アヒル囲い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
△持ち駒 
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 
アヒル囲いの例

アヒル囲い(あひるかこい)とは、将棋囲いの一つ。中住まい陣形の一種。戦法として例図のような飛車打ちの隙が無い低い陣形に組み、さばきを狙う戦法。一種の奇襲戦法とされており、江戸時代からあるという。

囲いが金と銀で構成した陣が、まるでアヒルの黄色い両足のような形を形成するのでこの名で呼ばれている。

解説[編集]

△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
図1-1 アヒルの狙い1の1
△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
図1-2 アヒルの狙い1の2
△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
図2 アヒルの狙い2

持ち時間の短いネット将棋では指す人が割とおり、相手が居飛車でも振り飛車でも対応できるため、中にはアヒル戦法しか指さないようなスペシャリストもいるほどである。

狙いのひとつは、自陣が大駒を打ち込みしずらい低い陣形を活かして、大駒交換を迫る指し方。図1-1の局面で相手の飛車が△7四飛であると先手は▲7六飛として▲6六角と交換に持ち込む。また図1-2の局面のように、相手陣が△8四歩止めの居飛車の場合、▲7五角から▲8四角と歩を取り、△同飛に▲8六飛とぶつける。こうなると交換は必至でかつ相手は歩切れ。但し相手も自陣に打ち込んで打ち込みを消してくることになる。なお、▲8六飛のぶつけに△8五角は▲9七桂がある。

もうひとつは図2のように飛車角を相手陣の中央に利かせて突破を狙う指し方などがある。なお、図2の局面でも▲8六歩からの飛車交換を狙うことができる。▲8六歩に△9五歩ならば▲8五歩△9六歩▲6四角△同銀▲9六香などの展開がなされる。

アヒル戦法は攻めが決まると厄介な戦法であるが、その攻め筋は狙いが単調になりやすいので、相手方は丁寧な受けを試みればそれなりの対応が可能。また陣形は隙が無いイメージがあるが、崩されたら早い面がある。陣の崩し方としては、得になるとして安易な大駒交換に応じず、じわじわと陣形を押し上げていくように指し進めるなどを念頭に置いて攻撃を図る必要がある。

関連項目[編集]