金開き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
△持ち駒 
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 
金開きの例

金開き(きんひらき)とは、将棋陣形囲いの一つ。中住まい陣形の一種。図の例のように金が左右に開くのでこの名がある。

解説[編集]

陣形の進展は単純で、先手の場合左金を7八金、右銀を3八金と動かすだけである。玉は5八の地点に構える。このような構えは横歩取り青野流で頻繁に生じる。図1はその一例。

△持ち駒 歩2
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 歩2
図1 金開きの例

対振り飛車の戦法としては滅多にみられないが、図2-1から図2-2にかけてのような展開は知られている。図2-1は下記のうきうき飛車から後手が△2二飛とし、以下先手が9筋を突きこしている。先手は9七角ののぞきから▲7五角と出る筋がある。△2四歩▲同歩△同角の素抜き狙いには▲2七歩、△7四歩は▲6六角から5五や4六の角打ち、△9一玉は▲9六飛~▲9七桂~▲8五桂などの順がある。

△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
図は▲7八金まで
図2-1 対振り飛車の例1の1
△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
図は▲7五角まで
図2-2 対振り飛車の例1の2

図2-3のような局面もある。これを△9五同歩ならば▲同角とし、以下△同香▲同香となれば2枚の香と左桂、飛車の9筋急襲がある。▲同角に放置して△2四歩ならば▲3六飛△2五歩▲3四飛△2六歩▲2八銀(図2-4)から▲9三歩~▲8六角~3五飛からの9筋攻めがやはり生じる。

また、図2-5のような左銀が前戦に繰り出す滝下流と呼ばれる金開き戦法もある。狙いは上記の金開きと一緒であり、▲9五同銀から飛車を9六に展開していく。

△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
図は▲9五歩まで
図2-3 対振り飛車の例2の1
△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
図は▲2八銀まで
図2-4 対振り飛車の例2の2
△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
図は▲9五歩まで
図2-5 対振り飛車の例2の3

うきうき飛車[編集]

△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
図は▲2六飛まで
図3-1 うきうきの狙い1
△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
図は▲3六飛まで
図3-2 うきうきの狙い2

金開きやアヒル囲いへの出だしで、初手▲2六歩から 振り飛車党の△3四歩として、以下▲2五歩△3三角▲2六飛は「浮き浮き飛車」と呼ばれる嵌め手(図3-1)。△8四歩ならば▲9六歩△8五歩以下、金開きやアヒル囲いを目指せば構わない。一方、振り飛車党であって△3二飛とすると、すかさず▲7六歩とされる。以下△4二銀ならば角交換から▲6五角等や△4二銀にかえて△4四歩ならば▲4六飛△4二飛▲3六飛で後手3筋の歩が捕獲できる(図3-2)。振り飛車側がこの順を避けたい場合は▲2六飛の浮きに△2二飛とする。それでも▲3六飛であれば△2四歩がある。

これはNHKの将棋講座でも取り上げられ、講座をまとめた豊川孝弘著「パワーアップ戦法塾」(2004年、日本放送出版協会発行)にも掲載されているほか、2016年8月の講座「ハメ手」特集でも採り上げられた。豊川の同書では、図3-1から、後手が△8四歩と居飛車の場合には▲3六飛△8五歩で、先手▲3四飛であると△8六歩があるため、△8五歩以下は▲9六歩△8四飛▲9七角△6二銀▲7五角△7四飛▲6六角の順を紹介している。

将棋世界2007年9月号「イメージと読みの将棋感」では、渡辺明は同戦法を子供時代に振り飛車党相手に指していたという。またプロで指すなら振り飛車党相手しかなく、そう簡単に咎められないとしている。一方谷川浩司はこの飛車浮きは悪手であるとしている。なお、プロの実践では▲7六歩△8四歩▲2六歩△8五歩▲7七角で後手側が△8四飛とした例が1987年の順位戦A級で森けい二青野照市に対して採用した1局など、3例あるとするが、いずれも後手が破れている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 大和久彪(1952年)『奇襲戦法―鬼殺し・石田・捻り飛車・穴熊戦法・金開き』 (将棋新書〈第10〉) 野口書店
  • 湯川博士(1999年)『奇襲大全』(マイナビ将棋文庫) 森けい二監修, 週刊将棋編集、毎日コミュニケーションズ刊
  • 豊川孝弘{2004年)『パワーアップ戦法塾』(NHK将棋シリーズ) NHK出版
  • 島本亮(2006年)『神戸発 珍戦法で行こう』(MYCOM将棋ブックス) 毎日コミュニケーションズ
  • 鈴木輝彦(1992年)『将棋戦法小辞典』木本書店