居飛車舟囲い急戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

居飛車舟囲い急戦将棋戦法の1つ。居飛車振り飛車の戦いに於いて、居飛車側が舟囲いから急戦策を狙う戦術の総称である。

対四間飛車(5七銀左急戦)[編集]

△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
対四間飛車急戦基本図[1]

四間飛車に対しての急戦策は5七銀左型の舟囲いからのものが多く指されている。例外としては右四間飛車4六銀右戦法ポンポン桂がある。5七銀左型からの急戦策には以下のものがある。基本図から△5四歩(△5三角を作る)[2]、△6四歩(5三に歩を留め▲4四角が美濃囲いの急所の7一を射るのを緩和し囲いの発展を防ぐ)[3]、△1二香(角筋から香車を守るのを急ぐ)[4]、△4三銀(角の頭を守る)がある。先手はさらに▲6八金上と待つことがある。

山田定跡
基本図から△5四歩・△6四歩・△1二香とした場合に有力。△5四歩には▲9七角と角を覗く手[5]、△6四歩・△1二香には▲3五歩と仕掛けるのが一例[6]
鷺宮定跡
基本図から△5四歩・△6四歩・△1二香とした場合に有力。△5四歩には▲6八金上△6四歩▲3八飛と寄り[7]、△6四歩には▲6八金上△1四歩▲3八飛と寄り[8]、△1二香には▲3八飛△6四歩▲6八金上△1四歩▲5五歩と指すのが一例[9]
4六銀左戦法
基本図から△4三銀とした場合に有力。斜め棒銀とも言う[10]。▲4六銀から▲3五歩の仕掛けを狙う。
4五歩早仕掛け
基本図から△4三銀とした場合に有力。▲4六歩から▲4五歩の仕掛けを狙う。
棒銀
基本図からの全ての指し手に対応する。▲3七銀〜▲2六銀〜▲3五歩の仕掛けを狙う。

対三間飛車[編集]

△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
4五歩早仕掛け
三間飛車はあらかじめ飛車を3筋にまわっており、3筋からの仕掛けに備えている為、4筋からの仕掛けが有力である。三間飛車に対する4五歩早仕掛けは四間飛車とは全く違う形になり、5筋も突き捨てたり仕掛けのタイミングが幾つか存在する。
図は代表的な仕掛けである。先手の角交換を狙う▲4六歩に対して後手は角交換後の2筋を前もって受けるために△2二飛と回っている。それに対し単純に角交換にいくと捌かれてしまうので、先に5筋を突き捨て、次に▲4五歩を狙う。これに対し△同歩は▲同桂△4四角▲5四歩で先手有利なので、△5三銀と活用すると、▲4六銀と繰り出し、▲5五銀を狙われる。そこで△5六歩と突きだすのが手筋。
後手番では、振飛車に△6三金(▲4七金)の一手が入るため、上記の変化で▲4五歩(△6五歩)に対し▲同歩(△同歩)と取られ、▲同桂(△同桂)の後に▲5四歩(△5六歩)と垂らせないので、先手三間飛車に対しては成立しないとされている。
4六銀左戦法
先手三間飛車に対しては6五歩早仕掛け(4五歩早仕掛け)が成立しないため、急戦を行う場合はこちらを使用する。後手三間飛車に対しても使用されることもある。3筋と5筋を絡めて攻める。
三歩突き捨て急戦
先手三間飛車に対する急戦策。7筋、8筋、9筋の歩(場合によっては6筋も)を突き捨てて軽快に攻めを繋ぐ。仕掛けにおいて銀や桂より香の価値の方が高いのが特徴。

三間飛車は中飛車や藤井システムなどと異なり、居飛車穴熊を直接は阻止できない。そのため、先手三間飛車に対しては、現在では持久戦にして玉を穴熊にすることがほとんどであり、三間飛車自体がマイナー戦法化したこともあり、特に後手番での急戦は廃れている。

対中飛車[編集]

4六金戦法(金立ち戦法)
ツノ銀中飛車に対して▲5七金から▲4六金~▲5七銀右として模様を拡大する。歩越金の悪形であるが、例外的に銀よりも柔軟な運用が出来る。中原誠などが得意としていた。
袖飛車
後手の中飛車に対して加藤一二三が定跡を整備したため、加藤流とも呼ばれる。舟囲いから▲5七銀(右)▲6八銀の形から▲3八飛として3筋の歩を交換し、3六飛・3七桂型の好形を目指す。

脚注[編集]

  1. ^ 藤井 2004, p.9.
  2. ^ 藤井 2004, p.32.
  3. ^ 藤井 2004, p.110.
  4. ^ 藤井 2004, p.157.
  5. ^ 藤井 2004, p.36.
  6. ^ 藤井 2004, pp.110,157.
  7. ^ 藤井 2004, p.57.
  8. ^ 藤井 2004, p.139.
  9. ^ 藤井 2004, p.183.
  10. ^ 藤井 2004, p.207.

参考文献[編集]

  • 藤井猛『四間飛車の急所〈2〉急戦大全(上)』浅川書房〈最強将棋21〉、2004年。ISBN 978-4861370045

関連項目[編集]