日本アマチュア将棋連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般社団法人日本アマチュア将棋連盟
団体種類 一般社団法人
設立 2019年11月
所在地 三重県四日市市諏訪町7番17号
主要人物 理事長 野山知敬[1]
活動地域 日本の旗 日本
会員数 約3,000名
ウェブサイト http://amaren.la.coocan.jp
テンプレートを表示

一般社団法人 日本アマチュア将棋連盟(いっぱんしゃだんほうじん にほんアマチュアしょうぎれんめい)はアマチュア将棋愛好者を主体とした団体である。通称「アマ連」または「アマレン」。

概要[編集]

プロ棋士を中心に組織される日本将棋連盟とは異なり、アマチュア将棋ファンの自主的運営により、会員の技量練磨や将棋界の交流を図り、アマチュア将棋界の健全な発展を目指すことなどを目的としている。

初代理事長を務めることとなる関則可[2]を始めとした数名のアマチュア強豪が中心になり1977年に創立。佐橋滋が会長に就任[3]。創立時の本部は東京都であった[3]

2019年11月に一般社団法人化。2020年現在の本部所在地は三重県四日市市である。原則として主催大会にはその規模を問わず「公認レーティング(または便宜上、公認「R」と表記される)」と呼ばれる独自のレーティング制度を取り入れている。

沿革[編集]

  • 1977年8月 - 創設。会長に佐橋滋、副会長に渋谷守生を迎え団体として創立し活動を開始する[3]将棋ジャーナル刊行開始。全国アマチュア将棋レーティング選手権を開始。
  • 1987年 - 初代会長の佐橋が退任、副会長の渋谷が2代目の会長に就任。
  • 1989年 - 大阪の平成最強戦の主催となる(後に東京大会も創設)。将棋ジャーナルは4月号を以て刊行を将棋ジャーナル社へと移管。
  • 1997年9月 - 「平成最強戦=大阪」を休止。以降は「平成最強戦=東京」(現・令和最強戦)のみとなる。
  • 2008年 - 日本将棋連盟の大山康晴賞団体部門を受賞。
  • 2015年8月 - 会報誌「アマレン」300号を発行、記念大会が開かれる。
  • 2016年 - 前年の記念大会を「アマレン将棋ファン交流会」として継続、以降、正式に独立した公認レーティング大会として新設。
  • 2018年8月 - 野山知敬が理事長に就任。西村邦彦前理事長は相談役となる。
  • 2019年11月 - 一般社団法人として登記完了。

事業内容[編集]

  • 全国アマチュア将棋レーティング選手権、グランドチャンピオン戦などの大会開催。
  • 朝日アマ将棋名人戦、アマチュア竜王戦等の全国大会の開催支援・協力。
  • 全国に会員・支部のネットワークを構築。
  • 将棋普及のボランティア養成。
  • 全国の将棋道場・同好会の発展に寄与。
  • プロやアマチュア将棋関係団体との交流、相互協力を行う。
  • 全国の各支部が行った地元例会の結果の公式サイトへの掲載。
  • 全国大会の棋譜集の出版。
  • 公式サイト上で毎月1回、懸賞付の詰将棋と次の一手を出題。正解者へは抽選で景品の贈与。
  • その他、将棋に関することに取り組む。

四日市市に置かれた本部の主な活動は地元での月例会、全国大会の開催及び他団体の大会への開催協力と会報の発行及びレーティングの計算、管理。他に各支部が其々の地元にてローカルな月例会を行っている。日本将棋連盟支部との兼任が多い。

他団体が主催する大規模な大会にも協賛・開催協力として名を連ねる事もあり、中には公認レーティングが採用された大会もある。[4][5]

正式な役職は理事長のみだが、独自に副理事長や各地区のブロック長を任命しており、彼らを中心として不定期に理事会が開かれている。

会員[編集]

日本アマチュア将棋連盟は会員制を採っている。会員には以下の特典がある。

  • 毎月発行される情報誌「アマレン」が郵送される。
  • 大会ごとのレーティング公認料免除。
  • 個人成績の記録、郵送。
  • 連盟主催行事への優待。大会等での参加費の割引など。
  • 連盟協力道場の特典が受けられる。
  • 将棋専門誌が年間購読できる(発行日に届く。郵送は無料だが、別途年間購読料が必要)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ アマ連盟新理事長に野山氏 将棋”. 2020年6月25日閲覧。
  2. ^ 団鬼六著『真剣師 小池重明』によると関則可が「日本将棋連盟の普及活動がアマ強豪に対して薄弱であった」と語っていたことなどから、プロ棋界への反発が元になって創立に至ったとも捉えられた。しかし「対立的反抗的な意図によるものではなく、協力的、友好的な調和を図ることが目的」と語った記録もあり、必ずしも敵対することを意図して創立されたものではないとも捉えられる。
  3. ^ a b c 朝日新聞 1977年8月13日
  4. ^ 朝日新聞社主催の朝日アマ名人戦では開催協力となっている為、予選から本戦まで全ての対局に於いて日本アマチュア将棋連盟の公認レ-ティング対象となる。
  5. ^ LPSA主催の女子アマ王位戦では、2018年の第11回大会より12月の全国大会のみ日本アマチュア将棋連盟の公認レ-ティング対象となり、優勝者は翌年5月の全国アマ将棋レーティング選手権に女流枠として招待される。

外部リンク[編集]