矢倉中飛車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
将棋 > 将棋の戦法一覧 > 矢倉中飛車
△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
矢倉中飛車の基本形

矢倉中飛車(やぐらなかびしゃ)は、将棋戦法の一つ。矢倉戦において主に後手番で用いられる急戦矢倉の一種。矢倉を志向する先手が5手目に▲6六歩でなく▲7七銀とした場合に有効とされる。

概要[編集]

相矢倉において用いられる矢倉囲いは角道を遮断できる囲いであり、引き角との相性も良く使いやすい囲いである。しかし駒組みに時間がかかるため(通常では先手が主導権を握りやすい相矢倉において)、その間に後手が先攻し主導権を握ろうとするのが、(急戦矢倉という作戦の根底を流れる)狙いと趣旨である。

中飛車で5筋の歩を交換した後、△5一飛と下段に飛車を引き、△5四銀と要所に銀を据え、△6二金と陣形を引き締める。その後、5・6・7筋へ飛角銀桂を捌き、敵陣の駒組み途中の矢倉囲いを攻めつぶす。そこまで上手くいかなくても、△5四銀の好形と持ち駒の歩を活かして主導権を握っていく。また、△6二金を△7二金に代え、△6一飛から右四間飛車にシフトするのも狙い筋となり、△5四銀型を活かすことが出来る。

先手の有力な対策としては、角を8八で受けに使い、右銀を5七に進めた後、7七に上がった銀を6八に引き直すという指し方がある。田中寅彦が発案したもので、以降プロの実戦ではほとんどがこの形である[1]。また、最近では先手が▲7七銀を保留して6八銀型のまま待機することも多く、後手は矢倉中飛車をしにくい(後手が矢倉中飛車を断念して、△5二金としたのを見て、先手が▲7七銀とするのが細心の手順)。

近年では藤井猛が創案した藤井流早囲いへの対策として、注目されている。また、島朗は、左銀を3三~4四と繰り出して左銀攻めに参加させる独自の矢倉中飛車を用いている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『将棋基本戦法 居飛車編』p.43
  2. ^ 棋譜。第19回銀河戦本戦Eブロック8回戦阿部健治郎島朗戦を参照。

参考文献[編集]

関連項目[編集]