新たに歩兵を打つことはできない(二歩)。ただし、すでに同列にある歩兵が成駒(と金)である場合は打つことができる。

世界の将棋類の持ち駒[編集]

西洋のチェス中国シャンチーや日本の大将棋中将棋小将棋などの古典将棋など、世界各国に将棋に類するボードゲームの中で、持ち駒ルールを採用しているのは日本の本将棋だけである。チェスも日本将棋を参考にして[要出典]、持ち駒を採用した「バグハウスチェス」と「クレージーハウスクレージーチェス)」といったものが行われている。また、古将棋の中でも小将棋は持ち駒再使用のルールがあったとされているが、いつからなどはっきりしたことは解明されていない。

本将棋だけが持ち駒を採用した原因は諸説考えられている。有力とされているのは、「本将棋の駒が敵味方で全く同一の色・形をしていることから、取った駒を自分の駒として使うことを発明できた」とする説(木村義徳など)である。

持ち駒の歴史[編集]

日本の本将棋がいつ頃持ち駒再使用のルールを採用したのかは、まだわかっていない。通説も含め、大きな説は以下の4つに分けられる。

11世紀
最も早い説では、11世紀には持ち駒再使用ルールであったとする主張が、プロの将棋棋士である木村義徳らによってなされている。奈良県興福寺境内跡から発掘された、1058年(天喜6年)に作られたと考えられる将棋の駒のうち、金将と同格である成銀成桂と金成香は未出土)がそれぞれ異なる表記をされていることから、これらの駒が持ち駒再使用ルールの下で用いられ、元の駒が何であったかを知るために別々の表記をなしたとしている[2]
13世紀
国文学者の佐伯真一は、13世紀末から14世紀初頭に書かれた『普通唱導集』に将棋関連の記述があり、「桂馬を飛ばして銀に替える」と読み取れることから、これは銀桂交換の駒得をいい、この時期にすでに持ち駒の概念があったという説を発表している[3]。この意見に同調する研究者も少なくない。
15世紀
遊戯史研究家の増川宏一は、15世紀に書かれたとされる『新撰遊学往来』に「作物」という記述があり、これを詰将棋であるとしている。持ち駒なしの詰将棋は考えにくいことから、増川はこの時期までに持ち駒再使用が行われるようになったと考えている[4]。また、15世紀終わりのものとされる宗祇の『児教訓』にも賭博を戒める意味での将棋の記述があり、そこに「手をみ手をみせじ」という表現が見られることから、これが持ち駒を手の中に隠してしまい、見せる見せないの争いであったとしている[5]
16世紀
現存する最古の詰将棋は1602年に初代大橋宗桂が記した『象戯作物』、最古の実戦譜は1607年の初代大橋宗桂と本因坊算砂との対局を記したものであり、これらは持ち駒を用いているため、持ち駒再使用のルールが採用されたのは遅くとも16世紀の後半である。観戦記者でもあった山本亨介(天狗太郎)も、「足利末期」のこととして「勝者は敗者の兵をわが配下として勢力の増強をはかるのを常とした」「戦乱の繰り返しの時代に、いまの将棋は誕生した」としており[6]、これは通説を追認する、ないしは通説の元となった見解と考えられる。

早い時期に持ち駒再使用ルールが採用されていたとすれば、その当時の将棋は平安将棋または小将棋である。だが、小将棋で醉象(成れば太子となり、玉将と同格の駒になる)または玉将を取ったときにその駒を持ち駒として打つことができたのかどうかなど、解明されていない点も多い。

戦後のエピソード[編集]

太平洋戦争の直後、日本を統治していた連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ) が、相手から奪った駒を味方として再利用する将棋を、捕虜を虐待する野蛮なゲームとして禁止しようとした。それを知った升田幸三は「将棋の駒の再利用は人材を有効に活用する合理的なものである」「チェスは捕虜を殺害している。これこそが捕虜虐待である。将棋は適材適所の働き場所を与えている。常に駒が生きていて、それぞれの能力を尊重しようとする民主主義の正しい思想である」「男女同権といっているが、チェスでは王様が危機に陥った時には女を盾にしてまで逃げようとする」とGHQに直談判したという[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大橋宗古『象戯図式』(寛永13年 (1636))。同書については木村義徳『持駒使用の謎』の291ページで紹介されている。
  2. ^ 木村義徳『持駒使用の謎』、日本将棋連盟、2000年。
  3. ^ 佐伯真一「「普通唱導集」の将棋関係記事について」(遊戯史学会紀要『遊戯史研究 5』、1993年)。
  4. ^ 増川宏一『将棋』(ものと人間の文化史23、法政大学出版会、1977年)、186ページ。
  5. ^ 増川『将棋2』(ものと人間の文化史23-2、法政大学出版会、1985年)、31~32ページ。
  6. ^ 山本亨介『将棋文化史』(光風社書店、1973年)、41ページ。同書は朝日新聞社から1963年に出版されたものの増補改訂版である。
  7. ^ 升田幸三『名人に香車を引いた男』 p.223「GHQ高官の度肝を抜く」より

参考文献[編集]

関連項目[編集]