クレージーハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クレージーハウスの実戦例。
持ち駒のナイトをe7に打ち、逃げたキングを次の手でメイトした。

クレージーハウス(Crazyhouse)は、変則チェスの1つ。持ち駒ルールがある。東欧ではクレージーチェスとも呼ぶ。2組の盤駒と4人のプレイヤーで行う持ち駒ルールのあるバグハウスチェスが起源である。バグハウスチェスの1組、2人版ともいえる。取った駒をそのつど自分の色の駒に取り替える必要があり、あまり広まっていなかったが、ネット対戦ではこの作業をソフトが自動的に行なってくれるため人気が出てきた。

ルール[編集]

  • 盤や駒、初期配置、駒の動かし方はチェスと同じ。
  • 相手の駒を取ったとき、相手の駒をつかえる。一般的には色を変えて自分の持ち駒とする(現実にはチェスが2セットなければ、取ったままの色でプレーすることも多い)。
    • 他の駒にプロモーションしたポーンは、取って持ち駒になると同時にポーン状態に戻る。
  • 自分の手番のときに盤上の自分の駒を動かすか、持ち駒を盤上に置くことができる。
    • 持ち駒は自分および相手の駒がない任意のマスに置くことができる。
    • ただし、ポーンは1段目と8段目に置いてはならない。
    • 自分のポーンが置かれている列にポーンの持ち駒を新たに置くこと(将棋でいう二歩)は認められている。
  • 持ち駒のポーンを置いてチェックメイトをすること(将棋でいう打ち歩詰め)は認められている。

外部リンク[編集]