象戯図式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

象戯図式(しょうぎずしき)は、江戸時代に発行された古将棋の解説書である。

概要[編集]

初代・伊藤宗看により江戸幕府に献上されたことが始まりである。現存のものは筆写本であり、正確な筆写年代は不明である。

の初期配置図および駒の動き方のほか、

について言及されている。

現在は同書の一部が収録されている『ものと人間の文化史23 将棋』(増川宏一・法政大学出版局)が入手可能である。ここに収録されている『象戯図式』は松浦大六筆写の1909年のものとなっている。

関連項目[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kanji - 魚+葛.svg」の字は、魚偏に曷(𩹄)、U+29E44。