相振り飛車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
将棋 > 将棋の戦法 > 振り飛車 > 相振り飛車

相振り飛車(あいふりびしゃ)は、将棋戦法・戦型の一つで、二人の対局者が共に振り飛車にするもの。

概要[編集]

△三間飛車 持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲向かい飛車 持ち駒 なし

相振り飛車の最序盤の例

両対局者が振り飛車党の場合に発生しやすいが[1]、相居飛車のような展開になりやすいことから、居飛車党が振り飛車党相手に採用することもある。

両対局者が互いに振り飛車にしないと発生しない戦型なので、定跡化が遅れており、未知の要素が大きいともいえる[1]

相振り飛車の戦型[編集]

振り飛車には、中飛車四間飛車三間飛車向かい飛車の4つがあるため、相振り飛車の戦型は飛車を振る筋の組み合わせによって多様なものとなる[2]

中飛車
初期状態に玉将が居る5筋に振るシンプルなコンセプトの戦型。
対抗型の戦法としては有力であるが、相振り飛車では分断された戦型に陥りやすいという欠点があるとされる。また、この点を意識して先手の中飛車に対して後手が相振りに持ち込む、という戦型もある。
近年では、玉を左側に持っていく「中飛車左穴熊」という指し方もある[2]
四間飛車
もっとも採用数が多い振り飛車である四間飛車も、相振り飛車でしばしばみられる。
金無双主流時代には、使い勝手の悪さから相振り飛車では少数派であった。
但し、矢倉囲い相手には相性が良いため、囲いを確認の上に振り直す例は少なくない。
三間飛車
後手側での採用例が多い、相振り飛車の代表格戦型の一つ。
金無双主流時代には石田流に組むのが一般的であったが、矢倉囲い相手には相性が悪く[3]、現在は引き飛車が主流となっている。
なお、現在は穴熊囲いとの組み合わせでの後手側の採用例が多い。
向かい飛車
先手側での採用例が多い、相振り飛車の代表格戦型の一つ。
金無双主流時代には浮き飛車に組んでいたが、現在は引き飛車が主流となっている。
バランスが良い戦型である[1]為に、後手側も向かい飛車で挑む例もあるが、矢倉戦法と同じく千日手に陥る危険性が高い欠点を抱えている。

相振り飛車の囲い[編集]

囲いは金無双美濃囲い矢倉囲い穴熊囲い等を用いることが多い。

金無双
以前は相振り飛車の代表的囲いとされてきた囲い[4]
銀将の位置が「壁銀(先手の場合2八、後手の場合8二と玉の逃げ道を塞ぐ形)」と呼ばれる悪形なので、昨今(2007年現在)は採用例が少なくなっている[4]
但し、美濃囲いや矢倉囲いは囲いの完成までの手数が掛かるという問題を抱えている上、対後手三間飛車時の三筋対策の銀上がり等の事情もあり、今でも金無双を採用する例が少なくない。
美濃囲い
通常の振り飛車の主流とされる囲い。
四間飛車やヨコからの攻めに強いものの、端や玉頭が弱い[5]。この点はよく金無双と比較される。
また、高美濃囲いや銀冠もしばしば用いられる。
矢倉囲い(右矢倉)
居飛車の場合とは左右逆の右側に囲うため、右矢倉と呼ばれることもある。
上部に手厚いため、相振り飛車では評価の高い囲いである[3]。ただし、相振り飛車で4筋を突く形はかえって目標となることも多いため、注意が必要とされる。
穴熊囲い
手数が掛かる欠点があるものの、その硬さから昨今は採用例が増えてきた囲い。
主に後手側が三間飛車と組み合わせて使う例が多い。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 杉本 2015
  2. ^ a b 佐藤康光九段、藤井猛九段、菅井竜也王位座談会「創造の原動力」(4)” (日本語). 将棋情報局 (2017年9月8日). 2019年3月1日閲覧。
  3. ^ a b 一瀬浩司 (2018年3月21日). “上からの攻めもバッチリ!相振り飛車での矢倉の組み方とは?|将棋コラム” (日本語). 日本将棋連盟. 2019年3月1日閲覧。
  4. ^ a b 一瀬浩司 (2018年3月29日). “相振り飛車初心者にオススメの囲い「金無双」とは?|将棋コラム” (日本語). 日本将棋連盟. 2019年3月1日閲覧。
  5. ^ 一瀬浩司 (2018年2月16日). “玉よりも銀を先に動かした方がいい理由とは? 相振り飛車での美濃囲いの組み方|将棋コラム” (日本語). 日本将棋連盟. 2019年3月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • 塚田泰明監修、横田稔著『序盤戦! 囲いと攻めの形』、高橋書店、1997年
  • 原田泰夫 (監修)、荒木一郎 (プロデュース)、森内俊之ら(編)、2004、『日本将棋用語事典』、東京堂出版 ISBN 4-490-10660-2
  • 杉本昌隆『必修!相振り戦の絶対手筋105』マイナビ、2015年4月30日。ISBN 978-4-8399-5548-9
  • 上野裕和、2017、『将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編』、マイナビ出版

関連項目[編集]